北朝鮮の金正恩氏、中国を訪問 ロイター
2018年3月27日 / 03:04
[北京 26日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国を訪問したと、ブルームバーグが26日、関係筋3人の情報として報じた。報道が確かであれば、北朝鮮の最高指導者の地位を継承した2011年以来、初の外遊となる。
訪中の理由や旅程などの詳細は明らかになっていないという。
ロイターは金氏の訪中を確認していない。
これに先立ち、日本の複数メディアが、北朝鮮要人が特別列車で北京に到着したと報じている。 (以下省略)
CNN.co.jp : 金正恩氏が訪中か 「謎の」列車が北京に到着
(CNN) かつて北朝鮮の最高指導者が外国訪問の際に使ったのと似た列車が中国に到着し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国を訪問して会談を行うのではないかとの憶測を呼んでいる。

北京の駅に停車している列車の写真や映像は、現地時間の26日遅く、インターネットで出回った。北朝鮮要人が過去に滞在したことのある北京の国賓館は厳重な警備に守られている。

金正恩列車
via twitter.com/livedoornews


このニュースについてSNS等に寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。以下、海外の反応

何が起こるか見届けましょう。 私たちが驚くかも知れないことを イギリス



列車で到着したのか、ロケットではなくて。



海外に列車で行くというのが印象的。



中国の盟友として, 金正恩はドナルドトランプに会う前に習近平に相談しなければならない。キムは中国からの支援なしで外交政策に誤りがあってはならない。



キムは政治亡命を懇願するために逃亡している。



彼は北朝鮮から離脱したんだ。



彼が戻ってこれないか心配だ。



今が北朝鮮でクーデターを起こすチャンスだ。



ロシアの基準では金正恩は偉大な指導者だ。非常に賢い男で西洋諸国に亀裂をもたらした。 南アフリカ



西洋諸国の嫉妬が膨れ上がりそう。それにしても北朝鮮の指導者が「重警備」もなくどこへ行こうとするのか ガーナ



北朝鮮はまだ生きている。トランプ政権は和平交渉で立往生してしまった。



彼は新しいiPhoneが必要です。



キムはトランプよりもずっと成熟していることが、ここ数ヶ月の間で明らかになった。

↑ 君は北朝鮮に移住しなさい。



彼にとっては最初の外遊だよね。彼はなにかを企んでいる。



金正恩の主人が彼を召喚したと思う。



2011年に父親が中国の首都を訪問するために使おうとした列車に似ている。その直前に亡くなったのだが。



金正恩もイエズス会の操り人形の一人。所詮彼は俳優に過ぎない。 イギリス



この陣営は、戦争を画策するために選ばれたものである。



なぜ中国が最初に彼と話したいのか。



まったくトランプを信用していないということか.....



ロケットマンvs老衰、暴君の衝突!!



この偉大な男はアメリカの征服と略奪から国を守ろうとしている。 フィンランド



サダムとカダフィが核兵器を持っていたら彼らもまだ健在だっただろう。



このロケットマンが、アメリカはそれほど素晴らしくないことを証明してしまった。 イギリス



いいニュースだね。



金正恩を信用してはいけない。


翻訳コメントは以上です。(コメント引用元facebook1facebook2facebook3yahoo.com1yahoo.com2

カテゴリ:政治、国際関係