海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめる、いわゆる「海外反応ブログ」です。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

野球

田中将大7回無失点の快投でアストロズに雪辱、ヤンキースファンは最大級の賛辞【MLBプレーオフ】

後述でMLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
マー君「自分を褒めてあげたい」カイケルに投げ勝つ - MLB : 日刊スポーツ
[2017年10月19日12時27分]
<ア・リーグ優勝決定シリーズ:ヤンキース5-0アストロズ>◇第5戦◇18日(日本時間19日)◇ヤンキースタジアム

 ヤンキース田中将大投手(28)が、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦でチーム3勝目となる白星を挙げ、3勝2敗でワールドシリーズ進出に王手をかけた。第1戦に続きエース左腕カイケルとの投げ合いとなり、前回の敗戦から今度は投げ勝ち、リベンジを果たした。

 立ち上がりから淡々と落ち着いた投球で、要所では力がこもった。2回に先頭グリエルに二塁打を許し、次打者の内野ゴロで1死三塁のピンチとなったが、後続をいずれも内野ゴロに打ち取りしのいだ。5回には1死一、二塁と再び得点圏に走者を許したが、後続を連続三振に退けピンチを脱した。7回まで103球を投げ、3安打、1四球、無失点で8三振だった。

 カイケルとは15年のワイルドカードゲームも含めポストシーズン3度目の投げ合いだったが、初めて投げ勝った。

ニューヨーク・ポストの紙面
 【続きを読む】 

ダルビッシュがナ・リーグ優勝決定戦で快投しPO2勝目、押し出し初打点も挙げてドジャースファン歓喜

MLBロサンゼルス・ドジャースのダルビッシュ有投手が10月17日(日本時間18日)、ナ・リーグ優勝決定シリーズ第3戦のカブス戦に先発登板し、6回1/3を投げて6安打1失点7奪三振の好投でプレーオフ2勝目の勝利投手になりました。打撃では6回に押し出しの四球を選んでプレーオフ初打点を挙げました。ドジャースは3勝0敗でワールドシリーズ進出に王手をかけています。

ダイジェスト映像

この試合のダルビッシュについて、ドジャースファンのコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。投手が打席に立って押し出しで打点を挙げるという珍しい記録もあり打席についてのコメントも目立ちました。

以下、MLBファンの反応、大半がドジャースファンと思われます

ダルビッシュが押し出しで打点を挙げた時の画像がすごく気に入っている。
ダルビッシュ押し出し打点
via https://i.imgur.com/HQp5ppC.jpg

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このシリーズ
カブス全体 vs ドジャース救援陣 0打点
ダルビッシュ有 vs カブス救援陣 1打点

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ユーがビーストモードになった!
 【続きを読む】 

ヤンキース田中将大、優勝決定戦で黒星も高く評価「アルトゥーベとカイケルにやられた」と納得

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。負けたとはいえマー君に対する批判は全くと言っていいほどありませんでした。
ヤンキース・田中将大 6回2失点投球で黒星もNY紙は高く評価 - ライブドアニュース
2017年10月14日 16時30分

ヤンキースの田中将大は13日(日本時間14日)、敵地ヒューストンでのア・リーグ優勝決定シリーズの第1戦に先発し、強打のアスロトズ打線を6回4安打2失点に抑える好投を見せた。しかし、敵のエース、カイケルが7回4安打無失点10奪三振と、田中を上回る快投をして1-2のスコアで、マー君に黒星がついた。

メジャーリーグ公式ホームページは「田中は良い投球をしたが、ヤンキースは抑えられた」という見出しで報じた。 「タナカは負けたが、右腕はいいピッチングをした。アストロズを4回に入るまで無安打に抑え、6イニングを2失点に抑えた」と、敗戦投手となったが、2失点ピッチングを高く評価した。 (以下省略)
20171014-000083

アストロズは4回一死の場面で、ホセ・アルトゥーベ(Jose Altuve)がチーム初安打となる単打を放ち、盗塁で二塁を陥れて得点圏に進塁すると、カルロス・コレア(Carlos Correa)の適時打で先制に成功。打者一人が倒れたあと、さらにユリエスキ・グリエル(Yuli Gurriel)の適時打で追加点を挙げた。アルトゥーベがこの日4打数3安打でチーム唯一の複数安打を記録したアストロズは、この回の得点だけで勝利を収めている。アストロズがア・リーグ優勝決定S先勝、カイケルがヤンキース打線から10奪三振 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News
 【続きを読む】 

