海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

政治、国際関係

ロシアがゲーム画像を「米国がIS支援した証拠」と公開、米国人は「昨年も同じ手口」とあきれる

ロ国防省、米IS支援の「証拠」としてゲーム画像投稿 指摘で削除 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
11/15(水)【AFP=時事】ロシア国防省は14日、米国が中東でイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を支援している証拠だとして複数の白黒画像をインターネット上に投稿したが、うち1枚がテレビゲームの画面をキャプチャーしたものだとの指摘がなされた後、画像を削除した。

 同省はツイッター(Twitter)とフェイスブック(Facebook)の公式アカウントに画像を投稿し、今月9日にシリア・イラク国境付近で撮影された「米国がIS戦闘部隊を支援していることを示す反論の余地のない証拠」だと説明した。

 しかし間もなく、ロシアの調査サイト「コンフリクト・インテリジェンス・チーム(Conflict Intelligence Team)」や、多くのソーシャルメディア利用者によって、このうち1枚が戦争ゲーム『AC-130 Gunship Simulator: Special Ops Squadron』の画面と一致することが明らかにされた。

 残りの画像についても、イラク国防省が昨年公開した動画をキャプチャーしたものとみられている。

 その後、一連の画像はアカウントから削除された。さらに数時間後、ロシア国防省は「間違い」があったとして別の画像を公開。これらの画像は米国によるIS支援の「反論の余地のない証拠」だと主張した。

 ロシア当局の声明によれば、同省は「間違って」画像を添付した軍属を調査しているという。(以下省略)

ゲーム「AC-130 Gunship Simulator: Special Ops Squadron」の画面と判明した画像
20171116-000098
 【続きを読む】 

ピコ太郎、トランプ、安倍総理のFB笑顔写真に海外感動「完璧なディナー」「トランプに見えない」

trump-piko-taro
ドナルド・トランプ米国大統領は、月曜日(11月6日)、YouTubeで世間を沸かせているピコ太郎と写真撮影して満面の笑みを浮かべた。
昨年、「ペン・パイナップル・アップル・ペン(PPAP)」で世間を沸かせたピコ太郎氏は、大統領との写真をFacebookに掲載して「トランプ大統領と安倍総理。光栄です! 」と言い添えた。

政府の報道によると、安倍首相がニューヨークでトランプと会談した時にも大統領はピコ太郎のビデオを楽しんだという。
トランプの孫娘アラベラも、日本のコメディアンの大ファンで、母親イヴァンカ・トランプは、昨年11月にInstagramで彼女がこの覚えやすい曲を歌っているビデオを掲載している。
Trump meets PPAP star Piko-Taro - Channel NewsAsiaより一部抜粋翻訳)

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

トランプ大統領が訪日時に天皇陛下と会見へ、海外は「失礼がないか心配」と戦々恐々

トランプ大統領、天皇陛下と会見 官房長官が発表:日本経済新聞
2017/10/24 12:10
 菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、トランプ米大統領が公式実務訪問賓客として11月5~7日に来日し、天皇、皇后両陛下と会見すると発表した。滞在中に安倍晋三首相との首脳会談に臨み、挑発行為を繰り返す北朝鮮への対応などについて協議する。(以下省略)
天皇陛下とトランプ大統領の会見に危惧はあるか(山下晋司) - 個人 - Yahoo!ニュース

このニュースについて海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。全体的にほぼ「トランプが何かしでかす」というコメントばかりで、多様な意見を集めるのは困難でした。

以下、海外の反応。コメント中の「彼」はすべてトランプ大統領のことです。断りのない場合アメリカ人のコメントと思われます。

トランプが、広島について不愉快なコメントをすることに一票。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ひょっとして何か失礼なことが起きるかもしれない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼は米国大統領史上、最も基本的なマナーと礼儀正しさを持っていないことは想像に難くない。彼は単なる無作法者のチーフみたいなもの。彼が必然的に失礼なことを引き起こすはずなので、前もって謝罪します。Gomenisai(※原文のまま)
 【続きを読む】 

ロシアが北朝鮮にインターネット接続サービスを提供 米国など海外の反応

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
2017.10.03 Tue posted at 12:52 JST
ロシア国営企業のトランステレコムは3日までに、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権に対してインターネット接続サービスの提供を開始した。北朝鮮分析サイトの「38ノース」が伝えた。サイバーセキュリティーの専門家も、ロシアと北朝鮮との新たな関係を確認した。

