「給料増やすのヤメロ!」ケベックの医師たちが昇給に反対する理由 | ニューズウィーク日本版
2018年3月8日(木)17時08分

<カナダが誇る「国民皆保険」を維持するには、看護師や患者にもっと配分せよ、と700人以上の医師が署名>

カナダの医師数百人が、自分たちの報酬引き上げに抗議している。そんな金があるなら看護師や患者にもっと配分してほしいと、署名活動を行っているのだ。

カナダ東部ケベック州の公用語であるフランス語の抗議文には、こう書かれている。「われわれは公的医療制度を強く維持することの意義を信じている。従って、今回提示された昇給は受け入れられない」

2月25日以降、すでに700人以上の署名が集まった。米CNBC によると3月6日時点の内訳は、一般開業医213人、専門医184人、研修医149人、医学生162人だという。

カナダの公的医療制度は国の財政難のあおりで予算が削られており、看護師や医療スタッフに過度の負担がかかり、患者も医療サービスの低下に苦しんでいる。そんなときに、自分たちだけ給料が増えるのは納得がいかないという。

「今回の報酬引き上げは衝撃的としか言いようがない」と抗議文にはある。「医師の報酬だけは医療費削減の例外らしい」

「われわれはケベック州の医師として、昇給分を返上し、その財源を看護師の待遇改善や住民への医療サービスに還元するよう求める」

カナダ政府の公式ウェブサイトには、カナダは「国民皆保険を採用し、個人の支払い能力ではなくニーズに応じて医療サービスを提供する」とあるが、それはもはや絵に描いた餅になっているようだ。(以下省略、全文はソース参照
カナダ医療


このニュースについて海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。途中からいろいろ話題が散らばったり、相反するコメントがあったりして読みにくいかもしれません。カナダの医療事情についてさっくりと学ぶ感じで読んでもらえば理解しやすいと思います。

以下、海外の反応。

彼らに敬礼。今の時代にこのような純粋な心を持つ人が存在するなんて信じられない。彼らは本当に自分の仕事を愛しているのでしょう。改めて彼らに敬礼。 🙂 インド



稀に見る誠実なニュースでした👍 インド



我々のインド人医者とカナダ人医師を交換する必要があると思う。 インド



道徳的価値が最前線の現場で話される。最高の職業である医者が最高の職業意識をもつ、カナダ人の医者に敬礼。 インド



インドには、患者の肝臓を売りさばいて生計を立てている医者もいるのに。 インド



看護師は医師の右腕であり、もっと多くの給与をもらうべきです。 インド



どうすれば、ここまで他人のことを気にすることができるのだろう。 オーストラリア



ケベック州の医者たちは、自分たちに対して過払いだと感じているのかな? オーストラリア

↑  いいえ、彼らは、他のスタッフとリソースをサポートするために、予算を使ってほしいと思っています。 オーストラリア



誰でも年収25万ドル以上稼げないようにしよう。「最高賃金」がないのはおかしい。 オーストラリア

↑ 何を根拠にそんなことをいうのかな。仕事をした分はお金をもらうべきだ。一定の水準に達したらタダ働きをさせようということか。馬鹿げたコメントだ。 オーストラリア



こんなことはアフリカでは絶対起こらない。 ガーナ



カナダ人ハーフの私にとっても、これは素晴らしく誇りに思います。



これはケベック州だけの話というのをはっきりさせるべきです。カナダには他に9つの州と3つの準州がある。 カナダ

↑ 確かにケベック州の医者にだけ適用されること。医療制度は州それぞれが責任を持って運営しており、それぞれで異なります。

↑ この件については看護師など他の要因も関係していると疑っています。私はカナダの医療にとても満足しています。



この記事は読んだ人をミスリードさせてしまっている。ケベック州の状況は三流国家並の水準で、看護師は残業を強要され、患者の命を危険にさらすような病院も出てきている。 アメリカ

↑ その表現は少し大げさすぎませんか。 カナダ



「良いふうに作られた」ストーリーにだまされないで。私はカナダ在住のカナダ人ですが、一度でもカナダの医療システムを経験すれば、間違いなくウンザリすると思いますよ。 カナダ



カナダにはほとんどMRIやCTがありません。私は肺がんのCTスキャンのために2ヶ月半も待たされました。PETは4ヶ月待ちです。カナダの医療システムは失敗し、一部の地域ではカナダ人の平均寿命が落ちてきます。
(※補足 カナダの医療事情について外務省サイトから一部引用)

極端に医師数の少ない科(整形外科、皮膚科、産婦人科など)では、数ヶ月後から1年先にしか予約がとれない状況です。また、医療費抑制政策により、CTやMRIなどの検査機器の数が日本に比べて極端に少なく、検査の待ち時間も何ヶ月も先という状況です。



私は国境近くに住んでいるカナダ人だけど、医療治療のためにアメリカに行くカナダ人を数千人も見てきました。カナダの医療化社会制度はジョークみたいなものです。

↑ 私はカナダ生まれで今もカナダ在住のカナダ人です。医療目的で米国に渡ったなんて、今までそんな話は聞いたことがありません。



ここのコメントを良くチェックしてください。 多くのカナダ人がカナダの医療について不平を言っています。



この記事の見出しは「貧しい医療ケアと医療システム」にするべきだ。記事の中身をよく読んで理解しているのであればね。 アメリカ

↑ 多くの病院に行って手術を受けて出産しました。一番お金がかかったのは駐車場だったくらいです。長期間待たされるのは急を要さない治療だけです。. カナダ



その一方で、私たちアメリカの医者は、患者が破産するまで支払いを求める。時には死ぬまでも。 アメリカ



カナダはアメリカではありません。カナダの医療は政府によって優先的に行われ、アメリカの医療は企業のビジネスです。アメリカ政府はトランプの医療法案によって企業のビジネスを助けています。 アメリカ





米国でも同じことが起きるのかと問われれば、豚が空を飛ぶくらいに絶対にあり得ない。 アメリカ



給料が増えることに対してのデモ活動は、多くの人が理解できない観念でしょうね。

↑ それは現実になったわけだが、その背景を知れば、医者が宣伝活動みたいなことをする動機が理解できる。



これはケベック州だけの話で、オンタリオ州など他の州ではアメリカ人と同じように貪欲だ。ケベックはカナダにあるヨーロッパ国家のようなもので、公用語もフランス語であり、実際に英語以外の言語を多く話している。

↑ 社会的プログラムを維持するために、連邦政府から他の州よりも巨額の資金が投じられている背景もあります。
(※補足 ケベック州への資金についてケベック州 - Wikipediaから一部引用)

ケベック州政府が行う公共サービスはカナダで最も手厚く、カナダの中でも最も欧州大陸・北欧的な福祉国家に近い。その費用はオンタリオ州より150億-170億カナダドル多い。



翻訳コメントは以上です。(コメント引用元 facebook カテゴリ:びっくりニュース