カリフォルニア州で発生した山火事の被害が過去最悪規模になっています。特に主要都市サンタローザでは住宅街の多くが消失するなど壊滅的な被害を受けています。
サンタローザ

焼失後のサンタローザを撮影した映像と、転載先のニュースサイトに寄せられたコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。







以下、海外の反応

悲しい。まるで激しい戦争があったかのようだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

住み慣れた家を失うというのはとても悲しいことだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ここは私の故郷です。私の両親と実家は、今のところ運良く難を逃れたが、火災の被害を受けた友人が無数にいました。本当にショックです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

13日の金曜日の数日前から起きてしまったね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

郵便公社の職員が、破壊された家宛への郵便物を配達している様子を撮影した映像(※コメント翻訳元は転載先のニュースサイト1 2


↑ 悲しい光景だ。アメリカ合衆国郵便公社は伝説になった。

↑ 大きすぎる損害ではあるが、郵便物は配達しなければならないね。雨の日も、雪の日も、そして火事の日でも。

↑ この家の所有者のことを思うと心が痛む。どんなにつらいか想像もできない

↑ 郵便配達人はおそらく、月々の住宅ローンの書類を配達しているのでしょう。

↑ これは馬鹿げている。 家が消失していれば、郵便物が簡単に盗まれてしまう。

↑ 今回の火災をきっかけに彼らのキャリアに感謝する機会が訪れた。

 ↑ 核戦争になっても同じことが起きるのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

悲しいことではあるが多くの人が車を残したままというのはなぜなのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なぜアメリカ人はコンクリート材料から家を建ないのですか?私は火から家を守るために効果的だと思う。

↑ 地震の被害も考えられるし・・・

↑ カリフォルニアのやり方が悪いのであってアメリカ全体の話ではない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

問題は火災そのものではなく、火災が我々の家を消失させるチャンスを与えたということだ。なぜ我々は木々や木材で家を建てているか?コンクリートはもっと良い。コンクリートと煉瓦は屋根も保護できる。損傷しても危険なものではない。

↑ それらの家は、工期が長くかかる上、とても高価だったようですよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

唯一の解決策は壁を構築することかな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私はその地区に家を持っています。焼けてしまったかもしれない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私の友人が亡くなりました。😭😭

↑ お悔やみ申し上げます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私の家は消失してしまった。

↑ あなたは生きている!うん、あなたが生きていることに感謝します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

胸が痛む。大統領はどこだ? ああ、デイケアだったか。


以上、コメント翻訳元youtube、Facebook1 23 カテゴリ:びっくりニュース 
スポンサード リンク