空港の滑走路を円形にして、どの方向からでも離着陸可能にするという計画がオランダで発表されました。考案したのは、オランダ航空宇宙センターに勤務するヘンク・ヘッセリンク(Henk Hesse link )氏で、欧州連合の政策執行機関「欧州委員会」から研究プロジェクトへの資金提供を受けているという「お墨付き」もありBBCなどの主要メディアでも報道されています。

このニュースについて、ニュース映像と視聴した海外ユーザーの反応を紹介します。

ニュース映像の翻訳要旨は以下の通りです。
円形の滑走路の空港:オランダの研究者が将来の空港ための円形の滑走路を提案 - TomoNews - YouTube
・ヘッセリンク氏と5つの欧州機関が一緒に協力している「Endless Runway(エンドレス滑走路)」と呼ばれる研究プロジェクトを欧州委員会が資金援助している。
・円型滑走路の直径は3.5kmほどで滑走路にはバンクが付けられており、バンクの影響で飛行機は中心方向に向かうため緩いカーブの影響を受けにくい、また遠心力が働くので着陸機が自然に減速できる。
・横風が吹いていても、影響の少ない方向を選んで離着陸できて困難な操縦が減る。空中待機の時間も減り燃料も節約できる。
・アメリカ軍も、円形の滑走路を1960年代に実験したが、実現には至らなかった。




以下、ニュース映像に投稿された英語のコメント。

・申し訳ないが、これは本当に悪いアイデアです。

・うーん、この方法では私は安心感を得ることはできない。

・パイロットや航空機整備士が考えたかのような、私が今まで聞いた中で最もばかげた、役立たずな、無学なアイデアです。(+25) 

 ↑エンジニアが卓上で描いただけのアイデアです。バウンドするようなハードランディングへの考慮もないし、その際にはバンクの中で(機体を)維持できるのでしょうか。(+3)

・グッドラック、多くの人が死ぬでしょう。(+17)

・これは実用的な冗談かな。

・機体にコントロールできない油圧障害を持っている場合は、「ご冥福をお祈りします」になるでしょうね。今はボード上にすべてが映し出される時代です。。ILS(計器着陸装置 )を知ってるの????

・彼らオランダの研究者は初心者です。

・クール!!

・オランダから来ました。このような馬鹿げたアイデアを見て非常に驚いています。(+4)

・ちょうど私の首都ウェストミンスター橋でテロ攻撃がありました、円形の空港がより重要であると思います。
英国会近くでテロ、3人死亡=実行犯射殺、8人拘束-イスラム過激思想影響か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
ロンドン中心部にある英国会議事堂付近のウェストミンスター橋で22日午後(日本時間同日深夜)、男が車で歩行者を次々とはね、議事堂敷地内で警官を襲うテロ事件が起きた。


・ハードな着陸でトラブルが起きれば、さらに悲惨な事故になるでしょう。

・もしも滑走路面が濡れて滑ったらどうなるのだろうか。

・航空機がバウンドしたり滑ったりする危険性が増すので、悲惨な事故につながる潜在的な危険があるでしょう。

・誰が地獄でこのアイデアを思いつきましたか?円形の滑走路がいいとされる理由は単に愚かなだけでした。

・多くの災害が出るのが私の目に見えてきます。

。すべてが明らかに間違っています (+2)

・「ヘリコプター」←すぐに解決策を見つける方法

 ↑いまいち。

以上です。ここまでボコボコに叩かれるとは思いませんでした。どなたか技術的に詳しい方はコメントで教えてください。 カテゴリ:テクノロジー、科学