海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめる、いわゆる「海外反応ブログ」です。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

MLB

田中将大、オプトアウトせずヤンキース残留を発表、ファンからは概ね歓迎ながら一部に反発コメントも

ヤンキースの田中将大投手が11月3日(日本時間4日)、残り3年の契約を破棄してフリーエージェント(FA)になる「オプトアウト」の権利を行使せず、ヤンキースに残留することを発表しました。これで2020年までヤンキースでプレーすることが決定的になりました。

ヤンキースファンのコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

イチローがFAに、MLBファンが推す次の移籍先は?【海外の反応】

大リーグのマイアミ・マーリンズは、11月3日(日本時間4日)、球団側に選択権があるイチローとの2018年の契約を更新しないと発表し、イチローはフリーエージェント(FA)になりました。
今後はマーリンズを含む全球団と交渉が可能となるものの、事実上マーリンズとの再契約はないものと見られています。

MLBファンからは、イチローの業績を称えるとともに次の移籍先などについて様々なコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

イチロー

以下、海外の反応

チームに関係なく、誰もがイチローのファン👏👏👏です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2018年もどこかで彼のプレーする姿を見られることを願っています。#Ichiro #legend

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マーリンズの経営陣はファンを嫌っているのか。マーリンズは何十年も才能ある選手をリーグに放出し続けてきた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私たちマーリンズファンはは皆イチローを愛していますが、最終的には、これが正しい判断だと私は信じています。チームはまだ再建中であり、44歳がベンチ・プレーヤーとしてシーズンを過ごすというのはいいことではありません。つらい決断だが、私たちは間違いなくイチローを恋しく思うでしょう。
 【続きを読む】 

前田健太の好救援でWS第6戦を勝利、最終戦ダルビッシュが調子を戻せるかMLBファン大注目

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
前田健太が絶叫…1イニング1安打無失点 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
◆ワールドシリーズ第6戦 ドジャース3―1アストロズ(31日・ロサンゼルス)
 ドジャースの前田健太投手が10月31日(日本時間1日)、アストロズとのワールドシリーズ第6戦で4番手として救援。同点のピンチを抑え、1イニングを1安打無失点だった。
1点リードした7回無死一塁からリリーフし、代打のガティスを遊ゴロ。続くスプリンガーに遊撃内野安打を許したが、続くブレグマンを中飛に。2死一、三塁では打者はアルトゥーベ。第5戦で同点3ランを浴びたが、三ゴロに仕留めた。同点のピンチをしのぎ、絶叫して喜んだ。

前田健太が7回同点機で好救援 ドジャース逆転勝利で世界一に逆王手 - ライブドアニュース
 7回裏にはピーダーソンがWS第3号となるソロ弾で1点を追加。8回のマウンドからは守護神ジャンセンが上がり、6者連続凡退に斬って試合終了。ドジャースが起死回生の勝利を挙げた。
前田健太
 【続きを読む】 

マエケンが7試合無失点救援「逆転ならWSシリーズMVPは前田健太」とドジャースファン絶賛

後述でドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
敗戦の中の光明、前田健太が今度はロング救援無失点「一生懸命投げている」 | Full-count | フルカウント
2017.10.28
ドジャースの前田健太投手は27日(日本時間28日)、敵地で行われたアストロズとのワールドシリーズ(WS)第3戦に2番手として登板し、2回2/3を1安打1四球で無失点とした。これでポストシーズン(PS)では7試合連続、9イニングを無失点とする完璧救援を続けた。

先発ダルビッシュが2回2死で4失点とKO。ここでスクランブル登板となった前田は以降、2回2/3を無失点に抑えてマウンドを降りた。これで7試合(9回)連続で無失点、依然、防御率0.00と輝きを放っており、ドジャースファンからもツイッター上で称賛の声が相次いでいる。(以下略)ドジャースの前田健太がWS第3戦で完璧な火消し ファンから称賛の嵐 - ライブドアニュース
マエケン
 【続きを読む】 

田中将大7回無失点の快投でアストロズに雪辱、ヤンキースファンは最大級の賛辞【MLBプレーオフ】

後述でMLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
マー君「自分を褒めてあげたい」カイケルに投げ勝つ - MLB : 日刊スポーツ
[2017年10月19日12時27分]
<ア・リーグ優勝決定シリーズ:ヤンキース5-0アストロズ>◇第5戦◇18日(日本時間19日)◇ヤンキースタジアム

 ヤンキース田中将大投手(28)が、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦でチーム3勝目となる白星を挙げ、3勝2敗でワールドシリーズ進出に王手をかけた。第1戦に続きエース左腕カイケルとの投げ合いとなり、前回の敗戦から今度は投げ勝ち、リベンジを果たした。

 立ち上がりから淡々と落ち着いた投球で、要所では力がこもった。2回に先頭グリエルに二塁打を許し、次打者の内野ゴロで1死三塁のピンチとなったが、後続をいずれも内野ゴロに打ち取りしのいだ。5回には1死一、二塁と再び得点圏に走者を許したが、後続を連続三振に退けピンチを脱した。7回まで103球を投げ、3安打、1四球、無失点で8三振だった。

 カイケルとは15年のワイルドカードゲームも含めポストシーズン3度目の投げ合いだったが、初めて投げ勝った。

ニューヨーク・ポストの紙面
 【続きを読む】 

ダルビッシュがナ・リーグ優勝決定戦で快投しPO2勝目、押し出し初打点も挙げてドジャースファン歓喜

MLBロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手が10月17日(日本時間18日)、ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦のカブス戦に先発登板し、6回1/3を投げて6安打1失点7奪三振の好投でプレーオフ2勝目の勝利投手になりました。打撃では6回に押し出しの四球を選んでプレーオフ初打点を挙げました。ドジャースは3勝0敗でワールドシリーズ進出に王手をかけています。

