ホリフィールド氏、来年3月日本で“リング復帰” エキシビションマッチで「諦めない姿勢見てもらいたい」― スポニチ
2019年10月1日 18:16
プロボクシングの元WBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者のイベンダー・ホリフィールド氏(56=米国)が1日、都内で会見し、来年3月に日本でエキシビションマッチを行うことを明かした。
~中略~
「3月のエキシビションに向けて体を絞っていく。私がリングに上がることで勇気を与えたい。諦めない姿勢を若い人たちにも見てもらいたい」と抱負を語り、シャドーボクシングも披露した。対戦相手などは今後、詰めていくことになる。(以下省略)
来日ホリフィールド

このニュースについて海外ボクシングファンと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 facebook、boxingscene

以下、海外の反応


これはジョークなのか。



マイク・タイソンに電話して対戦をお願いしよう。もう二度と耳を噛まれないようにね。



彼のインタビューでの話しぶりを見ていても、すでに壊れているように見えるが。




イベンダー・ホリフィールドが金銭的な理由で大きなリスクを負うのを見るのはとても悲しい。彼の全盛期は偉大なボクサーだった。☝️💥👊🥊👏



これはただの「エキシビション」だよ。落ち着こう。とにかく、ボクシング生活を続けることでホリフィールドが自分自身を元気づけているのは間違いない。



これが間違いであることを願っている。彼はすでに話すのにも苦労している。

↑ 同じことを思ったよ。私は先日彼をショーで見かけたけど幸せそうではなかった。なぜ彼は戦いたいと思うのだろうか。



彼は(マイク・タイソンと初対戦したときのような)ヘッドバットを炸裂させて、勝利への道を歩むだろう。



日本の人たちがお金を払うと言っているのであれば、関係ない人がどうこう言って台無しにしないでね。ここで文句言っている人たちは、日本のエキシビジョンマッチで9分間戦って900万ドル稼いだメイウェザーも否定するんだろうね。



彼はもうリングに戻るには壊れているよ。彼は時間を無駄にしているし、お金を払ってまで見たい人はだれもいないでしょう。



全ては金のため💰



エキシビションで少々お金を稼ぐのがなぜ悪いのか。引退してからも長期間エキシビジョンをしているボクサーはたくさんいる。マイク・タイソンもエキシビジョンツアーを開催していた。



この男はまだまともな状態だが、もう戦う必要はない。もし彼がリングに入ったら彼を早々にノックアウトして、この愚かなカムバックを終了させてほしい。偉大なボクサーがグローブを下ろすことができないのはうんざりだ。彼は私の好きなボクサーだし、アリのように彼を終わらせたくない。



今の時点で彼は孫のような相手と楽しんでいるね。

↑ その時はチャリティー活動中だよ。
(※参考ニュース)優しさヘビー級 ホリフィールドさん、千葉でがれき撤去ホリフィールドさんはこの後、子どもたちを元気づけたいと、町立の鋸南幼稚園、鋸南小学校へ。子どもたちを抱き上げたり、ハイタッチしたりして交流し、お菓子や果物、毛布を手渡した。



イベンダーはとても謙虚、彼のリング内外での行動は常に尊敬している。



次はルイス、ボウ、テリー・ノリスかな。再び90年代に逆戻りだ。



彼は「モハメド・アリみたいになりたくない」って言っていたのに、これは悲しい。



彼はすでにサッカーチームを作れるくらいにたくさん子供がいる 😂
(※補足 9人の女性との間に11人の子供がいます。情報元



彼の対戦相手は脅威になるような相手ではない、ホリフィールドの脅威になるような相手とエキシビジョンマッチはしないでしょう。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)
カテゴリ:ボクシング