小さな子供にとっては注射は怖いものです。
ある医者が、子供に対して色々工夫を凝らしている動画が世界で感動を呼んでいます。
一旦は泣いてしまった子供を笑顔に変えた方法をご覧ください。




以下、海外の反応

ティッシュまで使って笑わせてくれた(笑) 。私は35歳だけど今でも注射針は嫌いです。この前は病院で泣いてしまいました。私もこの凄腕先生にかかれば大丈夫かな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼を祝福するためにディッシュを何箱使ったのかな😂 x

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この医者は医者になるために生まれてきたようだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

すごい先生だ。子供が針の怖さを克服するのを手伝ってくれた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これは好きです。私の孫が昨日、ちょうど彼と同じようなケースで注射を打ってもらったら、死にものぐるいの行動を取っていました。その場で笑うか泣くかは紙一重だということですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この医者は優秀なのは間違いない。赤ん坊が笑ったり泣いたりするところにも注目しましょう。
私は30歳代で今でも注射針が怖いのですが、この先生を見て私の心が開放されました。同じことを思っている人もいるでしょうね。
ただし、この職業には冷淡な人がいるのも確かです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

とてもキュート😍。私の娘の場合は、お医者さんの素敵な声で気をそらされている間にうまく注射してくれました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

恥ずかしがる医者はここまではしてくれないね。医者は2、3分間は色々と子供の気をそらそうとするけど、予防接種したら結局は泣いてしまう。この医者は赤ちゃんを最後には笑顔にしてくれたし、良くやっているよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私が子供の頃、1960年代に医者に行った時は、注射器がたくさん並べてあって・・・なんでそんなに並べていないといけないのか。結局ペニシリンの注射で治ったけど、私は今でもその日のことはトラウマになっています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これは予期せぬ針が刺さったようだね。 しかし、このアプローチは好きです。素晴らしい医者だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これは赤ちゃんの脳に過負荷を与えます。笑えない。赤ちゃんに感情を偽造するように教えるようなものだ。精神的な影響があるかもしれない。(+192 いいね)(+45 ひどいね)

↑ あなたの脳が過負荷なのです。あなたこそ、このような反応をする思考回路を持った生活から離れることが必要です。(+398 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私は予防接種に反対しています.... 毒素を子供に注入する前に読んで下さい。

↑ あなたの考えが正しいか間違っているかは気にしないけど、ここでの投稿には関係ないでしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ここでとやかく不満を言っている人は、いつも不満を言っている😊😊😊

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

多分、針を怖がる人にはこれが有効だろうね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

すべての医者がこのようにやるのは無理でしょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これを見ると昔の私を思い出します。あなたは素晴らしい医者で、恐怖に包まれていた赤ちゃんを笑いに変えてくれました。この赤ちゃんは、まるでお医者さんを祝福しているようです。


以上、コメント翻訳元facebook.com/DailyMail
20170923-000055
スポンサード リンク