海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
記事検索
最新コメント
管理者へメッセージ

日本・日本人への評価

村田諒太が日本人初のミドル級初防衛(海外ボクシングファンの反応)

ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチが4月15日横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者の村田諒太が同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38歳、イタリア)に8回2分56秒TKOで勝利し、日本人初となるミドル級世界王座の防衛に成功しました。
ブランダムラは序盤から及び腰で、パンチも村田のガードに阻まれた。最後は右の強打で仕留められ「対策はしていたが、村田は世界チャンピオンになるべくしてなったとあのパンチで分かった」と完敗を認めた。イタリアではボクシングの人気は高くないという。 “対策”実らず…ブランダムラ 王者村田の凄さ「あのパンチで分かった」― スポニチ Sponichi Annex 格闘技
最激戦区のミドル級で日本人初の防衛成功を果たすと、リング上で次なる目標をぶち上げた。「戦いたい相手はゴロフキン。そこを目指してやりたい」。V2戦は米ラスベガスが濃厚。その後のターゲットに現役最強王者を見据えた。村田諒太、ミドル級日本人初の防衛成功 V3戦は東京ドームで現役最強王者ゴロフキン戦! : スポーツ報知
jpg large
via twitter.com/sponichi_hanbai

SNS等に寄せられた海外ボクシングファンのコメントを翻訳してまとめましたのでご覧ください。以前に比べると村田の実力については格段に評価するコメントが目立ちました。以下、海外の反応

村田には本当に歯が立たないと言わなければならない。村田は直線系のパンチ一辺倒のボクシングではなかったし、非常に的確で力強い。 イタリア



この日本人ボクサーは本当にとても強い。ブランダムラは心をこめて全力で戦ったが村田が最初から最後まで支配していた。 イタリア
 【続きを読む】 

海外「市民ランナーの誇りだ」川内優輝が日本勢31年ぶりとなるボストンマラソン優勝

川内優輝がボストン・マラソン優勝 日本人では瀬古利彦氏以来31年ぶり - ライブドアニュース
2018年4月17日 13時10分 時事通信社
【ボストン時事】第122回ボストン・マラソンは16日、ボストン郊外から市街地までの片道コースで行われ、男子は川内優輝(埼玉県庁)が2時間15分58秒で優勝した。
 日本選手の優勝は1987年の瀬古利彦以来31年ぶりで8人目、9度目。「ワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)」の大会を日本勢が制したのは初めて。
川内優輝ボストンマラソン レースは強い風雨の中で行われ、川内は昨年優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)を40キロすぎで抜いて勝った。キルイは2時間18分23秒で2位。
 女子はデジリー・リンデン(米国)が2時間39分54秒で優勝した。
 ボストンは国際陸連が定めたコース条件を満たしていないため、公認記録にならない

SNS等に寄せられた海外ユーザーの英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応(コメント引用元facebook1facebook2youtube1youtube2

優輝には大いにリスペクトしたい。他の選手の殆どが低体温症の徴候を示す中、彼だけはこの天候を克服していた。



アマチュアがメジャーのマラソンで勝った。本当に驚くべきことだ。

↑ 彼は公務員の仕事をして、出演料やスポンサー料ももらわず、遠征も自費でしていて、事実上のアマチュアです。



優輝! 優輝! あなたは私たち「市民ランナー」の誇りです。ボストンマラソン優勝おめでとう!



彼はとても幸せそうだ!彼の目が嬉し涙であふれている。日本に帰ってから再び祝福されるでしょう。なんて偉大な名誉なのだろう。優輝!君はこのタイトルを獲得したんだよ!おめでとう!
 【続きを読む】 

大谷翔平が初二塁打などマルチ安打で6連勝に貢献、打率は.367に(MLBファンの反応)

エンゼルスの大谷翔平が4月13日(日本時間14日)、敵地のロイヤルズ戦に「7番・DH」でスタメン出場し、メジャー初の二塁打を放つなどマルチ安打の活躍でチームの勝利に貢献しました。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。

