先のボクシング世界戦で山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリにドーピング疑惑が出ています。メキシコ人ボクサーは「肉を食べた音が原因」と主張してドーピング疑惑を否定する傾向があるため海外からは「同じ言い訳ばかり」といった批判が多く寄せられています。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳して紹介しますが、問題点を理解するために先に関連ニュースからご覧ください。
世界ボクシング評議会(WBC)は15日の世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を破って新王者となったルイス・ネリ(メキシコ)が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したと23日、公式サイトで発表した。筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つという。WBCは調査を進めるとしている。

 日本ボクシングコミッション(JBC)には既に連絡があり、B検体や試合後に採取した検体の検査結果を受けてWBCと対応を協議する方針。
山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤、WBC発表 - 共同通信 47NEWS
クレンブテロールで問題となったのが三浦隆司(帝拳=引退)との激闘が年間最高試合に選定された前WBCスーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)だ。昨年、同じく激闘を売り物にするオルランド・サリド(メキシコ)との防衛戦を前に、やはりVADAの検査でその物質が発見された。しかし試合は挙行され、予想を超える死闘の末、ドローでバルガスが辛くも防衛を果たした。

 この時バルガスのプロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は「彼がメキシコのキャンプで食べた肉にクレンブテロールが混じっていた可能性が高い」と報告。バルガス本人も「検査の前に2日連続して牛肉を食した」と認めた。同様なケースでは同じくメキシコの4階級制覇王者エリク・モラレスがダニー・ガルシア(米)との第2戦を前に同じ物質が検出されたことがある。モラレス陣営も「食べた肉に偶然入っていた・・・」と主張したが、試合後サスペンド処分をニューヨーク州コミッションから科されている。

 バルガスがリングに登場できた理由にはアマチュア当時、オリンピック規格の厳格なドーピング試験を何度もパスした実績や相手のサリドが以前、ネバダ州コミッションから違反薬物でアウトになった背景から、自身で率先して検査を受ける姿勢を見せたことが挙げられる。またGBPが政治力でWBCを説得したとも推測できる。

 今回、ネリのケースもメキシコでは“食肉説”が主流。アメリカで飼育された牛肉を(人と物の交流が多い)アメリカ国境に接する町ティファナに住むネリが食べたから――と報じるメディアもある。新王者ネリから薬物反応。山中が失ったベルトの行方はどうなる?Yahoo!ニュース

以下、海外の反応。すべて英語圏ユーザーのコメント。


ルイスネリーがPED(運動能力強化薬物)で陽性だったことに激怒している。山中は、この男のために無駄な時間を過ごしてむちゃくちゃにされてしまったな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

たぶん、↓この物質が「汚れた牛」とされているもの。
「ジルパテロール(塩酸ジルパテロール;コードネームRU 42173)はβ2アドレナリン作動薬である。商品名のZilmaxの下で、牛のサイズを大きくし、授乳の効率を上げるために使用されている。」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私は、バンディードバルガスのように肉を言い訳にして責任を回避するだろうと予測する。(※補足 先に引用したニュースのフランシスコ・バルガスのこと、「バンディード」は愛称です。)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼とモラレスは同じ場所で調理されたものを食べたのかな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

その汚い言い訳を使うのは何回目なのかな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

メキシカンや黒人は、ドーピングに多く引っかかる。それなのに必ずと行っていいほど見苦しい言い訳をして否定しようとする

↑ ロシア人を忘れてはいけないよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アメリカのボクサーは牛を食べない...ティファナのメキシコ人だけが食べるようだね。...(輸入、密輸?)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ボクサーは菜食主義者にならなければいけないのか。それでも彼らは「汚れた豆」という言い訳を考えるだろう。(アメリカ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「結論を急いではいけませんよ。受け入れられる言い訳のサンプルがあるから私の方から先に公表しておきましょう。」(※補足 メキシコを本拠とするWBCかWBC会長を指して皮肉っていると思われます。)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼は、肉についてのTUEを忘れていたのかな。
TUE(治療使用特例)について|PLAY TRUE|JADA
忘れてはいけない、TUE(治療使用特例)申請
アスリートには、病気や突然の怪我がつきものです。「禁止物質を使わないと、治療できないと主治医に言われてしまった。もうアスリートをやめなければいけないかも……」。そんな風に悩んでいる方はいませんか? dm TUEとは、「治療使用特例」のこと。禁止物質や禁止方法であっても、事前に所定の手続きによってTUEが認められれば、例外的に使用することができるんです。ただ、TUEが承認されていなければ、医療上の理由でも禁止物質・禁止方法を使用できません。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

山中は怒っているだろう。公正であるべきはずの世界戦が、無効試合か反則勝ちに変わってしまう。
まずは、山中の反則勝ちにして、他のボクサーへの抑止のためのメッセージを送ってほしい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

他のメキシコ人ボクサーも不正行為をしたのか。驚いたよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なんてこったい、糞詐欺師

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ネリは不正行為を潰そうとしているのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

山中は、ネリが処分を受けた後でも同じ状態には決して戻れないだろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ベルトを返せ、クソ野郎。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

汚染されたタコスビーフ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この男は好きだった。118(バンタム級)のビッグチャンスを得たというのに、裏切りやがって。(イギリス)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

まだ私は混乱してあまり理解できていないけど、これがそんなに重要な問題なのか。(国籍不明)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

結局、ルイス・ネリは薬を服用して伝説の遺産を台無しにしたってことだろ。卑劣な奴め。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

とりあえずはBサンプルの結果を待ちましょう。もしもBサンプルが陽性になって処分が起きないのであれば、WBCが薬物詐欺に弱いことを示すだけです。


以上、コメント翻訳元boxingscenetwitter
20170824-000037 カテゴリ:ボクシング