英バーミンガム近郊にあるソリフル病院(Solihull Hospital)を67歳女性が白内障手術を受けるために訪れた。眼科専門研修医のルパル・モリヤリアさん(Rupal Morjaria)が、手術前の女性の眼の状態をチェックしている際に青っぽい塊を見つけた。取り出してみると、なんと17枚の古いコンタクトレンズが重なりあった異物と判明した。

それだけではなく同じ眼からさらに10枚のコンタクトレンズが取り出された。なんと女性は使用したコンタクトレンズを装着したまま忘れてしまい、それが幾度となく繰り返され27枚ものコンタクトレンズを放置していたのである。
女性は「コンタクトレンズが眼の中に残っているなんて知らなかった。眼の不快感はドライアイと歳のせいだとばかり思っていました」と話している。
~中略~
女性は過去35年間コンタクトレンズを使用し続けてきたが、一度も定期検査を受けたことが無かったという。今回の事態に動揺した女性だが、コンタクトレンズを取り出してから2週間経った頃には眼がとても快適に感じると周囲に話しているそうだ。
(全文は引用元参照英女性の眼球から27枚の古いコンタクトレンズ 使用を忘れ幾度となく装着 - ライブドアニュース
さらにCNNの報道から補足すると、使用していたのは毎月交換の使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズで、目に残っているレンズがどの程度古いのかは不明とのことです。また多重に装着したのは右目だけで、左目は誤った装着はしておらず正常とのことです。(情報元 - CNN.com(英語)

海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。




以下、海外の反応

どうやったら目に27個ものコンタクトレンズを入れられるのでしょう。私なら1つでも瞼の下に入ってしまったら、すぐにわかるのに。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私はコンタクトをしてから10年ちょっとになりますが, レンズが消えたら探すだろうし目の中にあれば違和感を感じます。なんでこうなったのか理解できないが、数回も眼科医に検査してもらったのに発見できなかったことも同じくらいに怖いです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この女性は認知症だと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

目が覚めたら目の中にコーンフレークが入っているというイメージかな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最大級のキモいニュースだ。これはとても痛かっただろう。私なんかコンタクトを使たまま昼寝しただけでも痛いよ。なのにこんなことが起きたら地獄だ。彼女の場合は溶けて分解でもされてしまったのか。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これは本当にフェイクニュースのようにも思える。コンタクトの残りの部分が目をスクラッチしているのに、10個でも物理的に不可能です。

↑ 深刻な精神異常かもしれないが, この話は完全に信じられない話として注目を得ています。

↑ 人間というのは、どんなことでもしてしまうことがあり得るということだね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この写真を見たとき胸のシリコンを埋め込んだものだと思いました。
fn4pnxac
via CNN.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

次は彼女のタンポンもチェックしたほうがいいかもしれない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

白内障で検査していたのに、彼女の目の中のコンタクトレンズを見ていなかったの?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼女のために脳移植をしてあげましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これはイギリスの医療の質がよく表れている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

見逃していたドクターの名前を知りたいな。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これは私にとって最悪の悪夢だわ(笑)。私はコンタクトが眼の淵に迷い込んだことがあるけど、5分くらいでもパニックになりました。こんなことは想像できない!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼女はすぐに白内障手術を受けることができなかったというのは、とても奇妙だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

私は20年以上前からコンタクトレンズを使っているけど, これは全く理解できません! 目にひっついて挟まれてものがあれば不快に感じるのに!!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

一か月交換タイプのレンズだとすれば年に12回は目に接点があるはずです。もしも普通に取り除いてからつけていれば快適な生活を送れたはずですね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1日交換タイプだったらもっと早くに気付いただろう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼女は(定期検診なしで)どうやって新しいコンタクトを手に入れたのだろう。(アメリカ)

↑ 1年分までなら買えますよ。私は先月12か月分を購入しました。パッケージに少し傷のあるものです。(アメリカ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

色々なところをチェックしても、結局この話は理解できない。私はコンタクトが乾燥しただけでも目が痛いのに27も? この女性は認知症かある種の記憶喪失なのかをチェックする必要があるでしょう。


以上、コメント翻訳元Facebook cnnnytimesyahoonewsgizmodotheguardian カテゴリ:社会 ヘルスケア、医療
スポンサード リンク