■打席全球映像(4分6秒)
第1打席で2塁打、2安打目の第4打席は2分34秒から
これまで打者として先発した6試合は、すべて「8番」での出場だったが、初の「7番」で試合に臨んだ。すると期待に応えて第1打席で結果を出す。二回一死走者なしで回り、先発右腕ハメルの5球目をうまく捉えて左翼ライン際に落とした。技ありの一打は、メジャー初の二塁打。スタメン出場では7試合連続安打とした。
~中略~
 第4打席は1点リードを許した八回無死一塁で、4番手右腕グリムが投じた5球目。低めの変化球に上手く対応し、中前打を放った。その後、犠打と安打で大谷は三塁まで進み、キンズラーの中犠飛で勝ち越しのホームを踏んだ。
試合は5-4でエンゼルスが勝ち6連勝。大谷は4打数2安打で、打率・367とした。
【試合結果】エンゼルス・大谷、メジャー初の二塁打含む2安打!エンゼルスは6連勝 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

20180415-000232
via twitter.com/dragonsmatome
 【続きを読む】 

大谷翔平の走塁をMLBファンが絶賛「お手本」「オリンピック選手並み」

エンゼルスの大谷翔平がメジャー初の三塁打を打った際に走塁面でも注目されていたので改めてベースランニングを中心にまとめてみました。身体能力はもちろんのこと技術面も含めて多くの称賛コメントが寄せられていました。

ファンが現地で撮影したものをまとめた映像

大谷翔平走塁via sponichi_hanbai

SNS等に寄せられたMLBファンの英語コメントを翻訳してまとめました。以下、MLBファンの反応

大谷翔平のサードベースまでの到達タイム11.49秒は、今季メジャーで5番に速いタイム。普通はツーベースになるところをトリプルに変えた。



彼は途方もなく速いが、しかし速く動かしているようには見えない。凄く広いストライドだからそう見えるのだろう。

↑ 彼は一塁を回る時までははまだ全力を出していなかった。それでここまで速いのは一流のスピードだ。



彼はオリンピックの陸上400メートル選手並みのストライドを持っている。
 【続きを読む】 

大谷翔平が走者一掃の初三塁打、足でも魅せた3打点の活躍に海外は「ベースボールの神様」と大絶賛

大谷翔平3塁打

エンゼルスの大谷翔平投手が4月12日(日本時間13日)、敵地のロイヤルズ戦で8番指名打者でスタメン出場し、7回2死満塁の場面の第4打席で走者一掃のタイムリースリーベースを放ちチームの勝利に貢献しました。また第3打席では自身初となる申告敬遠四球で出塁しています。

映像


SNS等に寄せられた海外ユーザーの英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応

なんてことでしょう。大谷がまたやってくれた。



サンキュー、ベースボールの神様、大谷🙏🏼



大谷はあまりにも凄い。なんて選手なんだ。
 【続きを読む】 

アルミホイルから包丁をつくった日本人が海外で話題に

アルミホイル包丁
ありえない材料から包丁をつくってしまうことで有名な日本人YouTuberの圧倒的不審者の極みさんの映像をまたまた紹介します。ペラペラのアルミ箔から、切れ味のある包丁をつくってしまって世界中で話題になっています。後述で映像を見た海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。

20180410-000231

20180410-000230
 【続きを読む】 

大谷翔平、7回1死までパーフェクトあわや完全試合の圧巻投球(MLBファンの反応+動画)

大谷翔平パーフェクト

エンゼルスの大谷翔平投手が4月8日(日本時間9日)、本拠地のアスレチックス戦でメジャー2度目の先発マウンドに立ち、7回を投げて被安打1、毎回の12奪三振の無失点で2勝目をあげました。7回一死まではパーフェクトピッチングだったものの、続くマーカス・シミエンにレフト前ヒットを許して記録は途絶え、この回を投げ終えて降板しました。

MLB公式ハイライト映像(4分17秒)


今日の大谷の先発登板について、SNS等に寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。大絶賛に加えてショック状態に陥っているようなコメントも目立ちました。以下、MLBファンの反応

彼はMLBを降伏させた。



私なりに、大谷が現実的に達成できそうなあらゆるシナリオを考えてきたが、大谷はそれらの想定をも超えてしまっている。

↑ 投打を合わせると一週間を超えてずっと活躍している。もはや非現実的だ。



もう無神論者は信じない。神が存在することはわかったからだ。



MLB歴代の巨匠をも超えている。
 【続きを読む】 

【韓国の反応】Aロッド氏が大谷翔平を絶賛「MLBが高校野球のように見えてしまう」

(韓国メディアOSENの記事「「大谷、MLBを高校野球のように」A-ロッドも感心」から抜粋翻訳)

