海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
管理者へメッセージ

日本・日本人への評価

「46年逃亡した日本人」 大坂正明容疑者の逮捕に海外驚き

1971年の渋谷暴動事件で殺人など5つの容疑で警視庁に指名手配されていた左翼過激派「中核派」の活動家・大坂正明容疑者(67)とみられる別件逮捕の男が大阪府警のDNA検査で本人と特定され、7日に警視庁に殺人などの疑いで再逮捕された。(以下省略) 大坂正明容疑者をかくまってきた左翼過激派「中核派」の実態 - ライブドアニュース


このニュースについて、海外ユーザーのコメントをまとめてみました。事件の正確性について把握できていない人もいたようですが、それでも46年という時間の長さと日本の捜査機関の執念深さに驚きの声が寄せられていました。日本在住の外国人も自身の体験談を交えて伝えていました。
 【続きを読む】 

錦織圭がベルダスコに逆転勝ちし全仏オープン8強、錦織の好転ぶりに海外驚き

6月5日、テニス全仏オープン男子シングルス4回戦で、錦織圭が世界ランキング37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦し、第1セットを0-6で落としたものの、第2セット、第3セットを6-4で奪い返し。第4セットは6-0と完全に抑え込んで、セットカウント3-1でベスト8進出を決めました。
第1セットの映像を見ていた人はわかると思いますが、錦織の立ち上がりが、故障の影響なのか調子がかなり悪かったように見えたため、ネット上では見るのをやめてしまった人が続出して、試合後になって「しまった、第1セットでテレビを消してしまった」とSNS上で後悔している声が多くみられました。

海外でも同様の驚きだったようです。一部のコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

メッタ打ちの田中将大に打開策は?米国メディアの分析も含めたMLBファンの反応

ご存知の通り、マー君ことヤンキース田中将大が崖っぷちに立たされています。報道でも、ヤンキースファンから「日本に帰れ」「ゴミ」といったコメントが殺到し、マー君のインスタグラムが炎上したとか、そういった報道があふれています。今回は、そういった声を集めても意味が薄いかなと思ったので、メディアのライターのコラムなどを含めて、比較的冷静なコメントを中心に翻訳してまとめてみたのでご覧ください。(それでも厳しい声がほとんどではありますが。)

 【続きを読む】 

【韓国の反応+検証映像】「浦和レッズ槙野が済州を挑発」ACL乱闘騒動で誤情報が韓国で拡散

5月31日に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント第2戦で、ホームの浦和レッズが済州ユナイテッドを延長戦での劇的なゴールで3-0(合計3-2)で勝ち、終了直後に済州の選手らが浦和側に殴りかかる乱闘騒ぎが起きました。

済州ユナイテッドの公式サイトでは非を認めて謝罪文を掲載しているものの、複数の主要韓国メディアが「乱闘の原因を作ったのは浦和の選手が挑発したから」といった論調があります。一例として、朝鮮日報には以下のように報道されています。
済州の選手たちがこのように興奮したのには理由があった。試合終了後、槙野は済州ベンチに向かって指3本を立てて見せ、歓喜の声を上げていたことが分かった。「3-0でおれたちが勝った」という意味の挑発だった。サッカー:「刺激した側にも責任」 済州ベンチを挑発した浦和・槙野に批判の声-Chosun online 朝鮮日報
 【続きを読む】 

宮里藍が引退、全米など海外から引退を惜しむ声が殺到

宮里藍の早すぎる引退に米国メディアからも「海外挑戦の先駆者」と惜しむ声 | THE PAGE(ザ・ページ)女子ゴルフの宮里藍(31 )が29日、都内のホテルで記者会見を開き、引退を発表した。2006年からは米ツアーに本格参戦し、岡本綾子の17勝に次ぐ9勝を挙げ、2010年には世界ランキング1位に立った。念願だったメジャー制覇は成し遂げられなかったが、米メディアも一斉に宮里の引退を報じた。

このニュースについて、フェイスブックに寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。メジャー制覇は無いとはいえ、米ツアーで9勝、元世界1位という実績は、アメリカ人にとっては印象に残っていた選手のようで、コメントがたくさん寄せられていました。彼女のゆったりとしたスイングについても多くの人が触れていました。
 【続きを読む】 

ロマゴンと井上尚弥が戦ったらどうなるか中南米ユーザーが予想、ニカラグア人までも井上に軍配

WBO世界スーパーフライ級王者、井上尚弥の次の対戦相手が決まりそうです。残念ながら、次戦ではローマン・ゴンサレスとは対戦しないことがほぼ確定していますが、逆に対戦を望んでいたスペイン語圏ユーザーの間で、5月下旬からロマゴンvs井上尚弥の対戦予想で盛り上がっていました。

フェイスブックに寄せられたスペイン語のコメントの一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。結論を先に言うと、ローマン・ゴンザレスの母国ニカラグア人でさえも、「チョコラティート(ローマンゴンサレスの愛称)が勝つ」と予想した人は見つかりませんでした。井上の強さの前では白旗状態だったようです。
 【続きを読む】 

