海外の反応



スポンサード リンク
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ

スポーツ

井上尚弥がリカルド・ロドリゲスに完勝、海外から「強すぎる」と熱いコメントが寄せられる

WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、挑戦者の同級2位リカルド・ロドリゲス(米国)を3回TKOで破り5度目の防衛を果たした。

 井上は序盤から効果的にダメージを与える。2回途中、井上はサウスポースタイルにチェンジし、左ストレートを相手顔面にヒットさせる。3回残り2分23秒、井上は左フックで1度目ダウンを奪う。残り2分01秒、左フックをあごにヒットさせ2度目のダウン。レフェリーストップとなり3回TKOで勝利した。 ~以下省略 井上尚弥V5、圧巻TKO「視野広げ」階級上げ示唆 - ボクシング : 日刊スポーツ

この試合について、海外メディアの評価や、動画などを見た海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
井上の圧勝劇を称賛する声はもちろんのこと、今後、誰と対戦するかについてもボクシングファンの間で夢のように語られて盛り上がっていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

村田諒太まさかの判定負け、エンダム側のフランスも「判定がおかしい」「村田圧勝」の声

プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。

 村田は4回、カウンターの右ストレートでダウンを奪ったものの、手数が少なかったのが影響したのか届かなかった。ジャッジ3人の採点は111―116、112―115、117―110だった。村田諒太、ダウン奪うも判定負け 世界初挑戦での王座戴冠ならず - ライブドアニュース



急遽、試合を見たと思われる海外ユーザーの反応を調べてみました。今のところコメントしているのは中継されていたフランス人か、一部の熱心なボクシングファンだけです。最初の翻訳コメントは少ないですが徐々に追加していくのでご了承願います。
追記、村田支持のコメントだけを抜き出しているわけではありません。私が探した限りでは、「試合を見たがエンダムが勝っていた」といった海外ユーザーのコメントは見つかりませんでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

三橋淳が八百長でテニス界から永久追放、海外から「奇妙な試合結果が多い」の声も

09年全日本選手権ベスト4で、16歳以下の国別対抗戦ジュニア・デ杯で錦織圭とダブルスを組んだこともある三橋淳(27)が八百長などを持ち掛けた不正で、テニス界から永久追放された。テニスの不正監視団体TIUが16日、罰金5万ドル(約550万円)とともに処分を発表した。TIUが日本選手を処分したのは初めて。
~中略~
TIUによると、三橋は15年11月に南アフリカで開かれたツアー下部大会で、自身がコーチを務めた選手を通じ、他の選手にシングルスは2000ドル(約22万円)、ダブルスは600ドル(約6万6000円)で負けるように持ち掛けたという。三橋淳を八百長追放 最悪に近い“一発退場” (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

錦織圭「衝撃…友達だった」三橋八百長問題ショック (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

このニュースについて、海外のテニスファンやテニスプレイヤーが集うフォーラムなどで取り上げられていたコメントをまとめてみたのでご覧ください。
八百長についての議論は盛んにおこなわれていましたが、私が探した範囲では三橋元選手を知っている人が、お一人を除いてほぼいなかったため元選手自身についてはほとんど語られていなかったようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルビッシュがMLB通算50勝達成、日本人最速かつチーム最速記録にレンジャーズファン大喜び

テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が5月16日(日本時間17日)、本拠地グローブライフパークで開催されたフィリーズ戦に先発登板し、7回1失点9奪三振と好投して今季4勝目を挙げました。メジャー通算50勝となり、109試合目での到達は松坂大輔の112試合を抜いて日本人投手最速で、レンジャーズにとってもケビン・ブラウンの115試合を6試合上回る球団最速記録とのことです。(情報元 【MLB】ダルビッシュ球団記録を大幅更新! 109試合でメジャー50勝は球団最速 (Full-Count) - Yahoo!ニュース

この試合に寄せられたレンジャーズファンの反応を中心にまとめたのでご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンキース田中将大 2回持たず8失点 「ジーターの日」を台無しにしたとファン猛批判

MLBニューヨーク・ヤンキース田中将大投手が、5月14日(日本時間15日)、本拠地ヤンキースタジアムでのアストロズに先発し、満塁ホームランを含む4本のホームランを浴びて、わずか1回2/3で8失点を喫して降板しました。田中にとって8失点は過去ワースト、1回2/3の投球回数も過去ワーストタイとのことです。(情報元 マー君にブーイング 2回持たず4発最悪8失点KO (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
チームは追い上げたものの試合は7-10で敗れて田中は負け投手になりました。

ヤンキース公式フェイスブックページに寄せられたヤンキースファンのコメントをまとめたのでご覧ください。

試合前には、元主将デレク・ジーター氏がつけていた背番号「2」を永久欠番とするセレモニーが行われて、ヤンキースファンは大いに盛り上がっていたため、今回の大炎上劇には尚更がっかりしていたようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事検索
スポンサード リンク


他サイト注目記事


アクセスランキング(PCサイトのみ)

記事検索



他サイト新着記事