今回は、ロンドン世界陸上400mリレーで銅メダルを獲得した日本に対する反応を紹介します。英語圏では、ボルトと金銀のイギリス・アメリカの話題ばかりで日本はほとんど取り上げられていないので、韓国の反応に注目してみました。

韓国人が見たニュースの日本関連部分の翻訳は下のとおりです。後述で韓国人ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。
多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司の順番に走った日本は38秒04で3位に上がった。 昨年のリオデジャネイロ五輪でこの種目2位を占めた日本は世界選手権初メダルを獲得し、「400mリレー大国」の地位を固めた。ボルト、悪夢の最後の戦い... イギリス、男400mリレー初優勝 聯合ニュース(Naverスポーツ)





以下、韓国人の反応

日本はシステムの勝利だ。リレーは本当にいいね。 (共感6非共感0

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本はオリンピックに続き、世界選手権でもメダルを取った。中国も4位...(共感1174非共感49

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本がすごいのは、4人のランナーたちに9秒台が一人もいないこと。(共感55非共感5

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本はバトンタッチが本当に速くテンポよく行われる。東洋人の限界をバトンタッチでカバーしてメダルまで取っている。 (共感9非共感1

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

同じ東洋人なのに、日本、中国の陸上は羨ましいですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

400mリレーはバトンタッチ戦略だけで2-3秒程度まで記録を速めることができている。黒人や白人は体の構造が大きく有利であるため、バトンタッチよりランニング自体に重きを置いて訓練しているが、それ以外の東洋人はバトンタッチトレーニングに最善を尽くしている。特に日本はその傾向が強い。 日本はバトンタッチの重要性をも大きくした。 (共感53非共感12

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本は2012年のオリンピック銅メダル、2016オリンピック銀メダル、中国は過去2015世界選手権銀メダル...確かにリレーは一人一人の能力が多少不足してもバトンタッチ呼吸を磨けば、アジアの国でも強者になることがある。 (共感47非共感5

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本の陸上は強豪だと認めなければいけないでしょ、君たち。日本の陸上は私達よりも遥かに上を言っている。日本の高校インターハイを見ても10秒台前半の選手がたくさんいる。これは中高校時代から体系的な育成をすることで出てくるのだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本の陸上界は混血が増えて代表席を多く占めている。 (共感38非共感36

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本のリレーチームには混血なく黒人もなく4人すべての純粋な日本人なのに?無知なやつが捏造扇動をしようとしているな。ふふふ (共感10非共感0

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

あれ?日本のケンブリッジ飛鳥はどこへ行った。

↑ その子は(決勝には)出場していません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

少し昔の話だけど桐生のような純血の日本人が10.01で最高記録だよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

わが国で混血として生まれると、幼い時から人種差別されていじめられて大人になってもほとんど外国人労働者扱いを受ける。社会でアウトサイダー扱いとするよりは、日本みたいに国家にプラスになる運動選手に育てたほうが100倍200倍は良いと考えられるが私だけなのか... (共感6非共感0

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本のスポーツ育成投資システムはすごいね。 (共感10非共感2

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今回の日本は混血選手がいなくてメダル。選手層が厚い(笑) (共感4非共感1

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

結論的に韓国は金国栄選手が生まれたこと以外に一つも良いことがないよね。
金 国栄(キム・グクヨン、1991年4月19日 - )は、韓国・安養市出身の陸上競技選手。専門は短距離走の100mで、自己ベストは10秒07の韓国記録保持者である。金国栄 - Wikipedia
6月下旬に10秒13、10秒07と立て続けに100メートルの韓国記録を更新した金国栄、陸上男子100メートル9秒台に挑む韓国人・金国栄選手 (1/2) 〈AERA〉

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本と中国が3位と4位、私たちも金国栄のような選手4人いればメダル圏が可能だった。 (共感5非共感14

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本や中国が400メートルだけよくなったほんのひと時だけ、陸上強豪として扱う韓国のコメント水準、ふふふ。 (共感5非共感32

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なんでも、日本や中国の悪口を言うわけではない。 このような問題は認めなければならないのだ。 純粋な日本のやつらの中に金国栄より早いやつが4人以上もいるのだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本、中国が3位、4位になっているとき...私たちは、孫基禎時代の記録を持ち出す。(共感3非共感0
孫 基禎(そん きてい、ソン・ギジョン、1912年8月29日 - 2002年11月15日)は、日本統治時代の朝鮮出身の日本の男子マラソン選手。1936年のベルリンオリンピックで、アジアの選手として初めてマラソンで金メダルを獲得した。孫基禎 - Wikipedia

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今はボルトが問題ではなく、中国と日本の400リレーの成績が2位〜4位なのが日常茶飯事ということだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本、中国、陸上は私たちより上。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本、中国、すごい。金国栄一人で支える我が国は・・・。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日本はすごい。中国もすごい。韓国はいつになったらオリンピックや世界選手権でメダル取るのだろう。


以上、コメント翻訳元sports.news.naver.com
日本銅メダル世界陸上400mリレー
via twitter.com/tbsrikujou
スポンサード リンク