オーストラリア・ニューサウスウェールズ州で1月18日、荒波にさらわれた少年2人がドローンによる救助活動で救助されました。ドローンによる水難救助は世界でも初とのことです。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。

ドローンが救命用具を投下する直前の映像
Drone rescues swimmers in Australia in world first - YouTube




以下、海外の反応
(コメント翻訳元 facebook

優秀な技術が人命を救った。



わーい、科学技術のおかげだ。



素晴らしい。何日か行方不明になった人もプログラム次第で探せるかもしれない。



私の親友が数週間前に海で亡くなってしまった。こういった素晴らしいアイデアがあればよかったのに。



以前にテレビの検証番組を見たことがある。ジェットスキーとドローンが同じところにどちらが先に着くかというもの。その時はジェットスキーが先だったけどね。でもこれはいいアイデアだよ。

↑ 人間の場合、準備が出来ていないかもしれないという問題があるがドローンは即離陸できる。

↑  今回のケースでははっきりしている。報告書によると、人間の救助隊を派遣した場合は6分間かかると推測され、ドローンは70秒で到着したと具体的に書かれている。

↑ ドローンは探索途中でも鳥の目のようにして多くの地表をカバーできる。ただし強風の場合はドローンは使えない。私が訪問したことのあるリゾート地では、ジェットスキーとドローンの両方で救出できる体制にしていた。



これだ。私と契約してほしい。このドローンを操縦したい。



素晴らしい、世界中のすべてのビーチで必要だ。



潮衝(他の潮流に衝突して激浪を起こす潮流)は恐ろしいです。一度家族全員を失いかけたことがありました。



これは素晴らしいです。海は地球上で最も強力な力を持っているから大変なことです。



無人機の技術は驚くべきだと思う。 小型でスパイ活動に使えるほどになってきた。今はそういったことではなく正しい使い方への道筋を見つけるべきだろう。



すでにポルトガルでは、人間の干渉無しで遭難者をビーチに戻すことができる。https://youtu.be/-xMFhiwh9ng
(※補足 救命具そのものをラジコンにして届けるようです。)




これは素晴らしい! なぜ彼らが水の中にいたのか分からないけど彼らが無事でよかった。



海は遊び場じゃないよ。

↑ 君は海に行ったことがないのかな。



アメリカもすでに無人機を持っているよ。別のものを落とすけどね。

↑ そうだね。ああ、爆弾を落とす。



この無人機は壁の上を飛んで違法な麻薬を運ぶことも出来るんだよね。



賢い使い方もあるのだということは皆が知っておく必要がある。



間違いなく現代技術の正しい使い方だ。



このドローンレスキュー/ライフセービングのアイデアを全面的に支持する!


翻訳コメントは以上です。
DT30giCVMAA1Ccx

記事内容が「よかった」「役に立った」と思われたら ブログランキングの投票 をしてもらえると励みになります(1日1票反映)
カテゴリ:テクノロジー、科学