後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
スーパーフライ級の世界的強豪を集めた3大マッチ「スーパーフライ」が9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで開催され、メインイベントのWBC世界同級タイトルマッチでは、王者シーサケット・ソールンビサイ(30)=タイ=が4回1分18秒KOで同級1位ローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア=を沈め、初防衛に成功した。

 3月に僅差判定勝ちで王座を奪ったゴンサレスとの再戦を衝撃の右カウンター2発で完全決着をつけたシーサケット。この日のリングでは挑戦者決定戦も行われ、元WBA、WBO世界フライ級のフアンフランシスコ・エストラダ(メキシコ)が挑戦権を獲得。またWBO同級王者・井上尚弥(大橋)が6回TKO勝ちで鮮烈の米国デビューを飾った。

 勝利者インタビューで今後戦いたいのは「エストラダ?井上?」と問われたシーサケットは「誰とでも戦う。誰も怖くはない」と自信満々に言い切った。
ロマゴンに連勝のシーサケット 次に戦いたいのは井上?それともエストラダ? デイリースポーツ online

■HBO公式ハイライト映像




以下、海外の反応。
チョコラティートはローマンゴンザレスの愛称です。

信じられない! あっぱれだ、我が国が勝った!信じられない! タイ

↑ おめでとう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

チョコラティートがノックアウトされるなんて悲しい。ビッグマッチに勝ったソールンビサイは今が全盛時でしょう。

↑ その彼も次の試合に井上と戦ったら、確実に負けるでしょう。

↑ チョコラティートは過大評価されていた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ゴンザレスのディフェンスは駄目だ。もし彼が井上と戦ったら再びノックアウトされるだろう。とはいっても誰も井上とは戦わないだろうけどね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

あの男ソールンビサイは、若いときのマニーパッキャオを思い出す。とても優秀だ! 彼はアグレッシブで常に前進しながらパンチを放っている🥊 アメリカ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

新しい"pacquiao 型"のチャンピオンだな! 最初の試合はまぐれだと思っていたが、この男は本物だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

次のアメージングファイトは、ソールンビサイvsエストラダ、井上尚弥vsクアドロスでお願いしたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ローマンに尊敬する気持ちは変わらない。彼の無敗レコードは決して破られないだろう。しかし115(スーパーフライ級)は彼にとって大きすぎた。

↑ 彼は誇大宣伝されたままで負けてしまった。ボクシングに精通している人なら誰もが、彼がパウンド・フォー・パウンド1位ではないことを見抜いていた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

何て試合なんだ。.ローマンが負けてしまうのは悲しい..... 言い訳ではないが、 彼は試合前にナーバスになっているように見えた。 アメリカ

↑ 彼は階級を上げてから直近の3試合の出来が悪い。

↑ もはや「誇大宣伝」だったとしか言いようがない。

 ↑ 誇大宣伝というのはどういうことなのか。彼は46勝無敗、複数の階級を渡り歩いたのに.... 宣伝?..... ここから出ていってくれ。 アメリカ

↑ 彼は終わってはいない。しかし階級を落とす必要はある。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

チョコラティートは恥じる必要はない。彼は本当に小さい男だったし、それで4階級も階級を上げてきて、全ての階級で世界王者になった。彼はリングの中でも外でも非常に謙虚だ。彼はまだ若い。彼は回復するのに時間的な余裕がある。
私達にとってボクシングは娯楽だが、彼にとっては仕事だ。 アメリカ

↑ 彼は階級に見合うパワーがなかった。 彼は最大の戦いを追い求めすぎて、少し遠くまで行ってしまった。 アメリカ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ローマンは、父親が亡くなった後に衰えたな。 タイ
(※補足 実の父親ではなく、プロデビュー時から指導を受けてきて父のように慕っていたアルヌルフォ・オバンド氏が2016年11月に脳卒中で倒れて死去しています。)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

チョコラティートのファンは,(ソールンビサイ)との第1戦いから言い訳を作り出している。. 2戦目の今回は風邪を引いてノックアウトされたと言っている。彼は決して伝説にならないだろう. チョコのファンはつまらない言い訳をしている ハハハ!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ソールンビサイは、この階級では パワーと非常に強い顎を持っていて、激しい戦いでも耐えられて勝てたのでしょう。チョコラティートは大丈夫だと願いたい。 アメリカ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

チョコラティートは偉大だが、彼はこの戦いの準備ができいなかった。実際ソールンビサイはモンスターだ。ソールンビサイ vs 井上なら、とんでもない試合になるだろう。

以上、コメント翻訳元facebook()、youtubeboxingscene
ロマゴン連敗
スポンサード リンク