Huawei(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼CFOの保釈が、カナダの裁判所により認められました。保釈金は1000万カナダドル(約8.5億円)。孟CFOはバンクーバーの自宅で暮らせるものの、追跡装置を身につけたり、パスポートを押収されるなどの条件が付くとのことです。
ファーウェイ保釈
via youtube

このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応。(断りのない場合はカナダ人かアメリカ人のコメントと思われます。)(コメント引用元 Facebook


彼女にはまだ逃亡のリスクがある。



お疲れ様でした中国! よくできました!! 神のご加護をミス孟。👏🏻👏🏻👏🏻 シンガポール



次のニュース: 孟が突然カナダを出発した。決して帰ってくることはない。



彼女は週末までには中国に逃げるでしょう。

↑ 週末? このコメントを入力するまでには彼女はカナダから出ているはずだ...




彼女にとって不幸なことは、トランプがロシアとの取引疑惑から注意をそらすことに利用されている。



「プー」っと屁のように風の中に消える。



次のトライアルはHuawei社を破産させること。



カナダはこのカーニバルに参加するべきではない。

↑ 我々カナダはアメリカとの犯罪人引渡し条約を締結している。

↑ 中国が間違いなく100パーセント悪い。カナダはこの問題に関して選択肢はない。 中国政府は甘やかされた子供のような行動をしている。



彼女は少なくとも7つのパスポートを持っている!



彼女は消えたも同然。



ついに中国の要求に屈したか! シンガポール

↑ ニュース読んでるの?彼女はまだ警察監視の下で滞在しなければいけない。パスポートも取られている。 シンガポール(中華系)

 ↑ うん知っているよ。でも保釈したということは中国の要求に屈したのでしょう。パスポートがなくても、彼女は独自ルートでまたパスポートを作れるんでしょ! シンガポール(※先の発言主)



当然のこと。これは金持ちのための特別な特権。



ああ、彼女は誰にも知られずに消えるだろう。

↑  彼女が働いている巨大な技術企業が、彼女が逃亡できるようにハッキングすると思う。



彼女が滞在を続けるか、逃亡を続けるか、賭け率にしたらどのくらいになるだろう。



カナダは今、アメリカの汚い仕事を引き受けている。



カナダは... アメリカの召使い スウェーデン



カナダはアメリカの良き召使いだけでなく、中国人の手を噛む悪い犬である。





700万(米)ドルで二度と彼女に会うことはない。



具体的な証拠はない。 フィリピン



その一方で、世界的金融危機を引き起こした銀行家で刑務所に行ったのは誰もいない。



中国が今後どう出るか注視しよう。



中国人は... 中国に帰りなさい. 中国が本当の家です. マレーシア


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)

カテゴリ:政治、国際関係 社会