海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめる、いわゆる「海外反応ブログ」です。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日本・日本人への評価

ラグビー日本代表、トンガをノートライに抑えて完勝【海外の反応】

後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
ラグビー日本代表 テストマッチでトンガに6年ぶり勝利 | NHKニュース
11月19日 4時35分
ラグビー日本代表は、18日、フランスで行われたテストマッチでトンガと対戦し、39対6で快勝しました。
世界ランキング11位の日本は、再来年のワールドカップ日本大会に向けた強化のためヨーロッパに遠征し、18日、フランスのトゥールーズで行われたテストマッチでランキング14位のトンガと対戦しました。

日本は、序盤からテンポのいい攻撃で押し上げ、前半3分にレメキ・ロマノラヴァ選手のトライで先制しました。
さらに29分には、ラインアウトからのモール攻撃で流れをつかみ、トンガ出身のアマナキ・レレイ・マフィ選手、32分にはキャプテンのリーチマイケル選手がトライを奪い前半を27対6とリードし折り返しました。
日本は、後半もパワーで押し込んでくるトンガの攻撃をしのぎ、19分にはレメキ選手が、この試合自身2つ目のトライをあげてリードを広げました。
日本は、前後半合わせて5つのトライを奪い逆にトンガには、1つのトライも許さず39対6で快勝しました。

日本がトンガに勝ったのは、2011年の対戦以来、6年ぶりでトンガとの対戦成績は、8勝9敗となりました。
日本は、このあと25日に世界8位のフランスとテストマッチを行います。
20171120-000101

(※参考ツイート、出場選手)
 【続きを読む】 

【海外の反応】宇野昌磨、不調ながらフランス杯をフリー1位 総合2位でGFファイナル進出

宇野昌磨、絶不調でも「逃げるの嫌」攻めてフリー1位…3季連続ファイナル決めた : スポーツ報知
2017年11月20日7時0分
◆フィギュアスケート GPシリーズ第5戦・フランス杯 最終日(18日、グルノーブル)

 【グルノーブル(フランス)18日=高木恵】男子は昨季世界選手権2位でショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が合計273・32点で2位に入り、シリーズ上位6人で争うファイナル(12月7~9日・名古屋)に3シーズン連続で進出した。フリーは179・40点で1位だったが、前世界王者のスペインのハビエル・フェルナンデス(26)の283・71点に及ばなかった。(以下省略)


海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

井上尚弥V7戦の相手がヨアン・ボワイヨに決定、海外ファンは「さっさと片付けて米国へ」と期待

2017年11月17日6時0分 スポーツ報知
◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 井上尚弥―ヨアン・ボワイヨ(12月30日、神奈川・横浜文化体育館)

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥が、圧勝で2度目の米国進出を狙う。
 都内で16日、同級7位ヨアン・ボワイヨと12月30日に7度目の防衛戦を行うと発表した。井上尚はV7戦をクリアし、来年2月24日(日本時間25日)に米国で計画される同階級の興行出場にも意欲。同興行で他団体王者との統一戦が実現した場合、バンタム級に上げ3階級制覇を目指す考えを示した。今回はWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗のV2戦も行われ、ダブル世界戦となる。
20171118-000099
井上尚弥、12・30にV7戦 わずか57日でアンカハスと2・25統一戦熱望 : スポーツ報知

WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋、14戦全勝12KO)が同級7位ヨアン・ボワイヨ(29=フランス、46戦41勝26KO4敗1無効試合)を相手に7度目の防衛戦、WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(25=BMB、11戦全勝5KO)が同級8位ヒルベルト・ペドロサ(25=パナマ、23戦18勝8KO3敗2分け)を相手に2度目の防衛戦を行う。

 井上尚に挑戦するボワイヨは元フランス・バンタム級王者で右ボクサータイプ。現在30連勝中で世界初挑戦となる。
井上尚弥、拳四朗 12・30ダブル世界戦!尚弥相手は30連勝中のボワイヨ― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応(コメント翻訳元 facebookboxingscenereddit、)

