海外の反応


スポンサード リンク
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

前田健太、メジャー最少1安打ピッチング、ドジャースファンも「マエケン!」と絶賛

2ac48_1397_216ce5f5_1bfc2103 ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)、本拠地ブルワーズ戦で6回1安打7奪三振1失点と好投し、12勝目(5敗)を挙げた。被安打1は先発試合では自身メジャー最少。「プレーヤーズ・ウィークエンド」のイベントで各チームの選手たちがニックネーム入りのユニフォームで出場する中、「MAEKEN」の文字を背負って、チームを2連勝に導いた。デイブ・ロバーツ監督も「『マエケン』はすごく良かった」と絶賛している。
「MAEKEN」表記のユニフォームを着用した前田健太 好投を監督が絶賛 - ライブドアニュース

7奪三振の公式ダイジェスト映像

この試合についてドジャースファンのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。投球内容も素晴らしく、ほとんどが絶賛しているコメントでした、上の映像を見ても球のキレの良さが伝わってくると思います。唯一の安打がソロホームランとなり6イニングでの降板になりましたが、そのことを批判しているコメントはほとんどありませんでした。
 続きを見る 

「私のママが韓国で整形して60歳から30歳に」海外から賛否両論の大反響

今回は、アメリカ在住の韓国人女性人気ユーチューバーsunnydahyeさんが、自身の母親に整形手術をプレゼントして韓国で整形手術を受けてもらった映像と、その反応について紹介します。sunnydahyeさんは動画の中で英語を堪能に話されていますが100%韓国人の方です。
(※動画の説明文から引用翻訳) 母は私にとってかけがいのない人であり尊敬できる人でもあります。母は今回の撮影モデルの役割を引き受けてくれました。私にとって母であると同時に一番の親友でもあります。母について悪く言ったコメントは消されます。たとえ私を嫌いになっても、どうか母は嫌いにならないでください。それだけはお願いです。サンキュー!

動画のコメント欄には様々な視点から多くのコメントが寄せられていました。海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
 続きを見る 

山中慎介に勝ったルイス・ネリにドーピング疑惑、「メキシコ人は毎回同じ言い訳」と海外から非難殺到

先のボクシング世界戦で山中慎介にTKO勝ちしたルイス・ネリにドーピング疑惑が出ています。メキシコ人ボクサーは「肉を食べた音が原因」と主張してドーピング疑惑を否定する傾向があるため海外からは「同じ言い訳ばかり」といった批判が多く寄せられています。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳して紹介しますが、問題点を理解するために先に関連ニュースからご覧ください。
世界ボクシング評議会(WBC)は15日の世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)を破って新王者となったルイス・ネリ(メキシコ)が試合前に行ったドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したと23日、公式サイトで発表した。筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つという。WBCは調査を進めるとしている。

 日本ボクシングコミッション(JBC)には既に連絡があり、B検体や試合後に採取した検体の検査結果を受けてWBCと対応を協議する方針。
山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤、WBC発表 - 共同通信 47NEWS
クレンブテロールで問題となったのが三浦隆司(帝拳=引退)との激闘が年間最高試合に選定された前WBCスーパーフェザー級王者フランシスコ・バルガス(メキシコ)だ。昨年、同じく激闘を売り物にするオルランド・サリド(メキシコ)との防衛戦を前に、やはりVADAの検査でその物質が発見された。しかし試合は挙行され、予想を超える死闘の末、ドローでバルガスが辛くも防衛を果たした。

 この時バルガスのプロモーター、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は「彼がメキシコのキャンプで食べた肉にクレンブテロールが混じっていた可能性が高い」と報告。バルガス本人も「検査の前に2日連続して牛肉を食した」と認めた。同様なケースでは同じくメキシコの4階級制覇王者エリク・モラレスがダニー・ガルシア(米)との第2戦を前に同じ物質が検出されたことがある。モラレス陣営も「食べた肉に偶然入っていた・・・」と主張したが、試合後サスペンド処分をニューヨーク州コミッションから科されている。

 バルガスがリングに登場できた理由にはアマチュア当時、オリンピック規格の厳格なドーピング試験を何度もパスした実績や相手のサリドが以前、ネバダ州コミッションから違反薬物でアウトになった背景から、自身で率先して検査を受ける姿勢を見せたことが挙げられる。またGBPが政治力でWBCを説得したとも推測できる。

 今回、ネリのケースもメキシコでは“食肉説”が主流。アメリカで飼育された牛肉を(人と物の交流が多い)アメリカ国境に接する町ティファナに住むネリが食べたから――と報じるメディアもある。新王者ネリから薬物反応。山中が失ったベルトの行方はどうなる?Yahoo!ニュース

以下、海外の反応。すべて英語圏ユーザーのコメント。
 続きを見る 

お台場「実物大ユニコーンガンダム立像」の外形がほぼ完成、海外からも期待するコメントが殺到

東京お台場で建設されている等身大ガンダム立像の外形がほぼ完成しました(正式な公開は9月24日)。後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
夜はデストロイモードに変身! 『実物大ユニコーンガンダム立像』9月24日お披露目に「絶対行く」期待の声 | ガジェット通信 GetNews
現在建設中のお台場「実物大ユニコーンガンダム立像」のお披露目が9月24日に決定。夜間に行われる演出ではユニコーンモードからデストロイモードへの変身を再現するということで、ファンの期待が高まっている。

【実物大ユニコーンガンダム立像 基本情報】
・立像名称:RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC(TOKYO WATER FRONT CITY) (英語表記:RX-0 UNICORN GUNDAM Ver. TWC)
・全高:19.7m
・重量:49t
・発光箇所:50 箇所
・住所:東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場

建設中の1/1 ユニコーンガンダム 2017/8/20 - YouTube

まだ覆い隠された部分や細かいパーツなど未完成な部分がありますが海外から期待する声が殺到しています。8月時点の情報では不正確なコメントもあるかもしれません。あくまでも海外ユーザーが、どう楽しみにしているのかという視点でご覧ください。

以下、海外の反応
 続きを見る 

イチロー特大132mホームラン「絶対的なレジェンド」と敵味方問わず尊敬を集める【海外の反応】

MLBマイアミ・マーリンズのイチローが8月22日(日本時間23日)、敵地でのフィリーズ戦で代打出場し、決勝点となる3ランホームランを放って勝利に貢献しました。


海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。MLBのデータ解析システム「スタッツキャスト」の測定で飛距離が432フィート(約132メートル)だったこともあり、この点でも大いに注目されていました。

ホームランの映像


以下、海外の反応
 続きを見る 
スポンサード リンク


サイト内記事検索
スポンサード リンク


 スポンサード リンク


 過去のおすすめ記事



 アクセスランキング(PCサイト)

アクセスランキング(スマホサイト)
リンク元 8月 7月 6月
海外の反応アンテナ551623053333552
google31463892120904
yahoo23571494713303
ライブドアブログ153341050812122
ニュース速報まとめ桜675831562314
Docomo検索21964011052
海外の反応まとめあんてな2189931394
海外の反応まとめblogアンテナ1851956927
ニュース速報まとめ梅1612N/AN/A
日本視覚文化研究会688388431
kaigai.ch604463514
海外の反応ブログアンテナ570357428

 人気ブログランキング