残念なニュースですが、今回はカヌー薬物混入事件についての海外の反応をまとめました。後述で、SNSや掲示板に寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。海外メディアでは、ワシントン・ポスト紙のように「世界最悪のチームメイトがライバルに薬物を混入(原文(英語)- The Washington Post)」というタイトルを付けた報道もありました。


「成績が出ず・・・」他に用具窃盗も自供 “薬物混入”(18/01/09) - YouTube


以下、海外の反応。
(コメント翻訳元yahoo.com1yahoo.com2yahoo.com3washingtonpostjapantimesfacebook1facebook2facebook3

彼は生涯非難されるだろう。死ぬまでずっと。



どうやら、詐欺師の鈴木康大さんの人生のモットーは「自分でできなければズルをしろ」のようです。



何?日本人がやったのか?日本人は地球上で最も正直で尊敬できて品格があるレースをしていたはずだが、そうではなかったのか?



鈴木に課せられた罰は8年の資格喪失だけではない。生涯に渡っての恥辱であり、彼だけでなく彼の家族も生涯表に出られない。さらには国家としての日本の品位まで汚される。私は日本に住んでいるが、日本は非常に誠実さを重んじる。仮に日本の公衆トイレで財布を無くしてパニックとしても数時間経ったら財布が戻ってくるんだよ! 中身もそのままでね! 日本在住のイギリス人

↑ うーん、ドラマみたいな話だ



彼は完全犯罪に成功したはずだった。それでも彼は自分で中止しようと思ったが、すでに遅すぎて後の祭りだった。



彼の残りのキャリア全てが完全に追放されるべきである.



私には驚く話でもないけどね。



彼は、トーニャ・ハーディングのカヤック版のようなものだ。
(※補足)女子フィギュアスケートのトーニャ・ハーディングがライバルであるナンシー・ケリガンを襲うように依頼した事件
銀メダリスト、ナンシー・ケリガン選手の悲劇 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト



卑劣な悪党だな。厳しい処分は結構だがさらに起訴されるべきだ。



彼は将来自殺しそうだ。



愚かな日本人だな。まるでアメリカ人のようだ。



私が鈴木の立場なら、恥ずかしくてアニメも見られないな。



冗談なのかこれは。この男の人生は完全に一時停止じゃないか!



不正野郎はライバルに勝つために何でもする。生涯資格禁止にしてほしい。スポーツはもはや "スポーツ"ではない...それは大きなビジネスであり、不正をして嘘をつき続けるほうが儲かってしまうのだ。



スル野郎は決して勝てない!



うわー!としか言えないよ。



これが注目されるのも次のトランプバッシングの記事がリリースされるまでだ。



ボトルに混入させるのはあまりにも簡単だということ。私なら鍵をかけられるスポーツボトルを発明しようと考えるけどね。



ライバルをドーピングで陥れるなんて馬鹿げている。



これは完全に自業自得だ。



なぜ刑務所に入れないんだ?



著しく不名誉な話だ。



変人!



なんて野蛮なんだ。



正当な競争をして勝つべきだろう。



一生残るだろうな。



この馬鹿野郎は刑務所に行く時間が必要だ。



この処分では十分ではない。



国の代表になれないからと錯乱したとしても、人のお気に入りのパドルを壊せるはずがない。


翻訳コメントは以上です。なお、紹介した海外コメントは初日の第一報についての反応であり、1月10日以降に報道された下の謝罪文のようなものは見ておりません。

鈴木康大


カテゴリ:社会 その他スポーツ