海外の反応

主に日本・日本人に対する海外のコメントや評価をまとめています。 MLB、フィギュアスケート、ボクシングなどスポーツを多めに取り上げています。


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事の少ないスポーツ

日本の小学生たちが挑戦した縄跳びギネス記録映像が神業レベル、世界から大絶賛

静岡県富士市立原田小学校の生徒14人が、チームとして1分間に何回跳べるかという縄跳びのギネス記録に挑戦し、完璧なタイミングで225回を記録してギネス記録に認定されました。映像を視聴した世界中のユーザーから絶賛されています。


このビデオを始めてみると、「あー、早回しなんだ」と思った方もいると思いますが、これは早回しではありません。再生時間13秒から1分13秒まで、きっちり1分間の記録で測定しています。
ちなみに従来の記録も、岐阜県可児市立広見小学校の生徒たちが2013年に記録した217回で、日本の子供たちの得意分野になっているようです。

映像を見た海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 

小林可夢偉ル・マン24時間で予選トップPP獲得

第85回ル・マン24時間耐久レースは6月15日、現地時間22時から予選3回目が行われ、予選2回目で3分14秒791という素晴らしいタイムをマークした小林可夢偉駆る7号車トヨタTS050ハイブリッドがポールポジションを獲得した。ル・マン24時間PP獲得の小林可夢偉「14秒台が出るとは思ってもみなかった。チームを誇りに思う」 (オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース

元F1ドライバーの小林は従来記録を2秒以上更新した。ルマンでの日本人ドライバーのPPは、2014年の中嶋一貴(トヨタ)以来で2人目。8号車の中嶋が2番手タイムを出してトヨタ勢が1、2位を占め、国本雄資らの9号車は5位。ライバルのポルシェ勢は1号車が3位、2号車が4位。
小林、コースレコードでPP=トヨタが予選1、2位―ルマン (時事通信) - Yahoo!ニュース


コースレコードの映像


海外ユーザーの英語コメントをまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応
 【続きを読む】 

宮里藍が引退、全米など海外から引退を惜しむ声が殺到

宮里藍の早すぎる引退に米国メディアからも「海外挑戦の先駆者」と惜しむ声 | THE PAGE(ザ・ページ)女子ゴルフの宮里藍(31 )が29日、都内のホテルで記者会見を開き、引退を発表した。2006年からは米ツアーに本格参戦し、岡本綾子の17勝に次ぐ9勝を挙げ、2010年には世界ランキング1位に立った。念願だったメジャー制覇は成し遂げられなかったが、米メディアも一斉に宮里の引退を報じた。

このニュースについて、フェイスブックに寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。メジャー制覇は無いとはいえ、米ツアーで9勝、元世界1位という実績は、アメリカ人にとっては印象に残っていた選手のようで、コメントがたくさん寄せられていました。彼女のゆったりとしたスイングについても多くの人が触れていました。
 【続きを読む】 

佐藤琢磨が日本人初となるインディ500初制覇、アメリカなど北米から大注目

5月28日にインディアナポリス・モータースピードウェイで開催されたインディカー・シリーズ第6戦第101回インディ500。8度目のインディ500に挑んだ佐藤琢磨が日本人初となるインディ500制覇を成し遂げた。
【速報】佐藤琢磨が歴史的快挙。日本人初のインディ500制覇を成し遂げる (オートスポーツweb) - Yahoo!ニュース

第101回のインディ500決勝レースが行われ、佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)が優勝。日本人初の快挙を成し遂げた。モナコGPを欠場してインディ500に出走したフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は、180周目にエンジントラブルでリタイアとなった。【インディ500】決勝詳報:ついに勝った! 佐藤琢磨が激戦制す。アロンソはトラブルでリタイア (motorsport.com 日本版) - Yahoo!ニュース

アメリカでのインディ500の注目度は想像以上でした。米国主要メディアはほぼ全て、佐藤琢磨の快挙を速報で、詳細に報道していました。アメリカなど北米圏のフェイスブックユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。佐藤琢磨のファンではない人も優勝を祝福してくれる声が多く聞かれました。長年苦労してきた佐藤琢磨のレース人生に共感している人もいたようです。


 【続きを読む】 

12歳の日本人少女が総合格闘技で24歳相手に一本勝ち、海外から大反響

5月20日に行われた日本の女子総合格闘技「DEEP JEWELS」で、12歳の「モモ」(リングネーム)が、アマチュアルールで24歳の山崎桃子に勝利しました。試合内容としては1R終了間際にスリーパーで失神させるというもので、かなりインパクトがあったようです。倒した相手の山崎桃子は、前田日明が主宰するアウトサイダーの女子選手で、アウトサイダーの戦績は2勝3敗でした。【DEEP JEWELS】驚異の12歳・天才格闘少女が現れる、年上に一本勝ち (イーファイト) - Yahoo!ニュース
 【続きを読む】 

日本人が縄跳びギネス記録に挑戦 「お尻」跳びと明るいキャラに海外ユーザー大喜び

縄跳びのプロ、ロープパフォーマーとして活躍しているSADAさんこと渡邉貞稔さん(埼玉県和光市在住)が、3つのギネス世界記録に挑戦しました。

ギネスワールドレコーズ公式YouTubeチャンネルが、記録に挑戦している映像を配信したところ、SADAさんの神業ぶりと明るいリアクションが海外ユーザーから大うけとなり、公開3日間で再生回数50万回近い人気動画になっています。動画のコメント欄の一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

動画そのものも面白くて必見ですが5分以上になり見る余裕のない方のためにギネス記録を達成できたかについては後述に書いておきます。結果を見る前に動画を見たい方はスクロールさせずにこのままご覧ください。
 【続きを読む】 

両腕のない卓球選手イブラヒム・ハマト氏が平野美宇と対戦、海外から驚きの声「人間の能力は境界線を持たない」

今回紹介するのは、2016年3月に行われた世界卓球選手権クアラルンプール大会にて、両腕のない卓球選手イブラヒム・ハマト氏と平野美宇によるエキシビジョンマッチ(参考 開催概要)を見た海外ユーザーの反応です。

エジプト人のイブラヒム・ハマト選手は10歳のころ、事故で両腕を失いました。それでも、好きだった卓球をあきらめずに卓球を続け、口にラケットを加えるスタイルを確立しました。エキシビジョンマッチを撮影した映像を見た海外ユーザーからは驚きの声が多く寄せられていました。そして、このエキシビジョンから間もない2016年夏のリオパラリンピックにも出場を果たすことになるのです。

両腕のない卓球選手

映像、2分30秒ごろまでは練習のラリー、3分過ぎから5ポイント先取のエキシビジョンマッチが始まります。
 【続きを読む】 

【ドバイターフ】大魔神佐々木オーナーのヴィブロス優勝

【UAE・ドバイ25日発】「ドバイワールドカップデー諸競走」の第7レースとして行われたJRA海外GI発売対象レース「第22回ドバイターフ」(メイダン競馬場芝1800メートル=日本時間同24時30分発走、13頭立て)は、日本から参戦したモレイラ騎乗の5番人気ヴィブロスが優勝した。勝ち時計は1分50秒20。昨年のリアルスティールに続いて日本馬が連覇した。【ドバイターフ】ヴィブロス優勝!大魔神・佐々木氏はモレイラと歓喜のハイタッチ-東スポWeb
このニュースに関してフェイスブックとツイッターに寄せられた海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。
 【続きを読む】 





 スポンサード リンク




過去のおすすめ記事








■リンク集