海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめる、いわゆる「海外反応ブログ」です。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ボクシング

井上尚弥が強すぎて次戦の相手が決まらないと海外でも話題に、海外が推す対戦相手は?

2017年の年末に予定されている、WBO世界スーパーフライ級王者、井上尚弥の次戦の相手が決まりません。海外でも話題になっていたのでコメントを翻訳してまとめてみました。

海外のボクシングファンが対戦を望んでいるボクサーが一人目立っていたようです。その点にも注目してみてください。なお、今回は対戦相手の紹介などはあまりしていないので、ボクシングファン以外にはわかりにくい記事になっているかもしれません。予めご了承ください。

inoue-nieves-fight
via boxingscene

以下、海外の反応


才能のあるボクサーが働く場所を得ることができないのを見るのはイライラさせられる。

↑ 私が仮に井上に挑戦権があるボクサーだとしたら戦うことを考えると腰を抜かすほどに怯えてしまうだろう。井上に関する前回の試合についての投稿を見ればそうなってしまう。

↑ ボクシング界には皇帝のような存在が必要だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上には別のトマトが見つからないようだ。(※補足 トマト=潰す相手の意味のようです)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ノンタイトル戦でもいいからB級ボクサーよりも上と戦う感じで、柔軟な発想で試合を組んでもらいたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私の学生ローンを払ってくれるなら、彼と戦ってもいいよ。
 【続きを読む】 

「第二のパッキャオ」井上尚弥の評価は韓国のボクシングファンも大絶賛

井上尚弥の実力が、米国デビュー戦後に一層世界中に知れ渡っていますが、とうとうボクシング人気が低迷している韓国でも知れ渡ることになったようです。

先日9月20日頃に、韓国の主要ボクシング系のYouTubeチャンネルが、過去のテレビ放送を編集した「日本のモンスターボクサー14戦14勝12KO井上尚弥ハイライト」と題した動画を公開して、韓国のボクシングファンから多くコメントが寄せられていました。コメントの一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

以下は、韓国のボクシングファンの反応
(コメント翻訳元YouTube
井上尚弥_筋肉


すごい選手が出たね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

本当に、天才の中の天才と呼ぶことができる選手だと思う。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

階級の人気、国籍を全く抜きにして、あそこまでの努力と実力を持つことに拍手を送ります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この選手は見る度に感じるけど、本当に動きが正確で機械と表現するのが適正だ。パンチが思った通りの動きをして正確に入って、まるで研ぎ澄まされた刃のように見える。
 【続きを読む】 

薬物疑惑のルイス・ネリ、B検体からも陽性反応、山中慎介にベルト返還へ?海外ファンからは溜息と怒りが相次ぐ

山中慎介にベルト返還 新王者ネリB検体も陽性 - ボクシング : 日刊スポーツ
2017年9月27日21時28分
 ボクシングの米老舗専門誌「リングマガジン」電子版は26日、前WBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)に同誌選定のベルトを返還すると発表した。

 公式HPで、8月15日の同級タイトル戦で4回TKO勝ちした新王者ルイス・ネリ(メキシコ)のB検体の薬物検査が陽性だったと報じ、措置を決めた。ネリは山中のV13を阻んだが、8月下旬にWBCが禁止薬物に陽性反応を示したと発表していた。筋肉増強剤に似た性質を持つ物質ジルパテロールを検知したため、試合前に検査を終えたB検体の結果が待たれていた。同誌によればWBCは今週にも裁定を発表するとしている。
20170928-000060

記事作成時点では、まだWBCの決定待ちなので当ブログの記事タイトルには「ベルト返還へ?」とはてなマークをつけています。
このニュースについて海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

井上尚弥のディフェンススキルを集めた映像に海外ユーザー驚嘆

井上尚弥を知っている人なら、彼の圧倒的なパワーを何度も目にしてきたと思います。しかし、ディフェンスを集めた映像はあまりないと思います。
DJV8gzbV4AE1OKW

