海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ラグビー

ラグビー日本代表、敵地で強豪フランスに引き分けドロー、フランス人も日本を称える【海外の反応】

ラグビー日本代表は11月25日(日本時間26日)、敵地でフランス代表と対戦し23-23で引き分けました。フランスは現在世界ランキング8位で、過去ワールドカップ準優勝3回の実績を誇る強豪です。日本は過去9戦フランスと戦って全敗していました。

後述で、この試合を見たフランス人のコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。引き分けだったものの試合内容は日本が明らかに上回っており、フランス人からも日本を賞賛してるコメントが多く寄せられていました。

■試合内容
日本は前半4分、相手の反則からSO田村がPGを決め、3点を先制。同13分にフランスにPGを決められたが、試合を優位に進めた。

日本は同26分、HO堀江がゴールライン左隅にトライを奪い、ガッツポーズ。8-3とした。世界ランキングでは日本の11位を上回る8位のフランス。前半29分にPGを決める。さらに39分にもトライを決め、コンバージョンも成功。日本は前半を8-13で折り返した。

 日本は後半1分、自陣から攻め、最後はゴールライン左中間へ走りこんだCTBラファエラが同点トライ。田村がコンバージョンを決め、15-13と逆転した。同8分、フランスはトライを決め、コンバージョンも成功。日本は同23分、田村がPGを決め、18-20とした。同27分にフランスがPGを決め、再び5点差となった。

 日本は後半32分、ゴールラインでの密集からPRヴァル アサエリ愛がトライを奪い、同点。田村はコンバージョンを失敗したが、敵地は思わぬ展開に静まり返った。その後も日本はボールを支配。歴史的勝利は奪えなかったが、大善戦だった。
ジョセフJは大善戦ドロー 格上フランス相手に23-23 - ラグビー - SANSPO.COM(サンスポ)

 【続きを読む】 

ラグビー日本代表、トンガをノートライに抑えて完勝【海外の反応】

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
ラグビー日本代表 テストマッチでトンガに6年ぶり勝利 | NHKニュース
11月19日 4時35分
ラグビー日本代表は、18日、フランスで行われたテストマッチでトンガと対戦し、39対6で快勝しました。
世界ランキング11位の日本は、再来年のワールドカップ日本大会に向けた強化のためヨーロッパに遠征し、18日、フランスのトゥールーズで行われたテストマッチでランキング14位のトンガと対戦しました。

日本は、序盤からテンポのいい攻撃で押し上げ、前半3分にレメキ・ロマノラヴァ選手のトライで先制しました。
さらに29分には、ラインアウトからのモール攻撃で流れをつかみ、トンガ出身のアマナキ・レレイ・マフィ選手、32分にはキャプテンのリーチマイケル選手がトライを奪い前半を27対6とリードし折り返しました。
日本は、後半もパワーで押し込んでくるトンガの攻撃をしのぎ、19分にはレメキ選手が、この試合自身2つ目のトライをあげてリードを広げました。
日本は、前後半合わせて5つのトライを奪い逆にトンガには、1つのトライも許さず39対6で快勝しました。

日本がトンガに勝ったのは、2011年の対戦以来、6年ぶりでトンガとの対戦成績は、8勝9敗となりました。
日本は、このあと25日に世界8位のフランスとテストマッチを行います。
20171120-000101

(※参考ツイート、出場選手)
 【続きを読む】 

サンウルブズ、最終戦で強豪ブルーズに大差で勝利、世界から驚きの声

7月15日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた2017年スーパーラグビー最終戦で、サンウルブズはブルーズ(ニュージーランド)と対戦し、48-21で大差で勝利しました。

公式ハイライト映像

対戦相手のブルーズはスーパーラグビー優勝3回の実績を持ち、今季は僅差の負けが多く7勝6敗とふるわなかったものの強豪チームと言っていいと思います。ブルーズにとっては今季最大得失点差での敗戦を喫したこともあり、海外からは番狂わせとして注目されています。コメントの一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

