海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツも積極的に取り上げています。


記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ

フィギュアスケート

村上佳菜子の引退に海外から惜別と感謝の声「メガワットの笑顔」「元気にさせてくれた」

フィギュアスケート女子の村上佳菜子選手が現役を引退しました。
外国人ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。ほぼ共通しているのは、明るく満面の笑顔という印象で、見ている側も癒されている人が多かったようです。

以下、外国人と思われる英語コメントを翻訳しました。
 【続きを読む】 

「真央がいたからキムヨナが輝いた」浅田真央の引退会見を見た韓国人の温かい反応

4月12日に引退会見を開いた浅田真央に対して、韓国メディアも一斉に伝えました。特にキム・ヨナはどんな存在だったのかという質問に、「15歳くらいからジュニアとシニア試合に一緒に出場して互いにいい刺激をもらいながらスケート界を盛り上げてきたんじゃないかな」といった趣旨で答えたので、その点については、どの韓国メディアも報道しています。

それらの報道を見た韓国人ユーザーの反応をまとめてみました。ただし、今回はあえて「温かい反応」だけにしぼってみました。このページを見に来た人の大半がご存知だと思いますが、韓国の反応については、メディアから個人レベルまで含めて、批判、罵倒、皮肉、中傷など、冷たいものが8割以上を占めていることは否定しません。しかし、ごく一部では温かいコメントを書いてくれる韓国人が言うのも事実です。あえて「温かい部分だけを取り上げたブログ記事が一つくらいはあってもいいのではないかと考えました。

浅田真央_引退会見2
 【続きを読む】 

「スケート界の見本だ」浅田真央が引退、世界から感謝と悲しみの声

4月10日夜にブログで引退表明したフィギュアスケート女子の浅田真央に対して、海外のファンから多くのコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

浅田真央_引退会見
 【続きを読む】 

海外「神の結弦が帰還!」羽生が世界選手権フリー最高得点で逆転優勝

フィンランド・ヘルシンキで開催されているフィギュアスケート世界選手権の男子フリーで、ショートプログラム5位の羽生結弦が、自身の持つ世界最高得点を更新する223・20点を記録して合計321・59点で逆転し、3年ぶりの優勝を果たしました。宇野昌磨も合計319・31点で2位に入りました。

海外ユーザーの反応を紹介します。僅差で2位になった宇野昌磨ももちろん素晴らしかったのですが、今回は羽生への反応に焦点を絞ってお届けします。翻訳後のコメントにはあまり反映されていませんが、羽生に対して一番多く贈られた言葉は「Oh my God!」と略語の「OMG」でした。割合にしたら、演技直後に過半数のユーザーがこの言葉を口にしていたほどです。

羽生優勝
 【続きを読む】 

【海外の反応】宇野昌磨2位、羽生結弦5位、世界選手権2017男子SP

フィギュアスケート世界選手権2017の男子ショートプログラム(SP)が3月30日、ヘルシンキで行われ、世界歴代2位の109.05点を出したハビエル・フェルナンデスがトップに立ちました。宇野昌磨が世界歴代3位の104.86点をマークし、2位につけ、羽生結弦は98.39点で5位でした。

宇野昌磨と羽生結弦に対して、フィギュアスケートのフォーラムサイト「Golden Skate」に寄せられた海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。

宇野昌磨に対しては当然ながら絶賛ばかりでしたが、羽生に対しては盛り上がっているとは言えない感じで、特に新しいプログラムについては否定的なコメントが目立ちました。
 【続きを読む】 

三原舞依が初優勝 四大陸選手権 【韓国など海外の反応】

三原舞依2017

フィギュアスケートの四大陸選手権は2月18日、女子フリーが行われ、初出場の三原舞依が合計200.85点で優勝しました。合計200点超えは日本では4人目になる快挙です。
開催地の韓国を中心に、海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応


・ 三原舞依さん、2017四大陸選手権優勝おめでとうございます。あなたは今や、日本の誇りになりました。結弦や(宇野)昌磨ちゃんも続いてくれることを願います。 (※熱狂的なファンですがフィリピン人の方です)



・ 彼女が200点超えを知ったときの幸せな顔が忘れられません。残りのシーズンも幸せになりますように。(英語圏ユーザー)



・ 彼女は美しかったです!音楽もプログラム好きです。(スペイン語圏ユーザー)



■ 以下は、韓国語ユーザーの反応

・ とにかく三原はスキルも身についてジャンプの安定感が凄かった。今回、宮原が負傷ということもあり、三原にとってはチャンスだったのだろう。



・ 三原舞依選手、フィギュア演技が本当にきれい。そして何よりも音楽もきれいでした。



・ 三原の優勝は予想もしなかった。



・ 三原、最高強みは安定感にあるようだ。



・ 三原舞依選手、金メダルおめでとうございます
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集