ダイジェスト映像

この試合のダルビッシュについて、ドジャースファンのコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。投手が打席に立って押し出しで打点を挙げるという珍しい記録もあり打席についてのコメントも目立ちました。

以下、MLBファンの反応、大半がドジャースファンと思われます

ダルビッシュが押し出しで打点を挙げた時の画像がすごく気に入っている。
ダルビッシュ押し出し打点
via https://i.imgur.com/HQp5ppC.jpg

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このシリーズ
カブス全体 vs ドジャース救援陣 0打点
ダルビッシュ有 vs カブス救援陣 1打点

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ユーがビーストモードになった!
 【続きを読む】 

ヤンキース田中将大、優勝決定戦で黒星も高く評価「アルトゥーベとカイケルにやられた」と納得

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。負けたとはいえマー君に対する批判は全くと言っていいほどありませんでした。
ヤンキース・田中将大 6回2失点投球で黒星もNY紙は高く評価 - ライブドアニュース
2017年10月14日 16時30分

ヤンキースの田中将大は13日(日本時間14日)、敵地ヒューストンでのア・リーグ優勝決定シリーズの第1戦に先発し、強打のアスロトズ打線を6回4安打2失点に抑える好投を見せた。しかし、敵のエース、カイケルが7回4安打無失点10奪三振と、田中を上回る快投をして1-2のスコアで、マー君に黒星がついた。

メジャーリーグ公式ホームページは「田中は良い投球をしたが、ヤンキースは抑えられた」という見出しで報じた。 「タナカは負けたが、右腕はいいピッチングをした。アストロズを4回に入るまで無安打に抑え、6イニングを2失点に抑えた」と、敗戦投手となったが、2失点ピッチングを高く評価した。 (以下省略)
20171014-000083

アストロズは4回一死の場面で、ホセ・アルトゥーベ(Jose Altuve)がチーム初安打となる単打を放ち、盗塁で二塁を陥れて得点圏に進塁すると、カルロス・コレア(Carlos Correa)の適時打で先制に成功。打者一人が倒れたあと、さらにユリエスキ・グリエル(Yuli Gurriel)の適時打で追加点を挙げた。アルトゥーベがこの日4打数3安打でチーム唯一の複数安打を記録したアストロズは、この回の得点だけで勝利を収めている。アストロズがア・リーグ優勝決定S先勝、カイケルがヤンキース打線から10奪三振 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
 【続きを読む】 

ダルビッシュ、頭部死球直後に降板もPO勝利に貢献、ドジャースファンは投球内容を絶賛

ドジャースのダルビッシュ有投手が10月10日(日本時間)、ナ・リーグ地区シリーズ第3戦のダイヤモンドバックス戦に先発し、5回0/3を2安打1失点、7奪三振で勝利投手となりドジャースは3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。
ダルビッシュ、死球を与えて降板も白星飾り進出 - MLB : 日刊スポーツ
序盤から好調で、4回には3者三振と圧巻の投球を見せた。5回に7番デスコールソにソロ本塁打を許した。6回先頭打者のウォーカーに対し、相手のヘルメットのつばの部分にボールが当たる死球。ダルビッシュは降板した。
ダルビッシュ

死球で残念なことになってしまいましたがソロホームランと死球以外はほぼ完璧な内容でした。
ドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

海外「前田健太はクローザーでも」プレーオフの好投にドジャースファンは「キングケンタ」と絶賛

ドジャースの前田健太投手が10月9日(日本時間10日)、敵地で行われたダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦で8回から登板し、3者凡退2奪三振と完ぺきに抑えてチームの勝利に貢献しました。先発したダルビッシュが勝ち投手となりドジャースは3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。
前田健太が敵地で救援登板、12球で3者凡退に抑える スポーツ報知
2点リードの8回からマウンドへ。先頭のポラックを空振り三振に抑え、デスコルソを三ゴロ。アイアネッタは151キロのフォーシームで空振り三振に仕留めた。12球で3者凡退に抑えた。
 前田はアウトを取る度に雄たけび。ベンチのカーショーも絶叫する気迫の投球だった。
前田健太

ドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。当初はダルビッシュとセットで記事を書こうと考えていたのですが、前田健太がダイヤモンドバックス戦の地区シリーズで好投するのは10月7日(日本時間8日)に続いて2戦連続ということもあり、想像以上にドジャースファンから賞賛するコメントが多く寄せられていたのでマエケン単独で記事にしました。
 【続きを読む】 

田中将大、地区シリーズ敗退危機を救う7回無失点の圧巻投球にインディアンスファンも絶賛

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
球のキレがどうこうよりも、気迫あふれるプレーに注目しているコメントが目立ちました。
10月9日 12時46分
大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が8日、アメリカンリーグのプレーオフ地区シリーズでインディアンズとの第3戦に先発し、7回を無失点に抑えてプレーオフ初勝利をあげました。
~中略~
先発のマウンドを託された田中投手は、立ち上がりから気迫のこもったピッチングで、好調のインディアンズ打線を3回までヒット1本に抑えました。4回は、ワンアウト三塁と初めてピンチを招きましたが、得意のスプリットで連続三振を奪い、得点を許しませんでした。田中投手は7回を投げ、打たれたヒットが3本、奪った三振が7つで、インディアンズを無失点に抑えました。

ヤンキースは7回にソロホームランで先制し、抑えのチャップマン投手などリリーフ陣も好投してインディアンズに1対0で勝ち、プレーオフ地区シリーズの対戦成績を1勝2敗としました。
ヤンキース田中 プレーオフ初勝利 7回無失点 | NHKニュース
田中将大インディアンス


 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








相互リンクサイト