衝撃のニュースが入ってきました。先にNHKのニュースを引用して、後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたので、そちらもご覧ください。
99.6アイスランド視聴率
NHKニュースから引用2018年6月19日 8時30分

W杯サッカー アイスランド 初戦視聴率99.6%
サッカーワールドカップ初出場の人口35万のアイスランドでは、初戦の視聴率が国内で99%を超えていたと、アイスランドサッカー協会が発表し、ほぼすべての国民が熱狂して試合を観戦した様子がうかがえます。

激戦のヨーロッパ予選を勝ち抜いてロシア大会がサッカーワールドカップ初出場のアイスランドは、16日、優勝候補の一角、アルゼンチンと対戦しました。
~中略~

アイスランドの人口はおよそ35万、東京・新宿区と同じ程度で、ほぼすべての国民がテレビで試合を観戦したとみられています。

同点ゴール決めた選手「残りの0.4%はピッチにいた」
この高視聴率について、試合で同点ゴールを決めたアイスランドのフォワードのフィンボガソン選手はツイッターで「残りの0.4%はピッチにいたんだよ」と反応し大舞台での活躍に小さな国中が沸き立っています。


以下、海外の反応(コメント引用元 Twitter123



アイスランドでは人口の99.6%がワールドカップの自国代表の試合を見ている。アイスランドでは普通のことなのかな。 スウェーデン



ここで湧き上がる本当の疑問、残り0.4%は何をしていたのか?

↑ 出場している選手。



残りの0.4%は昏睡状態に陥っていた。




テレビで見なかったアイスランド人は1200人だけ?

↑ そのとおり。

↑ 大きなスクリーンで同時に見ていたから、その人らはカウントされなかったのかな。

↑ ピッチだけではなくスタジアムにもアイスランドサポーターがいるよね。



私がアイルランドにいて別の番組を見ようとしたら「この映像はあなたのいる場所では利用できません」って出るのかな。勘弁してよ。



実際には人口に対しての割合ではなく、当時テレビを見ていた人々の99.6%が試合を見ていたということ。 カナダ



残念ながら、視聴率99.6%は真実ではない。テレビを付けていた人の中で99.6%がアルゼンチン対アイスランドの試合中にチャンネルを合わせていたのです。それでも、これらの数字は目眩をつくるのに十分です!引き続きワールドカップのアイスランドをチェックしましょう。 アイスランド

↑ 私も同じことを考えていました。残りの人は、グレート・ブリティッシュ・ベイクオフ(※イギリスの人気料理番組)でも見ていたのかな。 イギリス



99.4%がスイッチオンになっているテレビの数の割合を示していることは正しいです。おそらく、テレビで試合を見ていない人は、別にラジオをつけて試合の放送を聞いていたのでしょう。 アイスランド


翻訳コメントは以上です。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたら
ブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)
カテゴリ:サッカー びっくりニュース