海外の反応



スポンサード リンク
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ

社会

眞子さまが同級生の小室圭さんと婚約へ、突然の発表に海外から驚きと祝福の声

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、大学時代の同級生の男性と婚約される見通しになりました。関係者によりますと眞子さまは、ICU=国際基督教大学に通っていたときの同級生で、横浜市に住む法律事務所勤務の小室圭さん(25)と婚約される見通しになりました。結婚の時期は、来年が想定されているということです。

お相手の小室さんは、高校までインターナショナルスクールで過ごし、大学時代には、神奈川県の藤沢市観光協会が主催する2010年度の「湘南江の島海の王子」として各地で行われる観光キャンペーンなどで活躍した経歴があります。 (以下省略)
眞子さま 同級生とご婚約へ | NHKニュース


このニュースについて、海外ユーザーの反応を集めてみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛は奇跡を生む」難病で10年以上歩けなかった女性が結婚式で歩けるようになるまで

決して再び歩くことはできないと言われた障害を持った女性が、婚約者の力を借りて再び歩き出すことができたという奇跡が感動を呼んでいます。

20170511_041548000_iOS
via Blog – JayTay.co.uk

イギリス人女性ジェシカ・テーラー(Jessica Taylor)さんは、11年前の14歳の時に筋麻痺脳症(ME)と診断されました。1年後には学校に通えなくなるほど重症化して歩けなくなってしまい、それ以降、ほとんどの時間をベッドや車いすで過ごすようになりました。特に最初の4年間はショックを受けて何も食べることができない状態になり病院に入院していたそうです。

19歳の時に改めて医師から、もう二度と歩けないことを告げられました。骨年齢がすでに100歳に達していたとのことです。
しかし、共通の友人からの紹介で知り合った1つ年下の男性サミュエル(Samuel Bearman)さんと出会って運命が変わります。サミュエルさんがジェシカさんのもとへ通っているうちに、二人は友人となり、そして恋に落ちました。
BeFunky-Collage
via Blog – JayTay.co.uk
このエントリーをはてなブックマークに追加

豪女性議員が議場で「歴史的授乳」 海外から賛否両論

(CNN) オーストラリア連邦議会の議場で9日、議員による授乳が初めて実現した。

歴史的授乳の主役になったのは、緑の党共同副党首ラリッサ・ウォーターズ上院議員(クインズランド州選出)の二女で、生後2カ月のアリア・ジョイちゃん。

ウォーターズ議員は産休明けの9日、子連れで議会に復帰し、アリアちゃんがお腹を空かせると、その場で授乳した。

「娘のアリアが連邦議会で授乳された初めての赤ちゃんになったことを誇りに思う。議会にはもっとたくさんの女性や親が必要です」。ウォーターズ議員はツイッターに授乳の写真を投稿し、そう書き込んだ。

オーストラリア議会では昨年、規定が改正され、女性議員が議場で授乳することが認められた。それまで議場に子連れで入ることは禁止され、授乳中の議員は代理による投票を行っていた。
CNN.co.jp : 議員が議場で「歴史的授乳」、規定改正で実現 豪



このニュースについて、英語圏ユーザーを中心に海外の反応をまとめたのでご覧ください。実名制の高いフェイスブックでは賛否の意見が拮抗していましたが、匿名性の高い米国Yahooニュースのコメント欄では否定的な意見が目立ったという印象でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「石巻で被災した幼い日本人兄妹に将来の夢を聞いてみた」 ロシアの反応

日本在住のロシア人俳優で、登録者40万人以上を誇る人気ユーチューバーでもあるセルゲイ クワエフさん(参考サイトSergey Kuvaev REMIX)。彼が2016年に宮城県石巻市を訪れた際、出会った小学生兄妹に将来の夢を聞いてみたという動画を元に紹介したいと思います。

2016/07/22公開 МЕЧТЫ ЯПОНСКИХ ДЕТЕЙ(日本の子供たちの夢) - YouTube

12歳のお兄さんのほうは、石巻警察署に訪れたことをきっかけに、警察官になって人を守りたいと話してくれました。妹さんのほうはモデルになりたいとのこと、「身長何センチくらいになりますか?」と聞かれて「八頭身くらい」という珍問答も披露してくれました。

ロシア語の字幕解説もあり、動画を見て感激したロシア人から様々なコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホノルル空港がイノウエ空港に名称変更、しかし現地を中心に反対の声

 米ハワイ州オアフ島のホノルル国際空港が、日系初の連邦上院議員で2012年に死去した同州出身の故ダニエル・イノウエ氏にちなみ「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改名された。地元メディアによると、改名は4月27日付。空港の改名は昨年、州議会で決議されていた。

 イノウエ氏は第二次大戦で米陸軍日系人部隊の一員として戦い、右腕を失った。1962年に上院議員に当選し、連続9期務めた。日米友好に多大な貢献をしたとして、米政府から一般市民への勲章としては最高位の「自由勲章」を授与された。ハワイ・ホノルル空港、「イノウエ」空港に改名 日系議員にちなみ - 産経ニュース
イノウエ上院議員は、毎年、空港を維持・発展させるために連邦資金を確保しました。
名称は変更されていますが、空港の3文字表記(IATAコード)HNLは依然として同じです。(ホノルルのニュースメディアKHON2より翻訳)

このニュースについて、地元ホノルルを中心に海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。
現地メディア「KHON2」のフェイスブックページに寄せられたコメントでは、
イノウエ氏の功績を称える声は多くみられましたが、改名そのものについては反対意見が9割以上といった印象でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索
スポンサード リンク


他サイト注目記事


アクセスランキング(PCサイトのみ)

記事検索



他サイト新着記事