【ラグビーW杯】日本はアイルランド、スコットランドと同組、海外から日本に期待する声が続出

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ1次リーグの組分け抽選会が5月10日、京都迎賓館で行われ、開催国の日本(世界ランキング11位)はアイルランド(同4位)、スコットランド(同5位)と同じA組(プールA)に入りました。他の2チームは欧州地区1位チームと欧州・オセアニアプレーオフ勝者に決まっています。

安倍晋三首相が最初の抽選を行い、日本のA組を引き当てました。
プールAの組み合わせと、主に日本代表に対する海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。
一番強豪国となるであろうアイルランド人の反応も多めに集めてみました。
 【続きを読む】 

【海外の反応】ラグビー日本代表、W杯グループリーグ敗退

ラグビー日本アメリカvia YouTube World Rugby
ラグビー日本代表は、ワールドカップイングランド大会で1次リーグ最終戦でアメリカに勝利して3勝目をあげたもののボーナスポイントの差で1次リーグで3位に終わり、決勝トーナメントには進めませんでした。日本代表の敗退が決まった時点で、海外ユーザーから寄せられた英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
なるべく多様な意見を集めるように心がけたのですが、想像以上に日本代表を賞賛する声が多く、またグループリーグの日程に対して不公平だと批判する声も多く寄せられていました。そして、スコットランドを批判する声も多かったです。個人的にはボーナスポイントが0だったことは非常に残念に思っていたのですが、そのことを批判するコメントは見つかりませんでした。
 【続きを読む】 

【海外の反応】ラグビーW杯 日本代表がサモアに完勝「実力を証明した」

ラグビー日本サモア
via:@rugbyworldcup
ラグビーW杯一次リーグB組、日本vsサモアの試合が10月3日に行われ、日本代表が25-6で勝利しました。この試合に寄せられた英語圏ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。日本代表を賞賛する声が多く寄せられ、特に前半終了間際にWTB山田章仁のトライシーンが絶賛されていました。それに対してサモアを批判するコメントも多く見られました。なお、この試合の数時間後に地元イングランドの敗退が決まったのでイングランドファンのコメントはほぼ皆無でした。さすがにショックだったのでしょうね。
 【続きを読む】 

【南アフリカの反応】「日本に負けた、国家の恥辱」メイヤーHCへ非難殺到【ラグビーW杯】


ラグビーW杯イングランド大会の日本代表が、優勝候補の南アフリカ相手に「W杯史上最大の番狂わせ」で大金星を挙げたことに対して、南アフリカのスポーツメディアに寄せられた南アフリカ人と思われるコメントをまとめてみました。日本の戦いぶりを賞賛する声もありましたが、やはり落胆する声が多数派でした。試合後、ハイネケ・メイヤーヘッドコーチ(メディアによっては「マイヤー監督」と表記)が南アフリカ謝罪したこともあり、メイヤーHCに対しても想像以上に批判の声が寄せられていました。
 【続きを読む】 

ラグビー日本、W杯優勝候補の南アフリカに歴史的大金星【海外の反応】

ラグビー日本34-32南アフリカ
ラグビーのワールドカップ1次リーグB組初戦が9月19日に行われ、世界ランキング13位の日本代表は世界ランキング3位の南アフリカと対戦し、終了間際の逆転トライで34-32で競り勝って「歴史的大金星」を挙げました。南アフリカは過去の大会で2度優勝するなど今回も優勝候補として出場しており、開催元の地元イギリスBBCニュースは「ラグビーW杯史上最大の番狂わせ」と報じました。試合を観戦していたイギリス人も高い関心を寄せていたのでコメントを翻訳してまとめてみました。特に、3点リードされた終了間際PGが確実に入って同点になるチャンスでも、逆転トライにこだわったことについて賞賛する声が多く寄せられていました。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








相互リンクサイト