海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
管理者へメッセージ

ボクシング

村田諒太が日本人初のミドル級初防衛(海外ボクシングファンの反応)

ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチが4月15日横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者の村田諒太が同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38歳、イタリア)に8回2分56秒TKOで勝利し、日本人初となるミドル級世界王座の防衛に成功しました。
ブランダムラは序盤から及び腰で、パンチも村田のガードに阻まれた。最後は右の強打で仕留められ「対策はしていたが、村田は世界チャンピオンになるべくしてなったとあのパンチで分かった」と完敗を認めた。イタリアではボクシングの人気は高くないという。 “対策”実らず…ブランダムラ 王者村田の凄さ「あのパンチで分かった」― スポニチ Sponichi Annex 格闘技
最激戦区のミドル級で日本人初の防衛成功を果たすと、リング上で次なる目標をぶち上げた。「戦いたい相手はゴロフキン。そこを目指してやりたい」。V2戦は米ラスベガスが濃厚。その後のターゲットに現役最強王者を見据えた。村田諒太、ミドル級日本人初の防衛成功 V3戦は東京ドームで現役最強王者ゴロフキン戦! : スポーツ報知
jpg large
via twitter.com/sponichi_hanbai

SNS等に寄せられた海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめましたのでご覧ください。以前に比べると村田の実力については格段に評価するコメントが目立ちました。以下、海外の反応

村田には本当に歯が立たないと言わなければならない。村田は直線系のパンチ一辺倒のボクシングではなかったし、非常に的確で力強い。 イタリア



この日本人ボクサーは本当にとても強い。ブランダムラは心をこめて全力で戦ったが村田が最初から最後まで支配していた。 イタリア
 【続きを読む】 

井上尚弥vsジェイミー・マクドネル 海外ファンの予想は井上有利も身長差を指摘する声も

井上尚弥が5月に世界戦 王者マクドネルが不利との報道も - ライブドアニュース
過去10年間無敗の王者マクドネル、米メディアは不利予想「不安な任務になる」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、WBA同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。全17カテゴリーのボクサーを比較する格付け「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で10傑に選出されるモンスターとの防衛戦に挑むマクドネルについて、米メディアは「世界タイトルを危険に晒す」「不安な任務」と報じている。

 3階級制覇を目指す「The Monster」の挑戦状を受け取ったマクドネル。しかし、王者にとってもあまりにリスクの高いバトルのようだ。米スポーツ専門局「ESPN」電子版は「ジェイミー・マクドネルが日本でのナオヤ・イノウエ戦で世界タイトルを危険に晒す」と特集している。(以下省略)
井上マクドネル

海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応

良い対戦だ。とても楽しみにしている。 アメリカ



ジェイミー・マクドネルは度胸がある。彼は誰とでも、どこででも戦う。 イギリス



私はマクドネルが好きです。彼はかなり過小評価されていると感じている。それでも勝つチャンスが少ないことは認めるしかない。 イギリス



井上がこの男を粉砕するだろう。



俺は井上が滅茶苦茶大好きなんだ。2018年はボクシングにとって良い年になるだろうな。 アメリカ



ジェイミーよ。安らかに眠れ。
 【続きを読む】 

ルイス・ネリがWBCから無期限資格停止【海外ボクシングファンの反応】

ネリ無期限資格停止 WBC「受け入れがたい」 - ボクシング : 日刊スポーツ
3/3(土) 8:55配信
WBC(世界ボクシング評議会)は2日(日本時間3日)、1日に両国国技館で行われたバンタム級タイトルマッチにおいて、前日計量での体重超過により王座を剥脱された前王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)に、無期限の資格停止処分を科すと声明を発表した。

 1回目の計量でリミットの53・5キロを2・3キロも上回る55・8キロ。2時間後に行われた2回目も1・3キロ超過の54・8キロと大幅な超過をしたことに、「受け入れがたい」と厳しく言及した。試合は元同級王者山中慎介(35=帝拳)に2回TKO勝ちしたが、山中との体調面での差は大きく、一連の失態に批判が集中していた。

 WBCは同声明で、ネリに対して、問題を調査するための公聴会への出席も厳命した。
ネリ資格停止

このニュースについて海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応(コメント引用元boxingscene

良いことだ。ネリは金を稼ぐことばかり考えてスポーツへの敬意がない 。ネリを擁護するやつがいるけど、なんでそんなことをするのか私にはさっぱりわからない。



説明を見る限り良いことを言っているように感じる。多くの人々がWBCに腹を立てているが、これは正しい方向への一歩だと思う。 アメリカ



ネリ側は言い訳を多くしているが、一方的な筋が通らないものばかりだ。ネリはリング上で勝利し、山中は敗れた。しかし山中は言い訳をしなかった。胸糞悪い話だ。

↑ 山中が戦うことを選んだのは彼の選択だからいいだろう。うんざりするのはネリが勝ってファイトマネーを手に入れたことだ。
 【続きを読む】 

体重超過のルイス・ネリが山中慎介に2回TKO勝ち【海外ボクシングファンの反応】

<プロボクシング:WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇1日◇両国国技館
前王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が、挑戦者の山中慎介(35=帝拳)を2回TKOで退けた。