ボワイヨって誰?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

次の対戦相手がどんなのかがさっぱりわからない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ヨアン・ボワイヨなんて全然知らない。井上にとってステップアップになるのか。

↑ いや、ならないでしょう。井上にとっては次の防衛戦まで間がなかったし、他の有力なのは全て試合が決まっていて無理だった。

 ↑ わかった。2018年に井上がスーパーフライ級トップとやりあうのを期待している。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

井上はまだWBOの平凡な相手と戦っているのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ボワイヨは平凡というわけではない。まだKO負けはないし(元2階級世界王者の)カール・フランプトンがプロ3戦目で彼と対戦しているがKOできていない。
 【続きを読む】 

20秒早く発車して謝罪した日本の鉄道にインド人も驚き、日本を称賛しつつ自国への不満・皮肉も炸裂

日本の鉄道会社が20秒早い発車を謝罪 欧米メディアが関心 | NHKニュース
11月17日 15時49分
日本の鉄道会社が定刻より20秒早く列車を発車させたとホームページで謝罪したことに、欧米の主要メディアは正確さや謝罪を重んじる日本社会を象徴するものとして関心を示しています。

今月14日、千葉県にあるつくばエクスプレスの南流山駅で下り列車が定刻より20秒早く出発したと会社がホームページで発表しました。

利用客からの苦情はなかったということですが、発車したのは発車メロディーが流れる前で、乗務員が時刻を十分に確認しなかったのが原因だったとして「深くおわび申し上げます」と謝罪しています。

これをアメリカやイギリスのメディアは16日、正確さや謝罪を重んじる日本社会を象徴するものとして伝え、このうちイギリスの公共放送、BBCは「イギリスでは目にすることができない」というソーシャルメディアの反応を取り上げながら、日本の鉄道は世界で最も信頼できると称賛しました。(以下省略)


海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。当初は世界全般で考えていたのですが、インド人のコメントに凄いものが多く、今回インド人の反応に絞ってみました。
 【続きを読む】 

千葉県の絶景スポット「濃溝の滝・亀岩の洞窟」の画像・4K映像に海外も驚嘆「天国の一部」「魔法」

今回は千葉県君津市にある「亀岩の洞窟(濃溝の滝)」を見た海外の反応を紹介します。日本では、2015年9月頃から、洞窟の穴の内部に差し込む光が水面に反射する風景が幻想的だとSNS上で拡散されて評判になりました。海外では観光地としての知名度はあまりないようですが、それでも写真や映像を見た海外ユーザーからは例外なく驚嘆しているコメントが寄せられていました。

20729193_1479330002103816_4016991664313527927_n
via facebook.com/AndreeaPetcuvideocreations/
 【続きを読む】 

ピコ太郎、トランプ、安倍総理のFB笑顔写真に海外感動「完璧なディナー」「トランプに見えない」

trump-piko-taro
ドナルド・トランプ米国大統領は、月曜日(11月6日)、YouTubeで世間を沸かせているピコ太郎と写真撮影して満面の笑みを浮かべた。
昨年、「ペン・パイナップル・アップル・ペン(PPAP)」で世間を沸かせたピコ太郎氏は、大統領との写真をFacebookに掲載して「トランプ大統領と安倍総理。光栄です! 」と言い添えた。

政府の報道によると、安倍首相がニューヨークでトランプと会談した時にも大統領はピコ太郎のビデオを楽しんだという。
トランプの孫娘アラベラも、日本のコメディアンの大ファンで、母親イヴァンカ・トランプは、昨年11月にInstagramで彼女がこの覚えやすい曲を歌っているビデオを掲載している。
Trump meets PPAP star Piko-Taro - Channel NewsAsiaより一部抜粋翻訳)

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

漫画キングダムへの海外の反応「病みつき」「日本以外でも認知を」

今回は、漫画・アニメで人気のキングダムに対する海外の反応です。
日本では言うまでもなく大人気作品ですが、海外ではアニメの英語版が出ているものの、単行本漫画などの英語版は販売されておらず、日本に比べると認知度は低いようですが、それでも根強いファンが多くいるのも確かなようです。
キングダム
アニメレビュー系の人気YouTubeチャンネルを運営するアメリカ人が、「キングダムは私にとってベスト5の漫画にのし上がった」と題したレビュー動画を公開したところ、多くのユーザーからコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