大谷翔平はメジャーリーグで活躍できるのか、MLBファンから様々な声

肉離れでリハビリ中の大谷翔平選手が、徐々に本格的な練習を開始しています。
この時期なら、悲観的でもなく楽観的でもない、大谷に関する海外ユーザーの反応が拾えるのではないかと考えて情報を探してみました。

5月23日付でメジャーリーグ関連サイトの「MLB Trade Rumors」に大谷に関するスカウティングレポートの記事が配信され、それに合わせて熱心なメジャーリーグファンがコメントを多く寄せていました。様々な視点のコメントが多かったので一部を翻訳してまとめてみました。思った以上に打者としても期待されているコメントも目立ちました。

 【続きを読む】 

日本人美女3人が歴代アニメ曲を表現する動画が海外で大受け 「恋に落ちた」「最も美しい」の声も

車内に座った日本人美女3人組が新旧の歴代人気アニメ曲をコスプレやメイクを変えながら表現する「Mime Through Time」が大人気です。
yukari3jpg
メキシコなどスペイン語圏での口コミや、台湾での新聞報道(​蘋果日報)などで世界中に広まり、再生回数はYouTubeの公式動画で100万回超、フェイスブックなどへの転載動画を含めると再生回数200万~300万回の人気動画になっています。
「Mime Through Time」とは、オーストラリアの美女3人組の人気ユーチューバー「SketchShe」が2015年に発表して再生回数4000万回の大ヒットになった動画の名称で、世界中で同じようなパフォーマンスをするカバー動画が大流行して、一つのジャンルとして確立したものです。

コメント欄には、各々が思い出の曲を語ったり、美しい3人のコスプレを称賛する声が多く寄せられていました。動画と、海外ユーザーのコメントを一部翻訳して紹介します。

Mime Through Time (Japanese Anime Ver.) SketchShe Cover
■曲目、再生位置
開始~ キン肉マン
20秒~ うる星やつら ラムのラブソング
37秒~ Dr.スランプ アラレちゃん
47秒~ ドラゴンボール
1分13秒~ セーラームーン
1分30秒~ エヴァンゲリオン
1分46秒~ Go!プリンセスプリキュア
2分06秒~ 進撃の巨人
2分20秒~ キューティーハニー
2分42秒~ ワンピース
2分55秒~ 初音ミク 『Tell Your World』
3分12秒~ となりのトトロ
 【続きを読む】 

鼻骨骨折した阪神鳥谷が代打で出場し連続試合出場継続「吉川の選手生命も救った」と台湾人らが称賛

甲子園大歓声 阪神・鳥谷 不屈!鼻骨骨折も代打で連続試合出場継続― スポニチ Sponichi Annex 野球24日の巨人戦(甲子園)で頭部に死球を受けて鼻骨を骨折した阪神・鳥谷敬内野手(35)が25日、巨人戦の6回に代打で途中出場した。フェースガード着用で登場し、三ゴロだったものの、プロ野球史上歴代単独2位の連続試合出場を1795に伸ばした。

【巨人】危険球退場の吉川光、直接謝罪 鳥谷「気にしなくていいよ」に「申し訳ないです」 : スポーツ報知巨人の吉川光夫投手(29)が25日、前日24日の阪神戦(甲子園)で顔面付近への死球を与えた鳥谷敬内野手(36)に直接謝罪した。 ~中略~ 吉川光は「気にしなくていいよ、と言われてホッとしました。あの顔を見ると、本当に申し訳ないなと。グラウンドに元気な姿で出てこられたので安心した部分はあります。~以下省略

このニュースについて、海外ユーザーのコメントの一部をまとめたのでご覧ください。日本のプロ野球に関心の高い台湾人のコメントが中心ですが、中国語の翻訳スキルの都合上、確実な翻訳精度と思えるコメントだけを紹介しているので分量は少なめです。予めご了承ください。

以下、海外の反応、最初の二つだけが英語ツイートで、それ以下は台湾メディアと、台湾人と思われるコメントの翻訳です。
 【続きを読む】 

12歳の日本人少女が総合格闘技で24歳相手に一本勝ち、海外から大反響

5月20日に行われた日本の女子総合格闘技「DEEP JEWELS」で、12歳の「モモ」(リングネーム)が、アマチュアルールで24歳の山崎桃子に勝利しました。試合内容としては1R終了間際にスリーパーで失神させるというもので、かなりインパクトがあったようです。倒した相手の山崎桃子は、前田日明が主宰するアウトサイダーの女子選手で、アウトサイダーの戦績は2勝3敗でした。【DEEP JEWELS】驚異の12歳・天才格闘少女が現れる、年上に一本勝ち (イーファイト) - Yahoo!ニュース
 【続きを読む】 



他サイトピックアップ


 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集