海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
管理者へメッセージ

野球

韓国メディア「大谷翔平が最高球速161km、メジャー初勝利」(韓国の反応)

(韓国メディア聯合ニュースの記事から抜粋翻訳)
オープン戦で不安な姿を見せた大谷翔平は、レギュラーシーズンで別の姿を見せた。大谷は2日(韓国時間)、米国カリフォルニア州オークランドコロシアムで行われたオークランド・アスレチックスとの試合に先発登板した。1920年にジョー・ブッシュ(ボストン・レッドソックス)、クラレンス・ミッチェル(ブルックリン・ドジャース)以来98年ぶりに打者と投手で同時デビューした大谷は6イニング3安打(3点本塁打を含む)6奪三振1四球3失点を記録して勝利投手となり、自分の名前を刻んだ。

100マイル(約159㎞)前後の剛球が勝利の秘訣だった。野球の分析サイト、ブルックス・ベースボールは、この日の大谷の直球最高球速が時速161㎞であり、平均球速も時速156㎞に達したと分析した。大谷はこれに加えて、スライダーとスプリット、カーブまで均一に混ぜて投げ、オークランド打線を制圧した。

「玉に傷」は、2回のマットチャップマンに打たれた3点本塁打であった。しかし、大谷は3回以降は一本のヒットも許さず平常心を維持し、エンゼルス打線も7点を奪い、大谷の7対4の勝利を守った。
公式サイトMLBドットコムは、「歴史的なデビュー」という評価を残し、MLBを代表する強打者であるマイク・トラウト(27)も「翔平タイム(Sho time!)」と呼ばれる言葉遊びで仲間の勝利を祝った。
~中略~
監督の望み通り、残りイニングを無失点で防いだ大谷は「監督の激励がありがたかった」と話した。
また大谷は「捕手マーティン・マルドナドが今日の私の変化球をしっかりキャッチしてくれた。スプリングキャンプから球団職員と仲間の選手たちが多くのサポートをしてくれた」と語った。

大谷翔平韓国メディア
via yonhapnews.co.kr
 【続きを読む】 

エンゼルス大谷翔平、最速100マイルの力投でメジャー初登板初勝利(MLBファンの反応)

大谷翔平投手デビュー
エンゼルスの大谷翔平投手が、4月1日(日本時間2日)、敵地のアスレチックス戦に先発登板し、6回を投げ3安打3失点、1四球、6三振の内容で初登板初勝利を挙げました。後述でSNS等に寄せられたMLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。

MLB公式ハイライト映像(4分44秒)
1回、先頭のセミエンに対し初球は155キロ、ど真ん中のストレート。4球目141キロのスプリットで空振り三振に仕留めた。
 2番ローリーは158キロ直球で捕邪飛。3番オルソンへの初球は160キロをマーク。143キロのスプリットで空振り三振に仕留め3者凡退。完璧な立ち上がりを見せた。
 しかし2回、1死から連打されると7番チャプマンにスライダーを打たれ左中間へ3ランを被弾。2-3と逆転された。
 3回は3者凡退。4回は四球を出したが無失点。5回表に味方が2点を挙げ4-3と再逆転した。5回は3者凡退。6回も3者凡退に抑えベンチに戻るとチームメートからハグされるなど祝福された。
(ソース大谷160キロ白星デビュー 3ラン被弾も6回6K - MLB : 日刊スポーツ
 【続きを読む】 

イチロー、本塁打阻止のスーパーキャッチにマルチ安打の活躍でMLBファン歓喜

イチロースーパーキャッチ2

マリナーズのイチローが、開幕2戦目となる3月31日(日本時間4月1日)のインディアンス戦に先発出場し、4打数2安打で今季初安打+マルチ安打の成績を残しました。レフトの守備では、ラミレスの放った本塁打性のフライをフェンス際でスーパーキャッチして、その映像がMLB公式サイトなど各所で取り上げられて話題になっていました。

映像

この試合のイチローについて、SNS等に寄せられたMLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、MLBファンの反応(コメント引用元facebooktwitter1twitter2

イチローがホームランをスチールした。44歳というのは心から敬服する😍😍



ヒーローは忘れられることはない。レジェンドは決して死なない!