今回紹介するのは、9月9日(日本時間9月10日)のニエベスとの6度目の防衛戦を見た海外ユーザーさんが、井上尚弥のディフェンススキルに注目して映像を作ってくれました。その映像を見た海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
Naoya Inoue - Defensive Skills of The Monster - YouTube

以下、海外の反応

(動画作成者)土曜日(9月9日の試合)に、井上の防御力に感心したので、私はそれを紹介するハイライトを作ることにした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

非常に良いビデオです。多くの人々が、彼の圧倒的なパワーに感銘を受けてきましたが、このビデオのおかげで彼の動きとディフェンスに更なる感銘を受けました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

素晴らしいビデオです。彼は、相手のパンチが入る前に、小さな手がかりを見て直感的に(パンチを)読むことができるようになっていることが分かりました。🙌🏽👊🏾👏🏽
 【続きを読む】 

元マンUのDF リオ・ファーディナンドが38歳でボクシング転向、海外の意見は賛否分かれる

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
元イングランド代表DFで、マンチェスター・Uなどで活躍したリオ・ファーディナンド氏が、プロボクサーに転向するようだ。イギリス紙『テレグラフ』など複数メディアが18日に報じている。

ファーディナンド氏は現在38歳。報道によると、19日にもプロボクサー転身を表明するという。同氏は2015年5月末に現役引退を発表し、試合解説などを担当。(以下省略)
38歳ファーディナンド氏、プロボクサーに転身へ…19日にも表明か (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

プロボクサーへの転向が報じられていた元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏は19日、ツイッターやインスタグラムを通じて正式にボクサーとしてのキャリアを開始することを発表した。
~中略~
 ボクサーとしての目標について、公式サイトは「タイトルベルトに挑戦すること」と発表。最初のステップはイギリスのボクシングライセンス取得になり、成長とパフォーマンスをみながら徐々にステップアップしていく予定だという。
ファーディナンド氏、ボクサー転向を正式発表「不可能なことはない」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ファーディナンド
 【続きを読む】 

【海外の反応】ロマゴン再戦でも敗れる、シーサケットに4回KO負け

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
スーパーフライ級の世界的強豪を集めた3大マッチ「スーパーフライ」が9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで開催され、メインイベントのWBC世界同級タイトルマッチでは、王者シーサケット・ソールンビサイ(30)=タイ=が4回1分18秒KOで同級1位ローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア=を沈め、初防衛に成功した。

 3月に僅差判定勝ちで王座を奪ったゴンサレスとの再戦を衝撃の右カウンター2発で完全決着をつけたシーサケット。この日のリングでは挑戦者決定戦も行われ、元WBA、WBO世界フライ級のフアンフランシスコ・エストラダ(メキシコ)が挑戦権を獲得。またWBO同級王者・井上尚弥(大橋)が6回TKO勝ちで鮮烈の米国デビューを飾った。

 勝利者インタビューで今後戦いたいのは「エストラダ?井上?」と問われたシーサケットは「誰とでも戦う。誰も怖くはない」と自信満々に言い切った。
ロマゴンに連勝のシーサケット 次に戦いたいのは井上?それともエストラダ? デイリースポーツ online

■HBO公式ハイライト映像
 【続きを読む】 

井上尚弥がニエベスにTKO勝利!米国など海外から賞賛コメントが殺到

ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥が9月9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで行われた6度目の防衛戦で、同級7位のアントニオ・ニエベスから5ラウンドにダウンを奪うなどして、6ラウンド終了時にニエベス陣営が棄権する意思を示して、井上のTKO勝利になりました。

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。概ね賞賛するコメントが殺到していましたが、一部のコアなファンからはディフェンス面を指摘するコメントもありました。

■井上尚弥のツイート

■HBO公式ハイライト映像
 【続きを読む】 

メイウェザーがマクレガーに圧勝、海外から「当然の結果」「八百長」と批判殺到

[ラスベガス 26日 ロイター] - ボクシングの元世界王者で49戦無敗の戦績で引退したフロイド・メイウェザー(40、米国)は26日、米ネバダ州ラスベガスで、総合格闘技団体UFCの現ライト級王者コナー・マクレガー(29、アイルランド)とボクシングで対戦し、10回TKOで勝利した。

