5月31日に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント第2戦で、ホームの浦和レッズが済州ユナイテッドを延長戦での劇的なゴールで3-0(合計3-2)で勝ち、終了直後に済州の選手らが浦和側に殴りかかる乱闘騒ぎが起きました。

済州ユナイテッドの公式サイトでは非を認めて謝罪文を掲載しているものの、複数の主要韓国メディアが「乱闘の原因を作ったのは浦和の選手が挑発したから」といった論調があります。一例として、朝鮮日報には以下のように報道されています。
済州の選手たちがこのように興奮したのには理由があった。試合終了後、槙野は済州ベンチに向かって指3本を立てて見せ、歓喜の声を上げていたことが分かった。「3-0でおれたちが勝った」という意味の挑発だった。サッカー:「刺激した側にも責任」 済州ベンチを挑発した浦和・槙野に批判の声-Chosun online 朝鮮日報


ところが、現地で浦和サポーター、済州サポーターが撮影した映像をみたところ、「試合終了後、槙野は済州ベンチに向かって指3本を立てて見せ」といった場面は確認できませんでした。下の二つの映像を見比べれば明らかです。

■浦和サポーター撮影(初期再生3分20秒から) 
槙野を含めて試合後、誰も韓国ベンチに行っていません。遠目の映像ですが、2番目の映像と併せて検証すれば、浦和の選手は誰も挑発していないことが確認できます。


■済州サポーター撮影
槙野の視線は絶えず浦和側を向いており、済州側を挑発していないのは明らかです。上の浦和サポーター撮影映像と見比べてください。


よって、真実ではない「試合後に挑発した」話が真実であるかのごとく韓国メディアで報道されたため、多くの韓国人が信じ込んでしまっています。その前提で、この試合に関する韓国人のコメントをまとめたのでご覧ください。

以下、韓国人フェイスブックユーザーの反応、長期間活発に活動しているユーザーのコメントを拾っています。(「※」部分は当ブログによる補足)

浦和の選手たちが見せた態度は到底受け入れることはできない。自分たちで存分に嘲弄しておいて全て済州(チェジュ)の責任なんだって! 本当にあいつらの本音を覗いてみたい。 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(済州の選手らが)あのように怒りながら追いかけていくのは初めて見ます。それだけ浦和がとんでもない行動をしたということです。暴力は正当化されることがありませんが試合中、試合後の挑発も正当化されることはありません。日本の世論の方は、現在、済州だけゴミにして追い込んでいます。(+18 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

試合終了後も槙野という子が済州のベンチに3ゴールで勝利したと挑発したのに、(JTBCの映像には)どうしてこれが抜いてあるのか?(+3 いいね) (※補足 JTBCの映像を見て、挑発したことが書いていないと怒っています。)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Jリーグ復活?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

競技力よりも、平日にも関わらず観客があのように多い、浦和の興行パワーがとてもうらやましい。(+5 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Kリーグの没落を象徴するようで辛いです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

済州側は、もし、悔しかったら、口先だけでではなく、すべての証拠資料の項目別に徹底的に準備してAFCに送ってほしい。浦和が戦犯旗を持って応援したという話もあったが、その資料も一緒にして。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昔から世界中のサッカーサポーターやチームは、SNSの波及力をよく知って、それを利用した世論戦、扇動、中傷宣伝に利用し始めた。ここで日本、中国などのアジア諸国もSNS世論の前に積極的に参加して、球団の中に、これらの活動を後方支援している。)
残念ながら、Kリーグ版は、このようなSNS世論に関心を全く持っていない。おかげで、済州 - 浦和戦も浦和ファンとクラブチームの世論戦にお手上げであって、一方的にゴミと罵倒されても対策がない。少数の済州のファンが参加しているが、彼らだけでは卵で岩をつぶすだけ。Kリーグクラブチームとファンは、今後SNSを利用した世論戦、プロパガンダを大事にして利用するべきである。(+3 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

浦和のホームゲームを甘く見てはいけない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

負けはともかくシュート数が16対4?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

島国猿たちの人格をご覧なさい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

恥ずかしいね。サッカーで頑張りなさい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

サッカーで負けたが握りこぶしで勝った!(+7 いいね)

 ↑ うんそうだね。酒をたくさん飲んでね。あなた😇 (+1 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本のやつらは何の理由もなく殴られてもいい。(※補足 過激な発言ですが、3年以上もフェイスブックで活発に活動しているので一例として掲載しました。)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

恥ずかしいです。はい!このような有様では決して日本を克服(克日)できない。 (+6 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

映像を見たら牧野が間違っており、あいつがいたずらに反日感情を起こした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

結果は暴力という事態になった。それは確かです。しかし、記事で、(浦和の)どの選手が先にどのように過ちを犯したという言葉も、浦和ファンの態度も言及しませんでした。Kリーグ非人気球団済州の試合を見ている人は何人いますか?私のような済州ファンや少数の人だけが見ているでしょう。試合を見た人は知っているでしょう。浦和がホームでどのくらい汚いのか、審判の判定が(浦和寄りに)一貫していたという事を。しかし、試合を見ていない人は、このような類の記事を読んですぐに判断してしまうでしょう。(+3 いいね) (※補足、このコメントでの「記事」とは韓国メディアのWIKITREE (韓国語) 「国際恥さらし」済州ユナイテッド - 浦和レッズ乱闘(映像)のことです。挑発は事実じゃないのにすべての韓国メディアが書くはずもありません。 )

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

済州も間違っていたが浦和も間違っていた。(+19 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

審判を買収するのはよくあることで、悔しければ刃を研いで次のサッカーに出直さなければいけない。選手が潰れるようなファウルをされたわけでもなく、遠慮なく挑発してきたこともないのに...3対0では完全に負けたということ。(+3 いいね)

↑ 指三つ立てて嘲笑したことが「遠慮なく挑発」にならないなら、何をしたら挑発になるんだ? (+3 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

浦和猿の奴らには法の通りにしたらいけない。(挑発されたら)その場で直ちに報復が答えだ。 足を折ってサッカーできないようにしていたら良かった。(+1 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

済州が間違っていると考えるのが妥当だが、勝者も勝者なりのマナーを守らなければならない。自分だけで喜んでいればいいものを、なぜ負けたチームに挑発をするのか。その行動は小学生だね(+1 いいね)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

記事をざっと読んだが、相手が、挑発して起きたことを我慢しなかったのも間違いなのに、日本の子供(選手)たちは勝利してからうちのチームベンチに来てセレモニー(挑発)したら(済州の控え選手が)怒って駆けつけて一緒に戦ったようだ。(+229いいね)


翻訳コメントは以上です。最後のコメントのように、試合映像を検証してもいないのに、「勝利してからうちのチームベンチに来てセレモニー(挑発)」というのを信じ込み、さらには、「いいね」が229も大量についてしまう。今の韓国社会を象徴しているような気がしました。

おまけ、試合中の3点目のゴール後に、槙野選手らが韓国ベンチを挑発したという噂も韓国側にありますが、下の映像のように、槙野選手(背番号5)の視線も手の振りも、完全に上のほうの観客席を向いているのは明らかで、韓国ベンチを挑発していないことがわかります。
槙野は知人にアピールしただけ 浦和レッズ対済州 森脇選手のゴール後に喜ぶ槙野選手 - YouTube


もっといい良い映像があればコメント欄で教えてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント翻訳元 Facebook kang.eunbangsportsgcomjtbcsportschanjinJleaguebotbrandonleejungwookKLeagueClassicsportsgcombalta.ra1ourkleaguewikitree
槙野ACL済州


カテゴリ:日本・日本人への評価 サッカー