海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

びっくりニュース

落書きアートを消したら7億円の賠償命令、米NYファイブ・ポインツ【アメリカ人の反応】

CNN.co.jp : 「落書きアートの聖地」、作品塗りつぶしに7億円の賠償命令 NY
2018.02.14 Wed posted at 13:59 JST
(CNN) 米連邦地裁は14日までに、ニューヨーク市クイーンズ地区にあった落書きアートの聖地「ファイブ・ポインツ」を巡り、ビルのオーナーに対して落書きアーティスト21人に総額670万ドル(約7億2000万円)を支払うよう命じる判決を言い渡した。高級マンション建設に伴う取り壊しのため壁に描かれた作品を白く塗りつぶしたことがアーティストの権利の侵害に当たるとしている。

ファイブ・ポインツはクイーンズ地区の倉庫街にあり、世界中から観光客が訪れる名所として知られていた。しかし2013年、取り壊しを前提に作品が白く塗りつぶされたことに対し、アーティスト21人が原告となって訴えを起こしていた。

12日の判決では、作品の所有権を問わず一定の基準を満たしたアーティストの法的保護を定めた連邦法の「ビジュアルアーティスト権利法」に基づき、ファイブ・ポインツを構成していたビルのオーナー、ジェフリー・ウォルコフ氏がアーティストの権利を侵害したと認定した。

原告側弁護士はこの判決について、「ファイブ・ポインツの文化的重要性と、原告21人によって制作されたエアロゾルアートの価値が、芸術として認定された」と評価している。

ファイブ・ポインツの建物は、ウォルコフ氏が2002年にオーナーになって以来、アーティストによる壁画や落書きを許すようになり、観光ガイドブックもニューヨークの文化を代表する名所として紹介。音楽ビデオや映画、テレビ番組のロケにも使われ、ファッションショーの舞台にもなっていた。

ところが2013年11月19日、同地を再開発して高級マンションやアートスタジオなどを建設する計画をウォルコフ氏が発表。ほぼ全ての作品が、突如として白いペンキで塗りつぶされた。

判決の中でフレデリック・ブロック裁判官は、ウォルコフ氏に自分が所有するビルを取り壊す権利があることは否定しなかった。ただ、アーティストに予告することなく作品を塗りつぶしたことに問題があったと判断。

「ファイブ・ポインツは有名な観光名所であり、(事前に告知していれば)最後の別れを告げるために大勢の人が集まっていたことは間違いない」と指摘している。

5points
 【続きを読む】 

-40℃をミニスカートで出歩いた女子大生が凍傷に【海外の反応】

カザフスタンの首都アスタナから飛び込んできたのは、気温マイナス40度の中をミニスカートで出掛けた若い女性の脚の写真。名前と年齢は公表されていないが、アスタナにある大学で法律を学んでいるという。

アスタナの冬の寒さは厳しい。11~3月の平均気温は氷点下が当たり前だし、過去には1月にマイナス50度を越える寒さを記録したこともある。女子大生がなぜ、そんな過酷な状況でミニスカートを穿いたのか動機は謎だが、結果としてひどい凍傷になってしまった。自宅に帰ってからも脚の症状が収まらないため、病院に駆け込んだ。
~中略~
今回、写真を発表したのは女子大生が治療を受けた病院の医師。女子大生の脚は極端な低温にさらされ、皮膚や他の組織が傷付き凍傷を起こしており、世間へ注意を呼び掛けている。デイリー・パキスタンが報じるところによると、女子大生は両腿の凍傷を治療していたと病院の広報ネチズン・ザンボラット・マミシェフが認めている。女性大生はすでに帰宅が許可されたが、今後も包帯交換のために通院する必要があるという。

Woman gets frostbite after wearing mini skirt in 40C... https://t.co/wLKwminUGq https://t.co/5gBBjY6CuN

英メトロ紙によると、女子大生はタイツを穿いていたそうだが、マイナス40度の冷気にとってはタイツがあろうがなかろうが問題ではないだろう。マミシェフ曰く「女子大生が生きているのは神に感謝する」レベルだ。「今後は朝、服を選ぶときに凍傷のリスクについて考えられるはずだ」(以下省略)
マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
 【続きを読む】 

人間そのままの動きで体を洗うラット動画が話題「人間の生まれ変わりか」と世界中で大反響

ペルーで撮影された野生のラット動画が話題になっています。元動画は公開2日間で3700万回も再生されるほどの人気ぶりだったとのことです。まずは動画をご覧ください。



海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。以下、海外の反応
(コメント翻訳元youtubefacebook

たぶんどこかの誰かさんがラットに転生したんだろう(笑)



なんてかわいいんだ!ラットはとても頭のいい動物だね。



ラットでも自分自身を清潔にできるなんて。悪臭のする人間にとっては言い訳のしようがない。



このラットはこう言っているのか「人間め、いつも俺にペタペタ触りやがって」
 【続きを読む】 

キャプテン翼の偽アニメ(トルコ産)が不自然すぎて逆に話題に【海外の反応】

動画の出処について詳細は不明ですが、2013年頃にトルコ人が作成したと思われるキャプテン翼風の偽アニメ動画がYouTubeやフェイスブックなどに転載されて、それなりの再生回数を伸ばしていました。いろいろな突っ込みどころがあって話題性があったようです。