 2度の前日計量でリミット53・5キロを下回れず、王座を剥奪。当日の午後0時に58キロのリミットで計量が課せられ、57・5キロでようやくクリアした。そして「60キロで上がった」というリングで山中を破った。試合後、喜ぶネリ陣営には「早く帰れ!」と客席から怒号が飛んだ。引き揚げた控室では「オレたちはやったぞ」と大合唱。試合の映像を念入りに見返し「無敗記録を守れた。チャンピオンの座を失ったことは残念だが、勝てば再び戻ることができる」と勝利の喜びに浸った。(以下省略、引用元山中撃破ネリに「帰れ」と怒号「また日本で試合を」 日刊スポーツ
ネリ

英語でコメントした海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応

山中の高いレベルのキャリアが終わってしまって悲しい。ネリは日本のベテランを破壊するためにフェザー級になって戻ってきた。



筋肉増強剤と体重超過のネリとチームが、横たわっている山中の前で祝福しているのを見ると、怒りを抑えるのが難しい。ボクシングには正義なんて何もないんだな。



試合をするべきではなかった。何でもありのネリのやり方は恥さらしだ。



ネリの勝利おめでとう。この勝利は、彼自身と彼のチームにとっては明らかに意味があるだろう。しかし、私には何も意味が無いように思える。体重差は巨大で、試合を進める方向に持っていくべきではなかった。我々は、体重制限がなぜ設けられているのかを再確認するべきだ。
 【続きを読む】 

ルイス・ネリが計量失敗、山中慎介との再戦前に王座剥奪【海外ボクシングファンの反応】

ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチの前日計量が28日に都内で行われ、同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が体重超過で王座剥奪となった。

 リミットは53・5キロ。まずは挑戦者の前王者山中慎介(35=帝拳)は53・3キロの200グラムアンダーで一発パスした。ネリは必死に伸び上がって計量台に乗ったが、55・8キロと2・3キロもオーバーだった。

 2時間の猶予を与えられ、約1時間45分後に再計量も54・8キロ。1キロ落としてきたが、まだ1・3キロオーバーのまま。この時点で王座は空位となり、3月1日の両国国技館でのタイトル戦は実施されるが、山中が勝った場合は王座獲得、負けた場合は空位のままとなる。ネリは1日正午に58キロをリミットに当日計量を課せられた。(以下省略、ニュース全文はソース参照山中慎介、計量失敗のルイス・ネリに「ふざけるな」 - ボクシング : 日刊スポーツ

ネリ計量失敗
via twitter.com/asianboxing

このニュースについて海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応

ウェイト調整をしていなかったのか。冗談じゃない。 メキシコ



スライマン(WBC会長)がリング上に留まるようにしてくれたのに、なぜ自分を殺すようなことをするのだろうか アメリカ



最近でも、ネリは体重をきっちり作っているようなコメントを出していた。でも結果は明らかになった。彼は「汚染肉の援助」なしでは体重を作れないということだ。



PEDを使い、1マイル以上の大幅な体重超過で不公平なアドバンテージを得る。オリランド・サリドのような筋書きなのか。あっぱれだね、メキシコ! ウクライナ
(※補足 オリランド・サリドは、ドーピング歴(2006年)と体重超過(2014年)歴のあるメキシコの元世界王者、37歳になる現在でも現役 オルランド・サリド - Wikipedia
 【続きを読む】 

【ボクシング】山中慎介がルイス・ネリと再戦、海外の予想はネリ有利もドーピング疑惑は全く晴れず

3月1日(木)東京・両国国技館で行われる前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)vs現王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)、IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(28=セレス)vsエルネスト・サウロン(28=フィリピン)のダブル世界戦の調印式が27日、都内ホテルにて行われた。

 山中は昨年8月、ネリに4回TKOで敗れ、王座陥落。その後、ネリはドーピング検査で薬物疑惑が発覚したがWBCは不問とし、山中との指名試合を義務付けてのダイレクトリマッチとなった。

 調印式後の会見でネリは「体重もしっかり調整してきた。フィジカル面、メンタル面ともパーフェクト。試合まであと2日、前回の試合を払拭するために必ず勝利したい」と、ドーピングで勝ったという疑惑を晴らしたいとした。(以下省略、全文はソース元参照【ボクシング】2日後に迫るネリ戦、山中慎介「悔しい思いをぶつけるだけ」 - eFight 【イーファイト】
山中ネリ
via twitter.com/Delisketo/
 【続きを読む】 

井上尚弥がジェイミー・マクドネルと対戦濃厚か、イギリスでは井上圧勝の予想が大勢

3階級制覇を目指すボクシングWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥が、WBAバンタム級正規王者のジェイミー・マクドネル(イギリス)と対戦する可能性が高くなりました。
マクドネルはWBA世界王座を6度防衛中で、2015年の5月と9月には亀田和毅と2度防衛戦に臨み、ともに勝利をおさめています。

