ロブスターを生きたまま茹でるのは禁止に 事前の絶命を義務づけ - ライブドアニュース
2018年1月11日 11時20分
【AFP=時事】スイス政府は10日、暴れるロブスターを熱湯に放り込む従来の調理法を禁じ、事前に気絶させてから絶命させることを義務づけた。動物保護法の全面的な見直しに伴う措置で3月1日から適用される。

 ロブスターを生きたまま熱湯に入れる調理法はこれまでレストランで一般的だったが、今回の法改正によりロブスターは「死ぬ前に気絶していなければならない」とされた。スイスの公共放送局(RTS)によると、気絶させる方法も電気ショックか機械を使った「脳の破壊」しか認められないという。

 動物の権利活動家や一部の科学者は、ロブスターやその他の甲殻類は高度な神経系を持っており、生きたまま熱湯でゆでられると激しい痛みを感じると主張している。

 改正法ではこのほか、生きたロブスターを含む海産甲殻類を氷詰めにしたり氷水に入れたりして輸送することも禁止し、「常に自然の状態に保たなくてはならない」ともされた。
【翻訳編集】AFPBB News

gahag-0108902321


このニュースについて海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応
(コメント翻訳元facebook1facebook2facebook3facebook4

生き物を茹でるのは残酷なんだと気付かせてくれるステップになる。ロブスターは野菜ではない。



ロブスターであろうが牛であろうが残酷な習慣をやめるべきである。全ての生き物は尊敬に値する。 イギリス

↑ 頭を刺したほうがより良いということですね。

 ↑ そうだよ、一瞬の死だから。沸騰させた場合はそうではない。

↑ そのとおりだ。全ての生物はリスペクトされるべきだ。ワクチンも全て禁止にしよう。治療も全て禁止だ。ウイルスもバクテリアも憎むのはやめよう。憎しみを止めて!



人間は動物に対して支配権を持っている。すべての動物は自由な方法で食べられるべきである。

↑ 動物を拷問するのは良い行動か悪いのか。
聖書は私たちに動物に残酷なことをしないように言っています。そしてその日の食事のために犠牲になったことに感謝することを求められています。
あなたが支配権を持っていると主張するのであれば、あなたは生き物の世話をする義務があるということです。 アメリカ



ロブスターを氷に入れることができないなら、どうやってロブスターを麻痺させるのですか?

↑ 調理する前に頭のてっぺんから刺すように鋭いナイフを使ってください。すぐに死にます。



これはいいことだろうね。でも真面目な話、それでも私は沸騰したお湯に放り込むだろう。蓋を閉めていれば、沸騰した泡の音にかき消されてロブスターの叫び声は聞こえない。😆



私たちは他の生き物に配慮しなければならない。あなた自身がカルマで苦しみたくなければ他者を苦しませてはいけない。これは仏教における正義でもあります ミャンマー



スイス人はロブスターにこんな話しをするのかな「少し針を指してチクッとするよ。でもこれ以上は痛くないからね。でも少しだけ気分が悪くなるかな」 シンガポール



今僕は、食べる前にチキンと話しているんだ。😜🤣チキンチキン、本当に申し訳ない。すぐに君を食べなくてごめんね。でも名残惜しいとは思わないけどね。😋 シンガポール



私はロブスターを食べているが、命を終わらせるたびに、多かれ少なかれ残虐なことをしているのではといつも悩まされる。 アメリカ



たとえば、ウサギを絶命させる前にわざわざウサギを気絶させたりするだろうか。 イスラエル



これは正しい方向への小さなステップだ。次はフォアグラを禁止するべきだ。 アメリカ



正しい方向への一歩です. 次のステップはロブスターを食べないことです。 スイス



ロブスターを食べるのはやめよう。



これらはイスラムでは禁止だったっけ? スイス(※返信なし)



牡蠣はどうなるんだ。 ドイツ



🤣もちろん、これはスイスだから。 スイス


翻訳コメントは以上です。 カテゴリ:社会