トマタンカゴメと明和電機が走りながらトマトを食べられるロボットを開発しました。名前は「ウェアラブル(身に着けることができる)トマト」で、愛称は「トマタン」。2月22日の東京マラソンに向けた宣伝がなされ、2月19日にカゴメで映像が公開された所、瞬く間に世界中で評判になっています。





■以下、海外の反応

・ピザでも同じようなロボットを開発できないかな。もっと便利になると思う。

・古典的な珍道具だ・・・

・日本の「チンドウグ」は決して飽きることはない。

・なんでトマトなんだろう。

・これこそ、皆が待ち焦がれていた解決策だ。

・これは人生の意義を現している。

・ああ、これも日本人なのか。吹き出して笑っちゃうようなアイデアをいつも提供してくれる。

・これはチョコレートティーポット以来の偉大な発明だよ。
 (補足 チョコでできた溶けない不思議なティーポット : ギズモード・ジャパン

・エイプリルフールは4月1日、まだ先ですよ。

・より多くのトマトを食べてほしいの!?いいえ、これは広告、マラソン(東京マラソン)の宣伝。

・日本人は地球上で最も奇妙な生き物です。

コメント翻訳元 123
スポンサード リンク