海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ

日本・日本人への評価

日本の小学生ミニバスケで起きた奇跡の逆転劇に海外も感動「NBAより面白い」「黒子のバスケ」

今回は、2015年夏に行われた福岡市のミニバスケットボール大会決勝戦の映像と、それを見た海外の反応を紹介します。
先に映像全体を見たほうが楽しめると思うので、冒頭で詳細な解説は控えます。
最後のシーンも圧巻ですが、その場面になるまでにも素晴らしいプレーばかりなので2分少々の映像を先にご覧ください。
福岡市ミニバスケットボール夏季交歓大会決勝 平成27年7月26日 百道シューティングスターズ(白)vs和白東(黒) 同点、延長、逆転からブザービーター!
Buzzer Beater【ミニバスのブザービーター】福岡市ミニバスケットボール夏季交歓大会決勝 百道SSvs和白東 - YouTube
 【続きを読む】 

平昌五輪フィギュア代表の坂本花織に期待する声が海外から続出「シンデレラストーリー」「銅メダルを」

平昌オリンピック女子フィギュアスケート日本代表の二人目に坂本花織が選ばれました。

坂本花織に対する海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。競技力だけでなく彼女の面白くて明るい性格に注目しているコメントも目立ちました。
 【続きを読む】 

海外「良い考えだ」 護衛艦いずもをF-35B戦闘機が発着できる空母に改修を検討【海外の反応】

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
[東京 26日 ロイター] - 2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、政府は「いずも」型護衛艦を戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入った。垂直に離着陸できる米海兵隊の「F35B」戦闘機の運用を想定するとともに、航空自衛隊が同型機を導入することも視野に入れている。

事情に詳しい複数の政府関係者が明らかにした。有事の際に日本国内の滑走路が長距離ミサイルなどで破壊され、戦闘機が使用できなくなることに備えるほか、中国が活動を強める南西諸島周辺の守りを強化する。

いずもは15年に就役した全長248メートルの海上自衛隊最大の護衛艦。空母のような広い甲板を備え、同時に9機のヘリコプターを運用できる。対潜水艦戦が主要な役割で、今年3月には2番艦の「かが」が就役した。

複数の政府関係者によると、いずもはもともとF35Bの運用を前提に設計され、格納庫と甲板をつなぐエレベーターは同機を乗せることが可能。改修では短距離滑走で離陸できるよう船首にジャンプ台を増設したり、垂直離着陸時に出る熱に耐えられるよう、甲板の耐熱性を高めること、管制機能を強化することなどを検討している。(以下省略)「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者
 【続きを読む】 

【韓国の反応】元ブラジル代表ジョーが名古屋にJ史上最高額で移籍か「日本は格が違う」と韓国人ため息

(韓国メディア「sportalkorea」の記事ブラジルのストライカージョー、141億(ウォン)の名古屋移籍... 26日メディカルテスト予定から引用翻訳)
ブラジル代表ジョー名古屋
2017.12.23
元ブラジル代表のストライカー組(30、コリンチャンス)が日本Jリーグへの移籍を控えている。

22日、ブラジルメディア「グローボ」によると、コリンチャンスは名古屋グランパスへのジョー移籍の提案を受け入れた。名古屋は移籍金で1,100万ユーロ(約141億ウォン=※約14億8千万円)を支給する予定である。名古屋は26日にメディカルテストを実施する。事実上移籍が終わった。

昨年J2リーグに降格された名古屋は、1年ぶりに戻ってJ1リーグに昇格した。名古屋は来年に失墜した名誉を回復するという覚悟だ。ジョーを介してそれを成し遂げようとしていると思われる。

ブラジル代表として国際Aマッチ20試合に出場し、5ゴールを決めた攻撃的選手だ。2014年ブラジルのワールドカップにも出場した。

彼は191cmの長身で、ブラジルとヨーロッパの名門チームを歴任した。コリンチャンスでデビューしCSKAモスクワ、マンチェスター・シティ、エバートン、ガラタサライ、インテル・ナシオナル などで活躍した。

また、アジアサッカーも経験している。2015年の夏からUAEアル・シャバブでプレーしていた。2016年には、中国の江蘇蘇寧で活躍した。そして、彼は昨年11月に彼のデビューチームのコリンチャンスに帰った。

ジョーは、高い身長で出てくる強力な空中プレイと破壊力のある得点力が一品である。近年不振を見せたが、今年コリンチャンスでリーグ34試合18ゴールを記録して昔の姿を回復した。
このニュースについて韓国人ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。
 【続きを読む】 