これは2018年?それとも2003年のハイライト映像かな。🤔🤔🤔
 【続きを読む】 

ヤンキース田中将大が今季初登板初勝利 ソロ被弾以外は13者連続斬りの圧巻投球

後述でヤンキースファンのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
田中将大の13者連続斬りに辛口NY紙も脱帽 第2戦勝利の主役に選出 - ライブドアニュース2018年3月31日 12時19分 フルカウント

田中将大2018開幕戦開幕第2戦のマウンドに上がり、白星を手にしたヤンキース田中将大投手。30日(日本時間31日)の敵地ブルージェイズ戦で6回3安打1失点8奪三振無四球と快投を見せ、チームを4-2の勝利に導いた。シーズン初登板での白星は、デビューイヤーの2014年以来、自身4年ぶり。辛口の地元メディアも2回にソロ弾を浴びた以外、完璧な投球を見せた日本人右腕を「スター・オブ・ザ・ゲーム」に選出している。地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版が伝えている。 

 田中は2回1死からグリチャックに同点ソロを浴びたのがこの日唯一の失点だった。3回はトラビス、ドナルドソンをスライダー、スモークをスプリットで全て空振り三振に仕留めると、ヤンキースは4回にドルーリーの2打席連続タイムリーで勝ち越しに成功。田中はその裏の先頭グランダーソンもスプリットで空振り三振に仕留め、4者連続空振り三振とすると、6回まで圧巻の13打者連続でアウトで締めくくり、お役御免となった。 

 チームを2連勝に導く好投を、地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版は「マサヒロ・タナカが今季、力強いスタート。ヤンキースのブルージェイズの4-2撃破を助ける」と速報。「スター・オブ・ザ・ゲーム」というこの試合、最も輝いた選手に日本人右腕を選出した。 

 記事では「タナカのスライダーは6回を通じて切れ味抜群で、スプリッターは急降下し続けた。特に3回、彼はトロントのジョシュ・ドナルドソンとジャスティン・スモークを擁する上位打線を連続三振に抑えた」と右腕の切り札の変化球を称賛している。(以下省略 )
 【続きを読む】 

大谷翔平MLB開幕戦で初ヒット、エンゼルスファンと米メディアの反応

「大谷が最初の試験をクリア」/米メディア (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
<アスレチックス6-5エンゼルス>◇29日(日本時間30日)◇オークランドコロシアム 3/31(土) 8:11配信
大谷翔平初打席 価値ある「1」をしるした。エンゼルス大谷翔平投手(23)が、敵地で行われたアスレチックスとの開幕戦に「8番指名打者(DH)」でメジャーデビュー。2回の初打席で初球を捉え、右前に初安打を放った。伝説の名選手ベーブ・ルース以来となる本格的な「二刀流」挑戦の第1歩を打者として迎えた。試合は延長11回にサヨナラ負けを喫したが、記念すべき1試合目は5打数1安打、1三振だった。【オークランド(米カリフォルニア州)=本間翼、斎藤庸裕】

<米メディアの反応>

 ◆ヤフースポーツ 「大谷の“壮大な実験”が始まった」と記事を掲載。「打席で防戦的で、打者有利のカウントでも慎重なスイング」などと指摘。

 ◆ESPN 「打球を転がそうとしているように見えた」。

 ◆FOXスポーツ 殿堂入りした名打者で解説者のフランク・トーマス氏が「23歳の選手に期待がかかりすぎ。慣れるまで時間が必要。光るものはあった」。

 ◆OC・レジスター紙 「大谷が最初の試験をクリア」との見出しで報道。「1球目でエ軍の期待に応えた」と伝えた。

 ◆サンフランシスコ・クロニクル紙 「大谷がこういう球を好んでいることをア軍は覚えておかないといけない」。

 ◆ロサンゼルス・タイムズ紙 「誰も予想できない世界への第1歩を踏み出した」。
 【続きを読む】 

川崎宗則が引退か、海外MLBファンの反応

ソフトB川崎引退へ 復帰メド立たず開幕前に自ら区切り…球団に意向伝える (西日本スポーツ) - Yahoo!ニュース
3/26(月) 5:00配信 西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクと今季の契約を結んでいなかった川崎宗則内野手(36)が現役引退の意向を固めたことが25日、分かった。昨年4月に古巣で6年ぶりに日本復帰したものの、夏場に両アキレス腱(けん)痛で戦線離脱。現在まで心身両面で復帰のめどが立たず、球団と協議を重ねてきたが、結論として契約の打診を辞退した。日米両球界で人気者となった「元気印」が一つの区切りをつける。(以下省略)