最初の3回までは相手の様子を見たが、マクレガーの動きをつかんだメイウェザーは、4回から試合をコントロール。10回でマクレガーをロープに追い込み、容赦なく攻撃すると、レフェリーが試合を止めた。
ボクシング=メイウェザーがマクレガーに勝利、50戦無敗 | ロイター
net

この試合について海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。米英メディアのフェイスブックページで人気コメントになっているものを選びましたが、やはり「人気」を重視すると批判的なコメントが多くなってしまいました。
 【続きを読む】 

亀海喜寛、コットに判定で完敗、海外からタフネスさは賞賛も厳しい声

ボクシングのWBO世界スーパーウエルター級王座決定12回戦は26日(日本時間27日)、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで行われ、世界初挑戦の同級6位・亀海喜寛(34=帝拳)は4階級制覇の同級1位ミゲル・コット(36=プエルトリコ)に0―3で判定負け。
~中略~
採点は120―108、118―110、119―109でコットの圧勝だった。
亀海喜寛、元4階級王者コットに判定完敗…世界初挑戦で金星ならず (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

この試合について海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

山中慎介に勝ったルイス・ネリにドーピング疑惑、「メキシコ人は毎回同じ言い訳」と海外から非難殺到

先のボクシング世界戦で山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリにドーピング疑惑が出ています。メキシコ人ボクサーは「肉を食べた音が原因」と主張してドーピング疑惑を否定する傾向があるため海外からは「同じ言い訳ばかり」といった批判が多く寄せられています。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳して紹介しますが、問題点を理解するために先に関連ニュースからご覧ください。
世界ボクシング評議会(WBC)は15日の世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を破って新王者となったルイス・ネリ(メキシコ)が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したと23日、公式サイトで発表した。筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つという。WBCは調査を進めるとしている。

 日本ボクシングコミッション(JBC)には既に連絡があり、B検体や試合後に採取した検体の検査結果を受けてWBCと対応を協議する方針。
山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤、WBC発表 - 共同通信 47NEWS
クレンブテロールで問題となったのが三浦隆司(帝拳=引退)との激闘が年間最高試合に選定された前WBCスーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)だ。昨年、同じく激闘を売り物にするオルランド・サリド(メキシコ)との防衛戦を前に、やはりVADAの検査でその物質が発見された。しかし試合は挙行され、予想を超える死闘の末、ドローでバルガスが辛くも防衛を果たした。

 この時バルガスのプロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は「彼がメキシコのキャンプで食べた肉にクレンブテロールが混じっていた可能性が高い」と報告。バルガス本人も「検査の前に2日連続して牛肉を食した」と認めた。同様なケースでは同じくメキシコの4階級制覇王者エリク・モラレスがダニー・ガルシア(米)との第2戦を前に同じ物質が検出されたことがある。モラレス陣営も「食べた肉に偶然入っていた・・・」と主張したが、試合後サスペンド処分をニューヨーク州コミッションから科されている。

 バルガスがリングに登場できた理由にはアマチュア当時、オリンピック規格の厳格なドーピング試験を何度もパスした実績や相手のサリドが以前、ネバダ州コミッションから違反薬物でアウトになった背景から、自身で率先して検査を受ける姿勢を見せたことが挙げられる。またGBPが政治力でWBCを説得したとも推測できる。

 今回、ネリのケースもメキシコでは“食肉説”が主流。アメリカで飼育された牛肉を(人と物の交流が多い)アメリカ国境に接する町ティファナに住むネリが食べたから――と報じるメディアもある。新王者ネリから薬物反応。山中が失ったベルトの行方はどうなる?Yahoo!ニュース

以下、海外の反応。すべて英語圏ユーザーのコメント。
 【続きを読む】