ダルビッシュ、頭部死球直後に降板もPO勝利に貢献、ドジャースファンは投球内容を絶賛

ドジャースのダルビッシュ有投手が10月10日(日本時間)、ナ・リーグ地区シリーズ第3戦のダイヤモンドバックス戦に先発し、5回0/3を2安打1失点、7奪三振で勝利投手となりドジャースは3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。
ダルビッシュ、死球を与えて降板も白星飾り進出 - MLB : 日刊スポーツ
序盤から好調で、4回には3者三振と圧巻の投球を見せた。5回に7番デスコールソにソロ本塁打を許した。6回先頭打者のウォーカーに対し、相手のヘルメットのつばの部分にボールが当たる死球。ダルビッシュは降板した。
ダルビッシュ

死球で残念なことになってしまいましたがソロホームランと死球以外はほぼ完璧な内容でした。
ドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

海外「前田健太はクローザーでも」プレーオフの好投にドジャースファンは「キングケンタ」と絶賛

ドジャースの前田健太投手が10月9日(日本時間10日)、敵地で行われたダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦で8回から登板し、3者凡退2奪三振と完ぺきに抑えてチームの勝利に貢献しました。先発したダルビッシュが勝ち投手となりドジャースは3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めました。
前田健太が敵地で救援登板、12球で3者凡退に抑える スポーツ報知
2点リードの8回からマウンドへ。先頭のポラックを空振り三振に抑え、デスコルソを三ゴロ。アイアネッタは151キロのフォーシームで空振り三振に仕留めた。12球で3者凡退に抑えた。
 前田はアウトを取る度に雄たけび。ベンチのカーショーも絶叫する気迫の投球だった。
前田健太

ドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。当初はダルビッシュとセットで記事を書こうと考えていたのですが、前田健太がダイヤモンドバックス戦の地区シリーズで好投するのは10月7日(日本時間8日)に続いて2戦連続ということもあり、想像以上にドジャースファンから賞賛するコメントが多く寄せられていたのでマエケン単独で記事にしました。
 【続きを読む】 

田中将大、地区シリーズ敗退危機を救う7回無失点の圧巻投球にインディアンスファンも絶賛

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
球のキレがどうこうよりも、気迫あふれるプレーに注目しているコメントが目立ちました。
10月9日 12時46分
大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が8日、アメリカンリーグのプレーオフ地区シリーズでインディアンズとの第3戦に先発し、7回を無失点に抑えてプレーオフ初勝利をあげました。
~中略~
先発のマウンドを託された田中投手は、立ち上がりから気迫のこもったピッチングで、好調のインディアンズ打線を3回までヒット1本に抑えました。4回は、ワンアウト三塁と初めてピンチを招きましたが、得意のスプリットで連続三振を奪い、得点を許しませんでした。田中投手は7回を投げ、打たれたヒットが3本、奪った三振が7つで、インディアンズを無失点に抑えました。

ヤンキースは7回にソロホームランで先制し、抑えのチャップマン投手などリリーフ陣も好投してインディアンズに1対0で勝ち、プレーオフ地区シリーズの対戦成績を1勝2敗としました。
ヤンキース田中 プレーオフ初勝利 7回無失点 | NHKニュース
田中将大インディアンス


 【続きを読む】 

【韓国の反応】大谷翔平が「4番・投手」で圧巻の完封、日本ハム最後の登板を飾る

後述で韓国人ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。韓国の反応となると嫌がる人もいると思いますが、アメリカ人の反応からまとめようとしても、この試合について語っているコメントが乏しく米国ベースで記事にするのは困難だったのでご理解ください。
2017年10月4日 20時34分 スポニチアネックス
◇パ・リーグ 日本ハム3―0オリックス(2017年10月4日 札幌ドーム)