川崎宗則ホークス
via news.yahoo.co.jp

このニュースについて海外MLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応

ブルージェイズのレジェンド、川崎宗則のことを決して忘れない。



引退を決断していたのなら、かなりつらかっただろう。怪我をしたことで考え方が変わったのかな。彼はベンチにいるときでもいつも楽しんでいたね。

↑ うん、本当に深刻な状態なら悲しい。ムネよりも熟練した選手はたくさんいるけど、ムネくらいに試合に参加することを楽しんでいる選手はいなかったと思う。



お疲れ様、素敵な王子様。
 【続きを読む】 

イチローが古巣マリナーズへ復帰濃厚、地元ファンの反応

大リーグ、マーリンズからフリーエージェントとなり移籍先を探していた44歳のイチロー選手が、11年余り所属していたマリナーズと大リーグ契約を結ぶことで最終的な交渉に入っていることが関係者への取材でわかりました。
~中略~
イチロー選手は今後、マリナーズの球団ドクターによる身体検査を受ける予定で、この検査で問題がなければ、契約が結ばれる見込みです。
(ソース イチローが古巣マリナーズへ | NHKニュース


中日スポーツ紙面
DXjyrDDVwAAcVkL

MLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。引用元が地元シアトルメディアのコメント欄なのでマリナーズファンが多いと思われます。以下、海外の反応

お帰りなさい。彼はここで引退するでしょう。彼が年をとってるのは知ってるがここは彼の古巣だ。



イチローがマリナーズで引退するのは大いに歓迎したい。ただし法外な契約金にならないことを願っている。お金は他の場所に使うべきだ。



彼はベン・ギャメルが怪我をしている時に外野を助けてくれるでしょう。彼はシーズン全体をプレーしななくてもいい。引退へのサインということかな。イチローはレジェンドであり敬意を表するべきです。



ボールパークに人が戻ってくるだろう。



彼はおそらくマリナーズで引退するだろう。それを見られるのは素晴らしい。
 【続きを読む】 

大谷翔平が打者10割デビュー、初安打など3打席全出塁【MLBファンの反応】

大谷の打者デビュー 現地メディアもトップ扱い「日本のベーブ・ルース」― スポニチ

エンゼルスの大谷翔平(23)が26日(日本時間27日)に行われたパドレスとのオープン戦で打者デビュー。「2番・指名打者」で先発出場し、5回の第3打席で中前適時打を放った。

 初回と3回の打席ではともに四球を選んだ大谷。迎えた5回に快音を響かせ、1死二塁の場面で右腕マリオットが投じた初球をセンター前へと運んだ。その後に代走が送られ、この日は1安打2四球。24日のブルワーズ戦では投手として先発登板し、1回途中、2失点という内容だったが、中1日で臨んだ“打者・大谷”はしっかりと結果を残した。

 今季に投手で2桁勝利、打者で2桁本塁打なら1908年のベーブ・ルース以来、メジャー史上2人目という快挙。それ故に大谷が挑戦する投手と打者の二刀流は現地でも「日本のベーブ・ルース」と報じられ、大きな注目を集めている、

打者デビュー大谷翔平
via twitter.com/angels_fanly/
 【続きを読む】 

ダルビッシュがカブスと契約合意、しかし、どのファンからもあまり歓迎されていない模様


このニュースについて海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。
以下、MLBファンの反応。コメント中の「ユー」はダルビッシュ有の「有」です。
(コメント翻訳元 facebook8

契約自体は歓迎するけど6年は長すぎる。



笑 - ポストシーズンに弱い男

↑ 彼はポストシーズンの最初の2試合は良かったよ。



ドジャースにとっては朗報。
カブスにとっては悲報。
 【続きを読む】 

松坂大輔が中日に入団決定【韓国の反応】


このニュースについて韓国人ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。
コメント中のウォンは円の約10倍(116億ウォン=約12億円など)に換算してください。
以下、韓国人の反応。(コメント翻訳元 news.naver.com 12345

3年間でたった1試合登板に116億ウォン…この人の人生旨味がありすぎる。



メジャーリーグ選手を含めて歴代級と言われてきた平成の怪物だったけど、今はリーグ最悪の食い逃げ渡り鳥に転落した。

↑ 勝手気ままにじっと座っただけで1年に40億ウォンずつを受け取ってきた。蜜蜂の巣にたまった蜜を吸うだけの人生だ。



それでも自国リーグ--->大リーグに行って成功できると道を開いてくれた先駆者だ。晩年にこんな食い逃げ渡り鳥で終わるとは誰が予想しただろうか。

↑ それはでたらめだ。野茂が開いた道を松坂が閉ざしたんだ。それを岩隈がなんとかして再び開けてくれた。



本当によくやるなあ。最悪の食い逃げ。
 【続きを読む】 



他サイトピックアップ


 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集