MLBシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が9月17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発登板し、初回に3失点したことが響いて7回4失点で敗戦投手になったものの、カブスの球団新記録となる8者連続奪三振を記録して話題になっていました。

(※シカゴ・カブス公式)ダルビッシュ有が4イニングまでに11奪三振(12アウト中)

8連続奪三振の映像

海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 reddit、twitter、facebook
ダルビッシュ8者連続奪三振
via twitter.com/Cubs/

以下、海外の反応。断りのない場合はカブスファンのコメントが多いと思われます。(※コメント中の「ユー」はダルビッシュ有の「有」)


ユーの価値がまた上がった。



ダルビッシュのピッチングが大好き。打者は何が来るかわからないから完全にヤマを張るしかない。



ユーは初回、打撃投手のように投げていたのが悔やまれる。あれで負けた。




スタジアムに行って見たよ! 素晴らしいパフォーマンス、家に勝利を持ち帰ることができなかったのが残念。



ユーをワイルドカードに投げせるとしたら、どう思う。

↑ 問題ない。

↑ たぶん1ヶ月以上調子が良いままだよ。



これは素晴らしいけど、もっと重要なのは勝利だ。



ダルビッシュ有とはいったい何者なのか。

↑ 忍者とサムライが一緒になった感じ。



私はずっと言い続けていたよ。彼に猶予を与えようと。このピッチングができるから彼に大金を払っているんだよ。



これはまさしくベースボールポルノだね。



ツボにはまっている時のダルビッシュは厄介だね!空振り率の統計がケリー・ウッド以来、もっとも高いんだって?それを聞いてとても安心した。彼が昔の調子に戻ってきてくれてとても嬉しいよ。
(※補足)ケリー・ウッド - Wikipedia
時速90マイル後半の剛速球と大きく鋭い変化をするカーブで三振の山を築き、しばしばピッチャーゴロを背面キャッチでさばく抜群の運動神経と守備能力を誇った。その姿とテキサス州出身である事からネクスト・ノーラン・ライアンとも呼ばれていた。
2012年5月18日に現役引退を発表し、最終登板となったシカゴ・ホワイトソックス戦では8回1死から登板し、1球目で最速154km/hを記録しダヤン・ビシエドを3球三振に仕留め降板した



彼がドジャースにいる時にこうしてくれていたら ドジャースファン



えげつない 😷😷😷



なんてこった!

↑ まさしく「なんてこった!」だよ。私はユーのファンではないけど功績があれば当然認めてあげるべきだ。



ダルビッシュ有は、「四球を出さずに三振で打ち取るように」と言われて実行した最初のピッチャー。



もっと援護点を与えてあげようよ!勝てば彼の評価は大いに上がるのに。



でも、試合には負けてしまった・・・



こう言っては悪いけど、ピッチャーが13奪三振したのなら勝たないとね。 カブス以外のファン



ドジャースファンは、おそらく「ワールドシリーズのダービッシュは一体なんだったのか?」って思っているだろうね。😂😂😂




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←) カテゴリ:MLB 日本・日本人への評価