デザイナーさんが製作したポスター(※公式のものではありません)
DWM6suIU0AAQQQs
via twitter.com/harrypaindesign/

まだ正式に決定ではありませんが各方面でニュースになっています。対戦相手国のイギリス人など、海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

【ボクシング】比嘉大吾が元2階級王者フエンテスに初回TKOの完勝

比嘉1回で決めた日本タイ15連続KOで2度目防衛 - ボクシング : 日刊スポーツ
[2018年2月4日22時40分]

WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が15戦全勝全KOで2度目の防衛に成功した。同級9位の元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回KOで下した。

 立ち上がりはフエンテスが積極的に放つジャブを食らう場面もあったが落ち着いて対応。連打はもらわなかった。1分30秒過ぎ、左フックでフエンテスをぐらつかせ、右フックで動きを止めた。残り30秒、左の連打からガードが空いた腹に右ボディーをたたき込み、マットにひざまずかせた。

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。
以下、海外の反応(コメント翻訳元 twitterboxingsceneredditfacebook

なんてことだ!比嘉が1ラウンドでフエンテスを沈めてしまった!!



比嘉のパワーは殺人級だ。
しばらくの間は比嘉の話題で興奮するだろうな。この男はミニマイクタイソンのような絶対破壊の世界王者として君臨するだろう。



試合後の比嘉のインタビューを見ていると、冗談を言って周りを爆笑の世界にさせていた。恥ずかしがりやの子供のように見えていたから驚くべき変化だ。



これは恥ずかしい。負けるとしても、我々メキシコボクシング界の威信を損なわせないでくれ。 メキシコ
 【続きを読む】 

「はじめの一歩」の幕之内一歩が1208話で引退、海外から反響が相次ぐ

漫画「はじめの一歩」の主人公、幕之内一歩が、1208話(少年マガジン2018年2月7日号)で引退を表明しました。
海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
前回書いた2017年11月の記事のような怒り心頭状態から比べれば落ち着いたコメントが目立ちました。

以下、海外の反応
(コメント翻訳元reddit1reddit2reddit3youtube1youtube2

彼は本当に引退したと思うし、このシリーズはエピローグに差し掛かっていると思う。 漫画家森川は今年も健康上の問題を抱えており、おそらく止める必要があるでしょう。 森川が読者にお別れを言っていると考えれば完全に筋が通っている。



この章はかなり良かったと思う。久美といろいろあったし、家族、医者、そして鷹村やコーチとのやり取りも良かった。そして、最後が再び木の場面になったことも面白かった。



一歩が「幸運の石と呼ばせてもらう」と言っていた場面・・・、ハート型の形をしていたな。

↑ 少なくとも一歩は偶然久美の胸に触れていた。あのシーンを見た時は大はしゃぎしたよ。
20180129-000176



CTE(パンチドランカー)について言及していたね。これは、コンタクトスポーツを専門的に行う人にとって、非常に現実的で生命を脅かす問題だ。 パンチドランカーかどうかを正確に調べるには生きている間にテストする方法がないと、この章で説明していた。一歩も症状を自覚していて、ボクシングを続けて症状を悪化させるのは愚かだとわかっていたはずだ。だからこそ彼は「(健康のままで引退できた)今の自分は幸せだ」と言ったのだ。
 【続きを読む】 

井上尚弥の強打から何度も立ち上がったヨアン・ボワイヨにフランス人も称賛「闘志は衰えなかった」

フランス・レキップ紙から一部抜粋翻訳)
ヨアン・ボワイヨはWBOスーパーフライ世界王者の日本人に対して何もできなかった。
井上尚弥が3ラウンドにボワイヨを打ち負かして7度目のタイトル防衛を果たした。
ボワイヨはダウンしても毎回立ち上がって戦う意志を示していたが格の違いは非常に大きかった。
ボワイヨ
ボワイヨの根性については、日本人からも称える声が多くあり(※参考「ボワイヨ」のツイート検索結果)、フランス人など海外ユーザーからもボワイヨを称えるコメントが多く寄せられていました。

試合後のボワイヨ本人のコメントとともに、海外ユーザーコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。当然ながら「あまりにも強すぎた井上尚弥相手だから仕方がない」といったコメントも目立ちました。

(下の本人公式フェイスブックページ12月31日投稿から翻訳)
みなさん、こんにちは !
ご存じの方も多いと思いますが、私は昨夜、日本人に敗北しました。それでも私は元気ですし鋼鉄の士気も維持しています!私は自分に弱い部分があるのを認め、それをすべて修正するためにさらに一層努力し、次回は更に良くしていきます。この経験をポジティブに考えてモチベーションを維持していきます。私は1ヶ月前、困難と知りながらもこの挑戦を受け入れました。私は常に敗北から学ぶことがたくさんあると認識しています。これがボクシングです。皆さんのサポートが私にとって大きな力になりました。後に改めて個々にお礼しようと思います。ありがとうございました。また近いうちに会いましょう。👊👊🥊👍
 【続きを読む】 



他サイトピックアップ


 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集