メジャーリーグの天才打者だったアレックス・ロドリゲスも驚いた。「二刀流」大谷翔平(24・LAエンゼルス)の活躍に絶賛を惜しまなかった。シーズン前のオープン戦時、大谷に向けたスカウトの「高校レベルの打者」という冷笑的な評価をなぞらえ「メジャーリーグを高校野球のように見えるようにする」というコメントで大谷の活躍を称えた。

過去2016年、ニューヨーク・ヤンキースを最後に引退した2000年代の最高打者出身のロドリゲスは5日(以下韓国時間)、米FOXスポーツの放送で「大谷は、このメジャーリーグを(人々が見ると)高校野球のように見えるようにしてしまっている。このレベルで打者として活躍すること、投手として圧倒的な力を持つことは、本当に難しい。これまで見たことがない」と絶賛した。

ただしロドリゲスは大谷の二刀流活躍がずっと続くかどうかについては、慎重に答えた。彼は「今はハネムーン期間である。本当に注目すべきは8月だ。その時、おそらく若干の肘の痛みが出るだろう。これにより、今まで以上に難しくなるだろう」と予想した。大谷の健康が鍵になることを予想したものである。
大谷翔平OSEN


OSENの記事を読んだ韓国人のコメントを翻訳してまとめました。以下、韓国人の反応

体格を見ていると大谷はAロッドそっくりな体つきだ。しかもシアトル時代の細いときのAロッドではなくテキサス時代のスタイルに似ている。



オープン戦「大谷は高校野球レベルの打撃である」
シーズン中「メジャーリーグの試合が高校野球のように見える」
 【続きを読む】 

大谷翔平3戦連発となる137m特大ホームラン(MLBファンの反応)

大谷3戦連発
【MLB】大谷翔平、3本塁打目は151キロ速球捉えセンターへ137M弾! 自身最速&最長(Full-Count) - Yahoo!ニュース 4/7(土) 12:20配信
エンゼルスの大谷翔平が6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦で「8番・DH」でスタメン出場し、圧巻の3試合連続本塁打を放った。6点を追う2回2死走者なしの第1打席で相手先発ゴセットが投じた3球目、94マイル(約151キロ)のツーシームをセンターへ運んだ。

 データ解析システム「スタット・キャスト」によると打球初速は112.4マイル(約181キロ)、飛距離は449フィート(約137メートル)。大谷がメジャーで放った本塁打で最速、最長となった。序盤から失点を重ねたエンゼルスにとってこれがチーム初安打。本拠地エンゼルスタジアムではファンも大興奮となった。

MLB公式映像

SNS等に寄せられたMLBファンの英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応

彼はなにか殻を破ったのだと思う。



あまりにも凄すぎてヤバイ😉😋😋😋😋



彼はビーストだ!遅かれ早かれ彼にもスランプは来る時期もあると確信しているが、彼はすでに揺るぎない地位を確立した!



100mphのファストボールを投げられて450フィート(約137m)のホームランを打てることを一人でやってしまう選手というのは、私の頭で想像した世界だけで存在していた。
 【続きを読む】 

救助中の女性に「土俵から降りて」を相撲協会が謝罪、海外から猛批判

救助女性
救命女性に「土俵降りて」、八角理事長「不適切な対応」と謝罪 - 産経WEST
日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は4日、京都府舞鶴市で行われた春巡業の土俵上で多々見良三舞鶴市長が倒れた際、救命処置を施した女性に土俵から下りるよう場内放送で促した件について「行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と協会を通じて談話を出した。場内放送は行司が担当している。

 救命処置に関わった複数の女性には「とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます」と謝意を示すとともに「市長のご無事を心よりお祈り申し上げます」とコメントした。

このニュースについてSNS等に寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。海外でも概ね上に引用した「女人禁制」の内容で伝わっていますが、一部の海外メディアでは「女性は「不浄」であり、女性が土俵に上がると汚されると考えられている。(例 シンガポールのチャンネル・ニュース・アジア)」のような説明を加えているところもあり、それを読んだ海外ユーザーからは尚更厳しい指摘がありました。
以下、海外の反応(コメント引用元facebook

馬鹿げた古臭い習慣だ。土俵の上で心臓発作を起こして倒れた男性の姿を想像してみてほしい。男性だけの医療関係者を呼ぶように主張するのだろうか。



この現代世界でも、まだこんなことが存在しているのか。 マカオ



あの男が死んでもいいとでも思っていたのだろうか。



昔住んでいた日本は今でもずっと好きです。これは現代社会では改めるべきですが、数少ない例外的な実例に過ぎません。 アメリカ
 【続きを読む】 



他サイトピックアップ


 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集