海外の反応


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

テクノロジー

海外「実現は無理」 交通渋滞に影響されない消防車やバスの未来映像が話題に

トルコのエンジニアリング企業「Dahir Insaat」が提唱した、ジャイロスコープの原理を利用した「ジャイロモノレール」の消防車や輸送車両の映像が斬新的だと話題になっています。
後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
現実的な面では期待外れかもしれませんが、未来のSF的な映像をサラッと見る感じなら楽しめると思います。Futuristic Gyroscopic Transportation By Dahir Insaat - YouTube
 【続きを読む】 

テレポートする台湾のマジックが話題に、世界中がスロー解析しても「トリックがわからない」

台湾人のマジシャン、ウィル・ツァイさんがアメリカの人気オーディション番組、アメリカズ・ゴット・タレントで披露したマジックが素晴らしいと話題になっています。

前半のマジックは、よくある普通のものですが、最後のほうのマジックが圧巻でした。隠していない状態で、いきなりコインがテレポートしたり、花びらに化けたりしていました。

映像、(時間のない方は再生位置2分20秒ごろからご覧ください。)


海外ユーザーがこぞってトリック破りに取り組んだものの広く支持されているものはなく、事実上トリック破りには成功していないと言っていいと思います。一部のコメントを翻訳したのでご覧ください。
 【続きを読む】 

日本製オムロンの卓球ロボットがギネス世界記録に認定

オムロンが開発した卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」が 「最初の卓球コーチロボット」としてギネス世界記録に認定されました。2013年に開発されたフォルフェウスは、その後何度か改良されて人工知能を搭載。人間側プレイヤーの特徴やボールの軌跡を学習し、上達に導くラリーを続けられるようになりました。最新版では1秒間に1000回もロボットの制御を行えるようになっています。開発者自身も、このロボットのおかげで卓球がうまくなったとのことです。



ギネスワールドレコーズの映像とフェイスブックページには多くの海外ユーザーからコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。ただし、日本の技術そのもので盛り上がったコメントは少なめです。予めご了承ください。
 【続きを読む】 

日本の「××ができるまで」を解説した映像「THE MAKING」が海外から大絶賛

科学技術振興機構が提供する科学技術の動画専門サイト「サイエンス チャンネル」で放送されている、製品の製造を紹介した「THE MAKING」。「××ができるまで」といったタイトルでご覧になった記憶のある方も多いのではないでしょうか。

その中で、ベアリングに使われる鋼球について解説した英語版の映像が、海外ユーザーから評判になっていたので紹介します。

製品そのものの工作精度などについても驚きの声が上がっていましたが、それ以上に、映像の作り方が丁寧で完璧だという声が多く寄せられていました。日本語版の映像もご覧ください。

身近なモノが、どの様な技術を使って作られていくのかを追います。今回は、鋼球ができるまで。自転車の車輪などがなめらかに回るのは、軸の部分にボールベアリングという部品が入っているから。そのボールベアリングの中に使われている鋼球は、限りなく真球に近い球である必要があります。大きさの誤差が0.1マイクロメートル以下という、高い精度をもった鋼球を生産する方法をご紹介します。 出演者名・所属機関名および協力機関名 大旺鋼球製造株式会社
THE MAKING(314)鋼球ができるまで - YouTube


英語版’(コメント引用元)
 【続きを読む】 

円型のエンドレス滑走路をオランダ技術者が提案、海外ユーザーの反応は?

空港の滑走路を円形にして、どの方向からでも離着陸可能にするという計画がオランダで発表されました。考案したのは、オランダ航空宇宙センターに勤務するヘンク・ヘッセリンク(Henk Hesse link )氏で、欧州連合の政策執行機関「欧州委員会」から研究プロジェクトへの資金提供を受けているという「お墨付き」もありBBCなどの主要メディアでも報道されています。

このニュースについて、ニュース映像と視聴した海外ユーザーの反応を紹介します。

ニュース映像の翻訳要旨は以下の通りです。
円形の滑走路の空港:オランダの研究者が将来の空港ための円形の滑走路を提案 - TomoNews - YouTube
・ヘッセリンク氏と5つの欧州機関が一緒に協力している「Endless Runway(エンドレス滑走路)」と呼ばれる研究プロジェクトを欧州委員会が資金援助している。
・円型滑走路の直径は3.5kmほどで滑走路にはバンクが付けられており、バンクの影響で飛行機は中心方向に向かうため緩いカーブの影響を受けにくい、また遠心力が働くので着陸機が自然に減速できる。
・横風が吹いていても、影響の少ない方向を選んで離着陸できて困難な操縦が減る。空中待機の時間も減り燃料も節約できる。
・アメリカ軍も、円形の滑走路を1960年代に実験したが、実現には至らなかった。


 【続きを読む】 

日本人が連日、ノーベル医学・生理学賞と物理学賞を受賞【韓国人の反応】

10月6日、2015年のノーベル物理学賞が発表され、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章さんが、カナダ・クイーンズ大学のアーサー・マクドナルド名誉教授とともに受賞しました。前日の生理学・医学賞では、大村智・北里大学特別栄誉教授が受賞しており、日本人が連日の受賞となりました。
梶田さんの受賞が決まった以降のタイミングで、SNSの韓国人ユーザーがどのようなコメントをしているかまとめてみました。一部はマスコミの文章を切り貼りしたものもありましたが、それでも冷静なコメントが多かったと思います。
 【続きを読む】 

【海外反応】カゴメが「ウェアラブル・トマト」 ロボットを開発、走りながらトマトを食べられる

トマタンカゴメと明和電機が走りながらトマトを食べられるロボットを開発しました。名前は「ウェアラブル(身に着けることができる)トマト」で、愛称は「トマタン」。2月22日の東京マラソンに向けた宣伝がなされ、2月19日にカゴメで映像が公開された所、瞬く間に世界中で評判になっています。
 【続きを読む】