海外のボクシング系YouTubeチャンネルが井上尚弥のボディーブローに注目して映像をいくつかまとめていました。映像を見た海外ユーザーと思われるコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。

■映像
Naoya Inoue - Routes to the Body - YouTube 2018/11/24公開
Naoya Inoue: Routes to the Body - YouTube 2015/12/31公開
井上尚弥ナルバエス

以下、海外の反応(コメント引用元 youtube、4chan、twitter


(※動画作成者)現代ボクシング世界屈指のボディパンチャー!井上は最も優れたP4Pファイターの1人ですが、彼のボディー打ちは相変わらず私にとって最も印象的な資産です。



なんて痛そうなボディーブローなんだ 😣



モンスター井上は現時点で最高のファイターだ!



彼は本当にボクサーとして完全なパッケージだ。優れた足の運び、優れた反射神経、優れたボクシングセンスと体重を超越した重いパンチ。1万年に1人といっていい。



私の気持ちとしては、このボディーブローを自分で体験してみたい。でも私のボディが私に訴えるんだ「嫌だあああ!」って。

↑ (笑)。

↑ それは仕方がないよ。




彼が(ルイス・)ネリやドネアと対戦しても素晴らしい戦いをして勝つだろう。



屈指のボディパンチャーだけでなく、私が今まで見た中で最高のボクサーの一人!



デヤン・ズラチカニン(元WBC世界ライト級王者)(wiki)
モンスター、見ていて凄い。



このボディーショットはモンスター。



ロマチェンコと井上は捨てパンチを使いこなすマスター。ほとんどのボクサーは、連打を打つときにどのパンチにも負荷をかける。しかし二人は使い捨てパンチを使ってポジションを獲得して優位に立つ。



彼とファイティング原田で、どちらが日本最高なのかと比較している人もいる。ちょっと早すぎるかもしれないが非常に高い評価なのは間違いない。



Kaibutsu !!!!今、最もエキサイティングなファイターがどこまでいけるのか大いに期待している。この子ならできる!



今日、この日本人を見てすっかりファンになった。尚弥、君は将来122パウンド(スーパーバンタム級)で輝かしい未来が待っている。





「神の左」と呼ばれる山中が引退した今、井上がボクシングの皇帝1番手でしょう。



日本のボディスナッチャーはリング上では本当にモンスターだ!



この男は野獣だ。今の所私は彼にp4p6位の評価をしている。



彼のプロの試合を1試合見て、彼はいつか本当にビッグになると思っていたよ。



優れたボディショットに勝るものはない。


翻訳コメントは以上です。下の関連記事もぜひご覧ください。
井上尚弥のディフェンススキルを集めた映像に海外ユーザー驚嘆
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)

カテゴリ:井上尚弥 ボクシング