動画では、キャプテン翼の面々をパワーアップしたようなトルコ代表が、日本代表を圧倒してしまいます。私は正直、中国も真っ青な現実逃避ぶりに抱腹絶倒してしまいましたが、人によっては面白くないかもしれません。まずは先に動画をご覧ください。


※補足 上の1つ目の動画に登場するGKは若島津(背番号22)です。訂正、どうやら両方の動画とも、若林のようです。若林は背番号22をつけていた経験があります。(2分30秒頃から登場するのはトルコのGKです。)2つの動画はそれぞれが別バージョンであって、同じ試合の前後半といったような関連性はないようです。

 【続きを読む】 

女性の髪が強風で「人間ヘリコプター」になった映像が話題に 海外メディアが「憑依された」と報道

掲載元の説明が限られているので、どこで撮影されたかなど詳細は不明ですが、強風と極寒となせるワザなのでしょうか。英デイリー・メイルが「この女性の髪は憑依されている!😂 😧」とだけ説明した映像が話題になりました
 【続きを読む】 

「凍った」イグアナが木から次々落下 寒波襲来の米フロリダ 【米国人の反応】

gahag-0092245975-1
(CNN) 寒波に襲われている米フロリダ州で、樹上のイグアナが「凍り」、相次ぎ地上に落下している。心配した住民が落ちたイグアナの姿を撮影、ソーシャルメディアに投稿する動きが広がった。
~中略~
同州パームビーチ郡の動物園で爬虫類(はちゅうるい)を担当する女性はCNN提携局WPECの取材に、イグアナは気温が約7.2度を下回ると寒気でショック状態に陥る「コールドスタン」の状態になると指摘。「これが1~2日だけであればイグアナは元に戻る。呼吸はでき、非常にゆっくりではあるが身体機能も維持できている」と話した。CNN.co.jp : 「凍った」イグアナが木から次々落下 寒波襲来の米フロリダ

このニュースについてアメリカ人のコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

神取忍と対戦予定のギャビ・ガルシアが前代未聞の12.7kgオーバーで試合中止に【海外の反応】

12月29日開催の格闘技イベントRIZINで、神取忍と対戦する予定だったギャビ・ガルシア(ブラジル)が、95kg契約を大幅に上回る体重オーバーになったために試合が中止になりました。試合当日の会場でギャビ・ガルシアは観客に謝罪しました。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

ホームレスが空港から4千万円を持ち去る事件がフランスで発生、犯人を応援する声が続出【海外の反応】

フランスのシャルル・ドゴール空港で、ホームレスの男が空港ターミナルビル2階の施錠されていなかった部屋から30万ユーロ(約3990万円)を盗んで逃走する事件が発生しました。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。下記のように、空港側の防犯が杜撰なこともあり空港側に同情するようなコメントは殆どありませんでした。
監視カメラの映像には、50歳前後とみられている男が事務所近くのゴミ箱をあさる様子が映っている。男はこの後、事務所のドアに寄りかかり、ドアが開くと驚いた様子を見せているという。

監視カメラの映像はさらに、男がスーツケースを置き、事務所に入っていく場面をとらえている。男はこの数分後、紙幣が詰まった袋2つを持って現れ、自分のスーツケースを後に残し、空港から歩き去っていったという。ホームレス、パリの空港から4千万円盗み出す いまだ逃亡中 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース
 【続きを読む】 

ISSで宇宙から飛来したバクテリアを発見か【海外の反応】

RT World Newsから抜粋翻訳
「生きているバクテリアが国際宇宙ステーション(ISS)の表面に発見され、それらのバクテリアは地球外の起源を持つ可能性がある、」ロシアの宇宙飛行士アントン・シュカプレロフが発言した。微生物は地球上でさらに研究される。

シュカプレロフ氏はISSの表面からサンプルを採取したところ、生きているバクテリアを発見したと語った。TASS(ロシア国営通信社イタルタス通信)とのインビューでは、バクテリアは宇宙から来た可能性があると述べた。

シュカプレロフ氏は、地球からの飛来した数種類の微生物も真空中で生き残り、-150℃から150℃の温度差で生き残ったと語った。

これらのバクテリアは、ISS船体に特別なパッドを設置し、そこに数年間放置して宇宙空間の状態によって物質がどのように影響されるかを決定する「テスト」兼「バイオリスク」の実験中に偶然検出された。

しかし、5月の「テスト」実験の時でも、マダガスカルからの微量のバクテリアとバレンツ海からのプランクトンが発見されている。科学者たちは、地球表面の物質が上部大気層に上がる電離層リフト現象のためにそこに着くと説明した。ロシアの宇宙機関ロスコスモスも他の科学者と共に、生物圏の上部境界を現在の高度20キロから400キロメートルに上げることを提案していた。


このニュースについて海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

高速道路から撮影されたロサンゼルス近辺の山火事の映像が恐ろしいと話題に【海外の反応】

12月6日にロサンゼルス近辺で発生した「スカーボール(Skirbal)」と名付けられた山火事が周辺を焼き尽くして大きな被害を出しています。一部は高級住宅地にも被害が出ているとのことです。
近辺の高速道路から撮影された映像が、見たことのないような光景だと話題になっていました。



上空からの映像
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集