海外の反応



記事検索
最新コメント
スポンサード リンク
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
管理者へメッセージ

日本が半島有事の際、在韓邦人の避難と難民の受け入れへ【NZの反応】

安倍晋三首相は、4月17日の国会答弁で、朝鮮半島有事の際、日本への難民流入を想定した対応を検討していることを明らかにし、約6万人いるとされる在韓邦人の保護についても「必要な準備、検討を行っている」と語りました。(安倍首相が流入難民の受け入れ検討 朝鮮半島有事で - ZAKZAK
これらの言動についてはAP通信などで世界に配信されました。

このニュースについて、今回は比較的遠く離れたニュージーランドの反応を調べてみました。遠く離れているのか意外とも思える反応もあったのでご覧ください。

ハローキティ好きの日本人男性が5千以上グッズを集めてギネス記録に認定

ハローキティグッズの収集歴35年という千葉県四街道市在住の男性、郡司政男さんが、ハローキティグッズの収集数のギネス世界記録に申請して認定されました。奥さんの協力もあって5169個のグッズを集めたということです。

現時点で日本ではニュースになっていないようですが、海外では多くの国で取り上げられていました。ギネスワールドレコーズ公式映像とともに海外ユーザーの反応をまとめたのでご覧ください。

Largest collection of Hello Kitty memorabilia - Japan Tour - YouTube

ダルビッシュ、今季3戦目のエンゼルス戦で初勝利、7回無失点10奪三振

MLBレンジャーズのダルビッシュ有投手が4月13日(日本時間14日)、敵地でのエンゼルス戦に今季3度目の先発登板し7回を無失点10奪三振の好投で今季初勝利を挙げました。

試合のハイライト映像の一部


この試合のダルビッシュのピッチングについて、レンジャーズファンのコメントを中心にまとめたのでご覧ください。

「真央がいたからキムヨナが輝いた」浅田真央の引退会見を見た韓国人の温かい反応

4月12日に引退会見を開いた浅田真央に対して、韓国メディアも一斉に伝えました。特にキム・ヨナはどんな存在だったのかという質問に、「15歳くらいからジュニアとシニア試合に一緒に出場して互いにいい刺激をもらいながらスケート界を盛り上げてきたんじゃないかな」といった趣旨で答えたので、その点については、どの韓国メディアも報道しています。

それらの報道を見た韓国人ユーザーの反応をまとめてみました。ただし、今回はあえて「温かい反応」だけにしぼってみました。このページを見に来た人の大半がご存知だと思いますが、韓国の反応については、メディアから個人レベルまで含めて、批判、罵倒、皮肉、中傷など、冷たいものが8割以上を占めていることは否定しません。しかし、ごく一部では温かいコメントを書いてくれる韓国人が言うのも事実です。あえて「温かい部分だけを取り上げたブログ記事が一つくらいはあってもいいのではないかと考えました。

浅田真央_引退会見2

「スケート界の見本だ」浅田真央が引退、世界から感謝と悲しみの声

4月10日夜にブログで引退表明したフィギュアスケート女子の浅田真央に対して、海外のファンから多くのコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

浅田真央_引退会見

日本の「××ができるまで」を解説した映像「THE MAKING」が海外から大絶賛

科学技術振興機構が提供する科学技術の動画専門サイト「サイエンス チャンネル」で放送されている、製品の製造を紹介した「THE MAKING」。「××ができるまで」といったタイトルでご覧になった記憶のある方も多いのではないでしょうか。

その中で、ベアリングに使われる鋼球について解説した英語版の映像が、海外ユーザーから評判になっていたので紹介します。

製品そのものの工作精度などについても驚きの声が上がっていましたが、それ以上に、映像の作り方が丁寧で完璧だという声が多く寄せられていました。日本語版の映像もご覧ください。

身近なモノが、どの様な技術を使って作られていくのかを追います。今回は、鋼球ができるまで。自転車の車輪などがなめらかに回るのは、軸の部分にボールベアリングという部品が入っているから。そのボールベアリングの中に使われている鋼球は、限りなく真球に近い球である必要があります。大きさの誤差が0.1マイクロメートル以下という、高い精度をもった鋼球を生産する方法をご紹介します。 出演者名・所属機関名および協力機関名 大旺鋼球製造株式会社
THE MAKING(314)鋼球ができるまで - YouTube


英語版’(コメント引用元)

「不正行為だ!」MLB屈指の名捕手モリーナのプロテクターにボールが引っ付く、珍プレーから疑惑追及へ

4月6日(日本時間7日)のMLBカージナルス対カブスの試合で、MLB屈指の強肩捕手として知られるカージナルスのヤディアー・モリーナ捕手が「ボールを見失う」珍プレーを起こして話題になりました。
空振り三振に仕留めたワンバウンドのボールを見事に止めたものの、ボールがプロテクターに張り付いてしまってボールの行方を見逃してしまったというものです。

■問題の場面の映像
当初は笑い話として報道されていたのですが、問題の場面を見た視聴者からは「粘着物を使った不正行為ではないのか」との疑惑が続出していました。海外ユーザーのコメントをまとめたのでご覧ください。

スポンサード リンク


他サイト注目記事
アクセスランキング(PCサイトのみ)

記事検索




■アンテナ、記事紹介
海外の反応アンテナ
ヤクテナ
海外の反応ブログアンテナ
kaigai.ch
海外の反応まとめblogアンテナ
おまとめ
■ ブログランキング

海外の反応 ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村