 日本ハムの大谷翔平投手(23)が4日、札幌ドームで行われた本拠地最終戦のオリックス戦に「4番・投手」で先発し、2安打、10奪三振で今季初完投初完封となる3勝目(2敗)を挙げた。打っても4回に中前打を放ち、先制のホームを踏んで投打で活躍。これが今季ラスト登板となることが濃厚で、今オフにポスティングシステムで大リーグ移籍の意思を固めている右腕にとって、日本のファンに別れを告げる“さよなら登板”となった。
大谷翔平が日本ラスト登板で完封勝利 66年ぶり「4番・投手」で活躍 - ライブドアニュース
大谷翔平

パ・リーグTV公式ハイライト映像
 【続きを読む】 

たった1試合で全9ポジションを守ったMLB選手アンドリュー・ロマインが話題に

デトロイト・タイガースのユーティリティプレーヤー、アンドリュー・ロマイン選手が9月30日敵地のツインズ戦で、1試合のみで投手捕手を含めた9つのポジション全てを守る偉業を達成しました。
メジャー8年目のロマインは登録は遊撃手ですが、昨年もシーズン通して捕手以外の全ポジションで試合に出場しており、実際にほぼ全ポジションを守れるユーティリティープレイヤーです。

後述で、海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
当然、1試合で全ポジションなら史上初か、と思ったらメジャーリーグでは史上5人目だそうです。さすがメジャー。


 【続きを読む】 

ヤンキース田中将大、自己最多15奪三振で13勝目 MLBファンから大絶賛

[29日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は29日、各地で試合を行い、ヤンキースの田中将大投手は、地元でのブルージェイズ戦に先発登板。7回を3安打、無四球、メジャー自己最多の15三振、無失点の好投で今季13勝目(12敗)を挙げた。ヤンキースは4─0で勝った。
MLB=ヤンキース田中、自己最多15三振で13勝目 (ロイター) - Yahoo!ニュース
20170930-000063


MLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。

以下、海外の反応

今日が代表的な田中だ。彼が力を発揮すれば野球史上最高の投手の一人になる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中が最後に輝いたって? なんてこったい。7回投げて15奪三振無四球、被安打3。今シーズン、あの男の調子はどれが本当なんだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中は半分が優秀で半分がひどかった。中くらいはなかった。田中の記録(13-12)は本当に今シーズンの合計だった. でも最後はなんてすばらしい登板なんだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

田中の特別な日がやってきた。今、私はとても素晴らしい気分だ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マサヒローーー
自己最高記録だね。15奪三振、一つ一つ数えよう!
 【続きを読む】 

ダルビッシュ7回1失点の好投で10勝目、ドジャースファンからプレーオフへの期待が高まる

後述でドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
<ドジャース9-3パドレス>◇25日(日本時間26日)◇ドジャースタジアム
[2017年9月26日14時55分]
 ドジャース・ダルビッシュ有投手(31)がパドレス戦に先発し、10勝目を挙げた。3季ぶりの2桁勝利とレンジャーズから移籍後初の本拠地勝利を飾った。 7回91球を投げて2安打1失点1死球、9三振を奪う圧巻の投球だった。立ち上がりから好調で、5回1死まで完ぺきな投球。死球で初の走者を許すと、6番レンフローに中越え二塁打を打たれ1失点した。しかしその後も、危なげない投球を見せた。

 ドジャースは1回裏、5番フォーサイスの満塁一掃の左中間二塁打で3点を先制するなど、ダルビッッシュを序盤から援護した。8回から前田健太投手が継投。1回を2安打1死球、味方の失策もあり2点を失った。
ダルビッシュ10勝&本拠地初勝利、マエケン継投 - MLB : 日刊スポーツ
20170926-000057


以下、ドジャースファン。マエケンについても最後のコメントで取り上げました。記事中の「味方の失策もあり2点を失った」についてわかると思うのでご覧ください。

ダルビッシュは前回の試合とは違って、初球でストライクを多くとれてうれしいよ。この調子を維持してくれ、ユー!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

15イニング連続無失点は見事だ、ダルビッシュ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ユーは直近の2試合も含めてとてもよかった。この調子が続くといいね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ダルビッシュを信じていない私の父は、このゲームを奇跡と呼んでいる。

↑ よほど石頭で頑固なお父さんだね。
 【続きを読む】