紀平梨花 全日本選手権フリーで2度のトリプルアクセルに成功、海外も「浅田真央の後継者」と大絶賛

次代のエース・紀平3位 真央以来の快挙!トリプルアクセル2本成功 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
12/24(日) 6:04配信
「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
 年齢制限で五輪に出られない15歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度決め、208・03点で3位と健闘した。SPでも1度成功させており、合わせて3度はギネス認定されている10年バンクーバー五輪の浅田真央以来の快挙となった。
紀平梨花、トリプルアクセル×2成功 五輪は年齢制限:朝日新聞デジタル
SP5位の紀平はフリーの冒頭で、今月上旬のジュニアグランプリファイナルで国際スケート連盟(ISU)公認大会で女子史上初めて決めたトリプルアクセル―3回転トーループの2連続ジャンプを成功。出来栄えで1・71点の加点(速報値)を得る美しいジャンプだった。続く単発のトリプルアクセルも成功させ、出来栄えで1・86点の加点を得た。演技を終えると、笑顔がはじけた。

 女子でSPとフリーで合計3回のトリプルアクセルを決めたのは、2010年バンクーバー五輪で浅田真央さんが決めた例がある。紀平は「大きな快挙。うれしい」と振り返った。

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。ジャンプへの称賛はもちろんのこと、141.29点(技術点79.53点、演技構成点61.76点)の技術点の高さにも注目されていました。海外では知名度がそれほどではなかったため尚更話題になっていたようです。
 【続きを読む】 

海外「なんてレベルの高さだ」フィギュア全日本選手権女子SPの激戦に海外から称賛の声

フィギュアスケート全日本選手権女子シングルのショートプログラムが12月21日に行われ、坂本花織が首位、大会3連覇中の宮原知子が2位、本郷理華が3位に入りました。上位が期待された本田真凜は6位、三原舞依は7位と出遅れました。
海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。日本のフィギュアスケート女子の層の厚さを絶賛するコメントが多く寄せられていました。順位はSP3位だったものの本郷理華の演技に一番感動したというコメントも目立っていました。
 【続きを読む】 

日本の猫カフェの高画質映像を見た海外の反応

今回は、クレーンゲームのアメリカ人カップルとして有名なYouTubeチャンネル「The Crane Couple 」さんが、日本の猫カフェ「きゃりこ新宿店」を紹介した時の海外の反応です。映像的にも4Kの高画質で毛並みが手に取るように分かる感じがするなど、猫カフェの魅力がよく分かる映像だと思います。

So many cats! Cat Cafe Calico and UFO catchers in Japan - YouTube

■主な流れ
開始~ 各猫ちゃんの紹介、接写映像多数
1:40頃~ アルバムを通して猫の紹介
3:40頃~ オヤツをあげて猫がたくさん寄ってくる
7分頃~ クレーンゲームの紹介
 【続きを読む】 

大谷翔平に右ひじ靭帯損傷疑惑が報じられる【MLBファンの反応】

後述でMLBファンのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
2017年12月14日6時0分 スポーツ報知
大谷翔平投手(23)について、米ヤフースポーツが衝撃的なニュースを報じた。「右肘の内側側副じん帯を損傷していた」というのだ。10月に自身から採取した血小板を使って修復を図る「PRP注射」による治療を受け、症状は最も軽度とした。

 前日に、米スポーツ・イラストレイテッド誌(電子版)が、10月にPRP注射を受けたと報じていた。代理人のバレロ氏は、交渉中に各球団に予防的な措置として、この治療を受けたと説明していた。ただ、エ軍のエプラーGMは「翔平は精密な身体検査を受けている。深刻な外傷は見つかっていない」と強調。地元メディアに対しても「MRIでは(じん帯損傷の)兆候はない」と話している。
(引用元 大谷、右肘じん帯損傷していた? 米で衝撃報道 エ軍GMは「MRIで兆候ない」 : スポーツ報知
大谷翔平選手(23)の診断結果が報道機関に漏れて記事化されたことを受け、大リーグ機構が球団関係者の調査に乗り出すと14日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。大谷とは計7球団が交渉。交渉の過程で各球団に診断結果が提示されていたという。
(引用元 【MLB】大谷翔平報道で大リーグ機構調査へ 右肘診断結果の情報漏えい - 産経ニュース
 【続きを読む】 

昌子が中国戦でスーパーゴール 韓国人も「東アジアカップ最高」「イーグルショット」と絶賛【サッカー日本代表】

12月12日に行われた東アジアE-1サッカー選手権の日本vs中国戦で、日本は小林悠と昌子源がゴールを決めて2-1で勝ちました。その中でも2点めの昌子のスーパーゴールが話題になっていました。後述で韓国人ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。

 【続きを読む】 

【韓国の反応】小平奈緒1000mで世界新記録、個人種目では日本女子初の快挙

12月10日に行われたスピードスケートのワールドカップ女子1000メートルで、小平奈緒選手が世界新記録を樹立して優勝しました。スピードスケートのオリンピック個人単種目で日本の女子選手が世界新記録をマークしたのは初めての快挙とのことです。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集