以下、海外の反応。ほぼ英語圏ユーザーのコメントなので日本人の好みとは違う部分があることに留意してください。

(コメント翻訳元youtube

この漫画は非常に病み付きになる。 私にとっては青年漫画ではナンバーワン。全ジャンルの漫画の中でもトップ3に入る。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ある友人が私にキングダムのことを教えてくれてアニメを見るようになりました。それからは、驚いたり楽しんだりすることの連続で、深夜2時まで毎晩夜更かしするようになりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

キングダムはもっと賞賛されるべきだ。私のためにも英語版をリリースしてほしい。
 【続きを読む】 

田中将大、オプトアウトせずヤンキース残留を発表、ファンからは概ね歓迎ながら一部に反発コメントも

ヤンキースの田中将大投手が11月3日(日本時間4日)、残り3年の契約を破棄してフリーエージェント(FA)になる「オプトアウト」の権利を行使せず、ヤンキースに残留することを発表しました。これで2020年までヤンキースでプレーすることが決定的になりました。

ヤンキースファンのコメントを中心に翻訳してまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

イチローがFAに、MLBファンが推す次の移籍先は?【海外の反応】

大リーグのマイアミ・マーリンズは、11月3日(日本時間4日)、球団側に選択権があるイチローとの2018年の契約を更新しないと発表し、イチローはフリーエージェント(FA)になりました。
今後はマーリンズを含む全球団と交渉が可能となるものの、事実上マーリンズとの再契約はないものと見られています。

MLBファンからは、イチローの業績を称えるとともに次の移籍先などについて様々なコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

イチロー

以下、海外の反応

チームに関係なく、誰もがイチローのファン👏👏👏です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2018年もどこかで彼のプレーする姿を見られることを願っています。#Ichiro #legend

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マーリンズの経営陣はファンを嫌っているのか。マーリンズは何十年も才能ある選手をリーグに放出し続けてきた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私たちマーリンズファンはは皆イチローを愛していますが、最終的には、これが正しい判断だと私は信じています。チームはまだ再建中であり、44歳がベンチ・プレーヤーとしてシーズンを過ごすというのはいいことではありません。つらい決断だが、私たちは間違いなくイチローを恋しく思うでしょう。
 【続きを読む】 

ヤマハのAIバイク「MOTOROiD(モトロイド)」が海外でも高評価「なんの魔術だ」「また日本を好きに」

今回は、東京モーターショーでも公開されて話題になっている「MOTOROiD(モトロイド)」に注目してみました。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
モトロイド

無人で走る・倒れない・呼んだら来るバイク ヤマハ試作:朝日新聞デジタル
車体の傾きを数千分の1秒単位で自ら感知し、後輪からハンドルにかけて一直線に伸びる軸をねじってバランスを取り、前後二つの車輪だけで自立することができる。横から軽く押しても倒れることはない。人工知能(AI)と二つのカメラの搭載によって、呼びかけると近づいてくる機能も備える。
【東京モーターショー2017】ペットのようにバイクが自分のもとへ…人工知能搭載ヤマハ モトロイド | レスポンス(Response.jp)
人工知能AIによる顔認識機能によってオーナーを検知すると、自ら2輪で自立しスタンバイの状態で待ち、手招きなどのジェスチャーを認識するとオーナーのすぐ近くまでやってくる。

ヤマハ発動機の代表取締役社長柳弘之氏は、モトロイドを呼び寄せるところを東京モーターショーのプレスカンファレンスでやって見せた。

2輪車が自身で倒れることなく静止し、前進するのはとても難しい。ヤマハは「AMCES(アムセス)」という独自の機構でこれを実現している。スイングアームの付け根で後輪がねじれるように動き、バランスを取って自立してしまう。

TOKYO MOTOR SHOW 2017 YAMAHA MOTOROiD - YouTube

MOTOROiD / The 45th Tokyo Motor Show 2017 - YouTube
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








相互リンクサイト