米国との対立が深まる中、これで北朝鮮はサイバー防衛能力の強化を図り、中国への依存度を低下させることが可能になる。専門家によれば、これまで北朝鮮のインターネット接続サービスは、中国聯合通信のみが提供していたが、今回新たにロシアのバックアップが加わった。

これに先立ち米紙ワシントンポストは、米サイバー軍が先の週末にかけ、北朝鮮軍の情報機関と連携するハッカーに対して攻撃を仕掛けたと報じていた。
ロシアが関与したことにより、北朝鮮に攻撃を仕掛けるためにはロシアのインターネットインフラを経由させる必要が生じ、事態は一層複雑さを増す。

セキュリティー企業ファイアーアイの専門家ブライス・ボーランド氏は、北朝鮮の新しい接続サービスについて「国内外のインターネット接続の数を増やすことで、攻撃に対する耐性が高まる」と解説した。
以下省略、全文はソース元にてCNN.co.jp : ロシア国営企業、北朝鮮にネット接続サービス提供 - (1/2)
north-korea-star-story-top

このニュースについて多くの視点からコメントが寄せられていました。コメントした国籍はあまり確認していませんがコメント内容の文脈から見る限り「我々=米国」と表現しているのが多いので、アメリカ人が多いようです。
 【続きを読む】 

北朝鮮の名物アナ李春姫(リ・チュンヒ)さんに海外注目「74歳には見えない」「怖い」

アングル:北朝鮮の名物女性アナ、核実験発表で再び表舞台に (ロイター) - Yahoo!ニュース
北朝鮮が3日実施した核実験のニュースを伝えたのは、李春姫(リ・チュンヒ)アナウンサーだ。
~中略~
74歳で孫がいる李氏は、国家的英雄との評価を受けている。演劇からキャリア転換し、朝鮮中央放送のテレビ放送に初登場したのは1971年だった。

怒りを込めて西側を非難するにせよ、北朝鮮政権の功績や最高指導者の強さを称賛するにせよ、李氏のドラマチックなアナウンスぶりは、他のアナウンサーとは常に一線を画してきた。
~中略~
李氏は、正式には2012年に退職したものの、その後も重大ニュースの発表時にはたびたびテレビに登場している。
DI4OxtqUwAA9oHA
引用したロイターだけでなく世界中のメディアが李春姫アナに注目して報道していました。海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

北朝鮮の水爆核実験に、豪・ニュージーランドからも厳しい声【オセアニアの反応】

9月3日に北朝鮮が6度目の核実験を行い、後に水爆の可能性が高いと判明しました。現在は放射性物質が漏れていないか検査が進行しています。

これらのニュースが報じられた後の海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
今回は比較的「遠い」オーストラリアメディアのフェイスブックのコメントから拾ってみました。
コメントユーザーのプロフィールを全てチェックしたわけではないですが、オーストラリア人とニュージーランドが大半だと思われます。

以下、海外の反応
 【続きを読む】 

北朝鮮がミサイル発射、北海道襟裳岬を通過し太平洋へ落下 【米国韓国など海外の反応】

(CNN) 米国防総省は28日(日本時間29日)、北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを発射したと確認した。
~中略~
ミサイルは現地時間の午前5時57分に発射された。
韓国の合同参謀本部は声明で、北朝鮮が首都平壌付近から「正体不明の飛翔体」を朝鮮半島の東の海上に発射したと発表した。
菅義偉官房長官は、ミサイルが北海道の襟裳岬上空を通過し、同岬から東へ約1180キロの太平洋上に落下したとみられると述べた。CNN.co.jp : 北朝鮮がミサイル発射、日本上空を通過 米国防総省

このニュースについて、主にアメリカと韓国のユーザーコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。人気の高いコメント中心にピックアップしましたが、特にアメリカはトランプ大統領と結びつけるコメントが多くて困りました。
 【続きを読む】 

「偶然が多すぎる」米イージス艦の2度目の衝突事故に米国民は疑心暗鬼

シンガポール沖で21日に米誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がリベリア船籍のタンカーと衝突した事故で、行方不明になった乗組員10人を捜索している米海軍は22日、一部の遺体を発見したと明らかにした。
~中略~
衝突したタンカーはリベリア船籍の「アルニックMC」。喫水線の7メートル上の船首付近に損傷を受けたが、乗務員は無事で、石油の流出もなかったという。台湾からシンガポールへ石油を運んでいたアルニックは現在、シンガポールに停泊中。衝突の米駆逐艦内で遺体発見 不明の乗組員か - BBCニュース
米CNNテレビは22日、シンガポール東方沖の南シナ海で起きたイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」とタンカーの衝突事故について、マケインの操舵システムの異常が衝突につながった可能性があると伝えた。

