出産73歳マンガヤマ・ヤラマティ
73歳女性が双子を出産 不妊治療経て初産=インド - BBCニュース
インドで5日、73歳の女性が双子の女の子の赤ちゃんを出産した。82歳の夫との間でなかなか子宝に恵まれなかったが、体外受精(IVF)を経て、ついに第1子を迎えた。

母親となったのは、南部アンドラプラデシュ州のマンガヤマ・ヤラマティさん。
「(不妊治療に)何度もチャレンジし、何人もの医師と出会った。それだけに、いまが人生で一番幸せ」と、出産後の心境を語った。

出産は帝王切開によって行われたという。担当医師は、「母子ともに順調」とBBCテルグ語に語った。
ヤラマティさんはこれまで、子どもがいないことで、住まいのある地域や村で汚名を着せられたり、近所の集まりに入れてもらえないことがたびたびあったと話す。
「よく『子なし婦人』と呼ばれました」

夫のシタラマ・ラジャラオさんによると、体外受精を始めて、2カ月がたたないうちに妻の妊娠がわかったという。
「私たちは、この上なく幸せだ」と、ラジャラオさんは喜びを語った。
ただ気がかりなことに、双子誕生の翌日、ラジャラオさんが心臓発作に見舞われた。現在、病院に入院中だ。
インドでは2016年にも、70代の女性ダルジンダー・コーさんが男の子を出産して話題になった。

このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 facebook
baby-256857_1280

以下、海外の反応


これは美しい話だけど、両親の年齢を考えると心配事が増すばかりでしょう。 父親は脳卒中からリハビリ中で、母親も手術から回復するのに時間が必要になる。



これは本当に医者の無責任!この医者は、子供が18歳までになるまで経済的に責任を負うべきだね!この子達を養子に迎えてくれる若いカップルが現れてほしい。



この可哀想な子どもたちは5歳になるまで孤児になる可能性が高いでしょう。すべての女性は赤ちゃんを生む権利があります。でも子供がほしいということであれば、どうしてもっと若いときに体外受精をしなかったのでしょうか。




30代でも大変なのに・・・70代なんて想像できない!



医者が73歳の女性のために体外受精を承認したなんて信じられない.



これはとにかく間違っている。医療従事者はこのような年齢の人に体外受精をさせるべきではない。この両親も信じられないほど利己的だ。



なんとか両親ともに100歳以上生きてほしい。このような遅い年齢でも、子供を生むことができて、サポートが受けられるのは素晴らしいことです。そして彼女が居住している村は、彼女をもっと寛大に扱ってほしい。



私はたった41歳で出産してへとへとに疲れました(笑)73歳でこれをやり直せなんて想像できません。彼女のために、そして双子に、強力なサポートシステムがあることを願っています。



(※上のコメントとは別の女性)私は41歳で出産して、その出産で私の体を完全に壊しました。この話が本当であればであれば、彼女へ最高の賛辞を贈ります。



うまくいったことについては驚くべきことだけど、子供たちのことを考えると悲しい。



同じような文章をコピペして批判している人がいる。両親が若くても交通事故や銃撃、癌や食中毒で亡くなることもあるでしょう。誰にも生きている保証はないし、誰かと過ごす時間は誰であっても同じように貴重です。

↑ この場合は亡くなる可能性が違うでしょう。



体外受精を行った医者は、免許を剥奪される必要があると思う。



私は45歳で3番目の子供を生み、今は2歳ですがもうヘトヘトです(笑)。私の身体にも多くの問題が起きてお金が相当かかっています。73歳なんて想像できませんね。双子のためにもたくさんのサポートがありますように!



私達の身体には驚くべきことが起こりますね。だからこそ私たちは常に自然を大事にするべきです。

↑ これは自然とは関係ありません。自然というのであれば、彼女は妊娠できなかった、それが自然でしょう。



彼女はさらに30年生きて、子供の成長を見守ってほしい。



それで、彼女は大人と赤ちゃんのおむつの両方を買うのかな?隣人にも頼んで。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)

カテゴリ:びっくりニュース 社会