 米海軍当局者がCNNに語ったところでは、マケインは操舵機能が衝突の直前に失われ、事故後に回復した形跡がある。マケインには予備の操艦システムが搭載されているが、同システムは使われていなかった。

 米海軍のリチャードソン作戦部長は21日、記者団に対し、イージス艦がサイバー攻撃を受けたことを示す証拠は現段階で見当たらないと説明した上で「調査では全ての可能性について探る」と述べた。米駆逐艦衝突 事故直前に操舵不能に? 米CNN報道 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

このニュースについて主にアメリカ人のコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。「フェイスブックユーザーによるコメントの「いいね」数」を重視して選んだ結果、似たようなコメントが多くなったかもしれません。
 【続きを読む】 

ソウル路線バス慰安婦像(少女像)設置騒動、韓国人もフェイスブックでは反対意見が優勢

後述で、韓国人ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
韓国・ソウルの路線バスの一部が慰安婦問題を象徴する少女像を座席に設置して14日から運行を始め、ソウル市長も乗車して取り組みを評価しましたが、市民の間からは「行き過ぎたパフォーマンスだ」という批判も出ています。

これは、ソウルにある日本大使館の近くを通る路線バスを運行しているバス会社の社長が始めたもので、慰安婦問題を象徴する強化プラスチック製の少女像の制作を彫刻家に依頼し、バス5台に像を1体ずつ座席に設置しています。

バス会社では、この少女像を乗せたバスを来月30日まで走らせることにしていて、初日の14日はソウル市のパク・ウォンスン(朴元淳)市長も乗車しました。このあとパク市長は、「バスに乗って少女像を見れば、慰安婦として犠牲になった女性たちを追慕する機会になる」と述べて取り組みを評価し、慰安婦問題をめぐる日韓合意については、「時間がかかっても韓国の国民情緒から納得できる新たな合意が必要だと思う」との考えを示しました。

一方、この路線バスは日本人観光客も多く訪れるエリアを走るだけに、日韓関係に悪影響を与える懸念が指摘されています。ソウル市民の間では、バス会社を評価する声が目立つ一方、「公共交通機関に設置するのは適切ではない」とか、「行き過ぎた政治的なパフォーマンスだ」といった批判も出ています。
ソウル慰安婦像バス
韓国・ソウルの路線バスに少女像設置 「行きすぎ」の批判も | NHKニュース

今回はフェイスブックから韓国人ユーザーのコメントを探してみました。ほとんどが身元を明かして一定期間以上活動しているアカウントで、バスへの慰安婦像設置に関しては反対の意見が多かったです。

以下、韓国人の反応。
 【続きを読む】 

米国「日本、ありがとう」小野寺防衛相がグアムへの北朝鮮ミサイルを(法的に)撃墜可能と発言

北朝鮮、グアム沖に4発発射検討 迎撃可能と小野寺防衛相 - 共同通信 47NEWS
【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍の金絡謙戦略軍司令官は9日、8日付で発表したグアム周辺へのミサイル発射計画について、新型中距離弾道ミサイル「火星12」4発をグアム沖30~40キロの海上に同時に撃ち込む案を検討していると表明した。実施されれば島根、広島、高知3県の上空を通過することになるとしている。朝鮮中央通信が10日伝えた。

 小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮が発射した場合、安全保障関連法に基づく存立危機事態と認定して集団的自衛権を行使し、海上自衛隊のイージス艦が迎撃することは可能だとの認識を示した。

今回は、この共同通信をほぼ引用する形で報道したロイター通信のフェイスブックページに寄せられたアメリカ人など英語圏ユーザーのコメントをまとめてみました。

アメリカ人からは、日本の積極的な姿勢に対して感謝の声が多く寄せらえていましたが、ロイター通信の報道(facebook.com/Reuters/)では、「日本はグアムに向かって飛行するミサイルを撃墜する能力を持っていない」と書かれていることもあり、迎撃能力については疑問視している意見が多くみられました。それと、安全保障関連法については具体的な表現で書いておらず、「合法的に(legally)」としか書かれていないため、海外ユーザーのコメントも「合法」「違法」という表現でしか書かれておりません。
グアム北朝鮮ミサイル

以下、海外の反応。すべて英語コメントからの翻訳で、断りのない場合はアメリカ人か国籍不明です。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








相互リンクサイト